「“女性志向”のAVをつくる」70歳・米女優のカッコいいポリシー

「“女性志向”のAVをつくる」70歳・米女優のカッコいいポリシー

スーザン・サランドン



 アメリカの女優スーザン・サランドン(70)は、80歳になったとき、“女性志向”のアダルトビデオを制作することを計画しているそうだ。

 オンライン上のアダルトビデオを視聴し、そこからセックスや交際関係についてのアイデアを得ている人々がいることを心配するスーザンは、本当のセックスについて語る作品を制作することを考えているのだと語る。

「たくさんの若い人たちは、彼らの携帯電話の中に全てを持っていて、彼らはセックスをする時に男として、また女としてどのように振る舞うべきかの参考として、アダルトビデオを見ていることを私は心配しているの」

「それらのビデオは、とても暴力的で、興味深いものではないわ。性的特徴を与えられ、それらの奇妙な定義に従わなければならないことになるなんて、大きな心配よ」

◆「女性だからすべてを支持する」のは平等ではない

 女性視点で描かれた映画「テルマ&ルイーズ」に出演し、フェミニストとしても知られるスーザンだが、女性がやることすべてを支持しなければならないという意味ではないと、グラツィア誌のインタビューの中で語っている。

「女性監督がたくさんいるからって、彼女たちすべてが素晴らしいというわけではないわ。女性だからという理由で、私は全てを支持するというわけではないの。それって女性に対して恩着せがましいだけだと思うわ」

「本当の平等って、女性に対しても、男性に対しても、ろくでなしだなと思えることよ」

 スーザンは9月29日より日本放送開始となるドラマ『フュード/確執 ベティvsジョーン』の中で、ジェシカ・ラング演じるジョーン・クロフォードの天敵、ベティ・デイヴィス役を演じている。同ドラマは2人の大女優の壮絶なバトルを描く作品なのだが、スーザン本人はこのストーリーのように他の人と敵対したことはないそうだ。

「私よりも年上の人達は、今でも権力の基盤は男性にあると思っていて、女性とではなくて男性と団結しようとするのよ」

「そういう人たちはときには、攻撃的に女性に敵対心を持つこともあるわ。でも私はそんな人たちに敵対されたことはないけどね」

 さらにスーザンは、名声や成功を手に入れるために、女性は女性同士で戦う必要はなく、むしろ協力的しあうべきだと語る。

「私が知っているパワフルな女性達はみんなお互いにサポートしあっているわ」

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)