ドトールの“読書カフェ”「梟書茶房」に行ったら驚いた!

ドトールの“読書カフェ”「梟書茶房」に行ったら驚いた!

記事画像



 行ってきた、食べてきた。

 6月30日、池袋にオープンしたドトールの新業態店「梟書茶房(ふくろうしょさぼう)」、私も行ってまいりました。このお店、こだわりの「サイフォンコーヒー」と「袋とじシークレットブック」で新しい出合いを提供しているそうですが、素敵な時間を過ごすために重要なのは、やっぱり「食事」ではないでしょうか。

 そこで今回は、梟書茶房の「ドリンク・フード」はどのくらいイケてるのか? を実食レポート。パスタ、ケーキ、ドリンクなどの気になるお味をご紹介します。

◆ごちそうパスタ、ホカホカケーキに心酔してしまった

 まずエレベーターを降りると、コーヒーやケーキの見本が置かれたアカデミックなデスクがお出迎え。ここはおしゃれな喫茶室なのか? 図書館なのか? 期待感が高まります。

 フード見本が、なんともリアルで美しい!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740332

 今回座ったのは、1人で読書に浸れる「アカデミックエリア」。一席ずつに読書灯がついていて、目の前には、おしゃれなメニューブックが置かれています。

 まず頼んだのは、「フルーツティー」。たっぷり2杯分で800円(税抜)です。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740334

 うん、これは素敵。ちょっぴり甘いアイスティーとカラフルな果物(もちろん食べられる!)は、静かな読書タイムをしっとり盛り上げてくれそうです。これ、1人でたっぷり楽しむのも良いですが、2人でシェアすると親密度も上がりそう。

 続いて注文したのは、パスタ。まずコチラが、「イベリコベーコンの醤油バター」。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740337

 もう一つが、「サーモンのクリームチーズソース ディル風味」。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740338

 パスタは全5種で、すべて850円(税抜)なのですが、驚いたのは、ファミレスを軽く超えるのではないかという完成度とおいしさ! リッチな食材を使ったおしゃれなパスタが、しっかりアルデンテで運ばれてくるんです。うん、これは大合格。読書にこだわりパスタ、最高です!

 続いては、ケーキへ。看板メニューのブックシフォンは他のインスタグラムやブログでたくさん出ているでしょうから、ここはあえて「フレンチシフォン」700円(税抜)をチョイスしてみました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740339

 スキレット鍋の上にフレンチトーストのようなシフォンケーキ。脇にはキャラメリゼされたバナナと生クリームが添えられています。ふー、やっぱり温かいケーキって、幸せです。

 食事後は、料理本を探しにシークレットブックのコーナーへ。

◆袋とじ本にも「料理本」を発見!

 ありました! No.0537「立派なレシピ本がなくても、おいしいごはんはパパっと簡単に作れます!」ですって。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740340

 早速購入して、袋とじを開けてみると・・・、

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=740336

 はい、この本(「伝言レシピ」高橋みどり・著)が出てきました! 料理本をたくさん持つ私ですが、これは持っていませんでした。むむ、袋とじって面白いかも・・・。今回は2時間ほどの滞在でしたが、おなかも心も脳みそも大満足。ごちそうさまでした!

【まとめ】

・フードメニュー/ドリンクメニューともに少数精鋭。

・女性心をつかむパスタやケーキ。空間もやや女性向けか?

・どれを食べてもハズさないおいしさ。特にパスタがウマイ。

・読書をしながら食事を楽しめるというのは本当だった。

・スタバとコラボしている蔦屋とは全く別モノ別世界。蔦屋よりは少々狭い。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana

関連記事(外部サイト)