イケメンだけどパッとしない…ベッカムの長男「常にプレッシャーを感じる」

イケメンだけどパッとしない…ベッカムの長男「常にプレッシャーを感じる」

ブルックリン・ベッカム



 ブルックリン・ベッカム(18)が、有名人としての生活は浮き沈みが激しいと発言している。

 サッカー界のスターであるデビッド・ベッカムを父に持ち、アイドルから転身し今やファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカムを母に持つブルックリンは、パーティーに行くといったような普通の18歳の生活を送れない辛さを語った。

「有名人でいることは大変だよ。同年代の人達ができないようなことも経験できるけど、普通の18歳の人たちが送っているような生活は僕にはできないんだ。たとえば、皆みたいにいつでもパーティーに行けるわけじゃない。代わりに僕は早起きして仕事に出かけなくちゃいけないいんだ。いいことも悪いこともあるよ」

 現在はフォトグラファーとして新たな道を切り開いていてるブルックリンだが、幼い頃は父の背中を追いながら常に「プレッシャー」を感じてきたとしてエンターテイメント・トゥナイトに次のように語っている。

「プレッシャーはかなりあったよ。(サッカーで)失敗するたびに、周りの人達が『なんてこった、彼がまたやらかした』って感じで僕を見ている気がしたんだ。まだサッカーは好きだし、しょっちゅう父さんと一緒に試合を見ているよ。けれど自分の道を行きたいとも思っていたんだ」

◆サッカーチームを退団後、写真家を目指すも…

 過去にはプレミアリーグ・アーセナルの下部組織に所属し、活躍が期待されながらも実力不足で退団した…なんて話もあったブルックリン。でも今では、本人なりに写真家としての道を模索しているようだ。

「実は写真を4年間勉強するために、今月ニューヨークに引っ越す予定なんだ。とても楽しみだよ。写真こそが僕の本当にやりたかったことなんだ。もともと写真を撮ることが好きなんだよね。だから僕に向いていると思う。ニック・ナイトの下でインターンをしていたこともあったよ。すごく楽しかったし、やりがいもあった。彼は素晴らしい人だよ。僕を働かせてくれたんだから!」

 人気写真家のニック・ナイトの下でインターンするなどの経験を積んだブルックリンは、ついに初写真集もリリース。自身や家族の写真、旅行に行った時の写真などに説明を加えた写真集『What I See 』は、ベッカム家の生活が垣間見えるファンには嬉しい内容。だが一方で、写真がピンボケ、説明として添えられているキャプションがひどい! などの酷評にさらされることになった。

 イケメンで華麗なるベッカム家がバックグランドでありながら、なんだか残念感漂うブルックリン。でもまだ18歳、若き才能の今後に期待したいところ。

 ブルックリンといえば、名古屋のアメ工房「まいあめ工房」に飴を発注しながら、音信不通になってしまった件も最近話題になった。せっかく職人さんたちが精魂込めて作った飴、もし本人が発注したのであれば連絡ぐらいしてほしいところだ。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)