V6三宅健のキスは大人の男のエロス…キスマイも震撼?!

V6三宅健のキスは大人の男のエロス…キスマイも震撼?!

記事画像



<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 8月7日放送の「キスマイBUSAIKU!?」(毎週月曜23時〜フジテレビ系で放送)に、三宅健さん(V6)が参戦しました。

◆V6三宅健が「○○を切って」、後輩に愛のムチ!?

 たまたま初回から同番組を見ていた彼、最近のキスマイについて、ちょっと言いたいことがあったそう。

 いわく、「モテたいという熱量がない」「小手先でやっているのではないか」など、初期に比べて“モテたい欲”に欠ける後輩たちにおかんむり。

 先輩として「身を切って」後輩たちと一戦交えたのでありました。

 ランキングテーマは、“彼女を最高にキュンとさせるキス”!

 眠れぬ夜、自然に彼女とキスする藤ヶ谷太輔さん(4位)、恋人をお姫様抱っこする北山宏光さん(3位)を押さえて、2位に食い込んだ三宅さん。

 1位こそ玉森裕太さんに譲りましたが、流れるような大人のエロスに、ただでさえ熱帯夜の茶の間はさらに熱くなりました。

◆三宅健のキスは完全にトドメを刺していくスタイル

 三宅さんのキスは、こんな感じです。

 ソファでうたた寝する彼女が愛しくなり、おでこにキス→たぬき寝入りしていた彼女にからかわれ、テレて、焦る、じゃれる→彼女と向き合い、そっと膝を彼女の腿にのせて馬乗り→唇にキス→むつみ合ってハグ、おでこコツン!!

 でこチュー、マジチュー、おでこコツン!だと……?

 ……なんぞ、これ……!?

 おでこにキスだけでも、唇にキスだけでも、いや、おでこコツンだけでも致死量だというのに、完全にトドメを刺していくスタイル……!

 さらりと羽織ったガウン、まくった袖から伸びる腕も“男性”を感じさせ、なんだか切なくさせられます。

 これぞ、大人の魅力! さすが20年以上女心をつかんできたV6メンバーの貫禄です。

◆先輩の色気と貫禄にキスマイも感動?!

 おそらく三宅さんは、後輩たちに「初心を忘れず、手を抜かず、全力で行け!」と伝えたかったのだと思います。先輩の背中は大きいと、キスマイも再認識したことでしょう。

 生き馬の目を抜く芸能界、いや、ジャニーズ界。ときどきは後輩の元を訪れて、先輩の色気と貫禄を見せつけてほしいものです。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ジャニ活を100倍楽しむ本!』他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

関連記事(外部サイト)