元・人気男性アイドルがバイセクシャル告白。破産、逮捕…と波乱の人生

元・人気男性アイドルがバイセクシャル告白。破産、逮捕…と波乱の人生

アーロン・カーター



 1990年代にアイドルとして大人気だった歌手のアーロン・カーター(29)が、男性と女性の両方に興味があるとカミングアウトした。

 アーロンは5日(土)、もう秘密を隠していることへの重圧に耐えきれなくなってきたとして、ツイッターへの投稿で自身がバイセクシャルであることを告白した。

 その投稿にはこう綴られている。

「まずは、僕はファンのみんな1人1人が大好きだと言わせて欲しい。そして僕とそのアイデンティティについて重要な、この人生の半分近くで胸を苦しませてきたことについて言いたい。これは恥ではない。ただ長年の重圧となっているから、それから解き放たれたいんだ」

「僕は幼いころからエンターテイメント業界で育ってきて、13歳頃に男女両方を魅力的だと感じるようになった。そして女の子との何度かの交際の後、17歳になって仕事仲間であり、幼なじみでもあった男性と経験を持った」

「僕にとって音楽が支えだった。音楽はみんなと僕を常に超越する存在だから。スタジオは常に安心できる天国のような場所だ。でも僕にとっての究極のゴールとは、満足すること。落胆の象徴にはなりたくないから」

◆破産、逮捕、二股疑惑と、すっかりお騒がせセレブに

 ここ最近では、ガールフレンドのマディソン・パーカーと破局していたことが報じられている。アーロンが自分自身のことに集中したいという理由で別れを決めたという2人だが、その後も良好な関係を維持していると言われている。

 ある関係者は『エンターテイメント・トゥナイト』に「破局はとても友好的なものでした」「アーロンは真実と健康、音楽に対して、自分のことに集中していくつもりです」と話しており、アーロンの代理人も破局が2人で話し合った上での決断であり、現在でも「互いに愛情と尊敬の念を持っている」と発表している。

 しかしつい1ヵ月前には、結婚して子供を持ちたいという意向を明かしていたばかりだった。

 人気グループ「バックストリートボーイズ」のニック・カーターを兄に持ち、自身も人気の超イケメンアイドルとして、このままスター街道まっしぐらと思われていたアーロン。ところが今では、破産や激やせ、飲酒および麻薬の影響下での運転と大麻所持の罪で逮捕、兄ニックとの確執など、すっかりお騒がせセレブとなってしまった。

 過去には人気歌手で女優のヒラリー・ダフと交際していたが、アーロンの浮気で破局。このときアーロンが二股をかけていたのが女優で歌手のリンジー・ローハンで、これをきっかけにヒラリーとリンジーの2人は絶交状態になったと言われている。

 かつてアーロンをめぐり争った2人は、今回のカミングアウトをどんな想いで聞いたのだろうか…?

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)