岡田結実は2位!二世タレント「実力がありそう」ベスト10

岡田結実は2位!二世タレント「実力がありそう」ベスト10

1st写真集『きゅーじゅーはちぱーせんとのゆい』(東京ニュース通信社)



 親と同じ道を志せば、歓迎と同時に厳しい目を向けられるます。華やかな世界である芸能界ならばなおのこと。

 宇多田ヒカル(母・藤圭子)や佐藤浩市(父・三國連太郎)など己の力で地位を確立している人たちがいる一方、闇カジノ問題で活動を自粛したタレントの清水良太郎(父・清水アキラ)や覚せい剤所持で逮捕された俳優の橋爪遼(父・橋爪功)など親の顔に泥を塗ってしまった人もいます。

 そこで、ここ数年名前を聞くようになった二世タレントの中で力があると思われている人を調査しました。女子SPA!編集部が21名をピックアップし、30代女性200人にアンケートを実施。上位と下位をそれぞれ10名ずつランキング形式で発表します。今回は上位10名をご紹介します!

=======

実力があると思う二世芸能人は誰ですか?(カッコ内は親の名前、複数回答)

9位 三浦貴大(三浦友和、山口百恵) 10%

9位 秋元梢(千代の富士) 10%

8位 新田真剣佑(千葉真一) 10.5%

7位 工藤阿須加(工藤公康) 16.5%

6位 すみれ(石田純一、松原千明) 18.5%

=======

 9位はモデルの秋元梢(30)。そのアジアンビューティーなルックスを活かし、『VOGUE JAPAN』や『ELLE JAPON』などのモード誌にも登場しています。

 秋元の彼氏といえば、松田優作を父に持つ俳優の松田翔太(31)。2014年頃から交際しており、結婚間近との噂も。『女性自身』の直撃取材に対して肯定も否定もしなかった松田の様子を見ると、近々二世夫婦が誕生するのかもしれません。

 生まれも育ちもLAの俳優、新田真剣佑(20)が8位に。とある日本人俳優の演技を見て日本の芸能界を志し(その俳優の名は明かしていない)、今では一躍人気者となりました。

「ブレークしかけていた2016年7月、『フライデー』で隠し子がいたことを報じられました。しかも両親の知り合いであるLA在住の日本人妻と関係を持ち、真剣佑はわずか14歳で父になったという衝撃的な内容。“リアル王子”として女性人気が高い真剣佑にとってはかなりの痛手になったはずです」(週刊誌記者)

 こんな過去もありましたが、今年5月には事務所移籍とともに芸名を真剣佑から新田真剣佑に改め仕事に邁進中。さらなる活躍が期待されます。

 7位、ソフトバンクホークスの工藤公康監督の息子である工藤阿須加(26)は日本テレビのドラマ『理想の息子』(2012年)で俳優デビュー。2014年のドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)では父と同じ投手役を演じたことも話題になりました。

「ドラマの撮影現場では共演者とワイワイせず、落ち着いた印象でしたね。取材の時も礼儀正しくこちらの意図を汲んだ使いやすいコメントをくれるので、教育が行き届いているなぁと思いました」(テレビ誌記者)

=======

5位 安藤サクラ(奥田瑛二、安藤和津) 19%

4位 柄本時生(柄本明) 23.5%

3位 『ONE OK ROCK』Taka(森進一、森昌子) 24.5%

2位 岡田結実(『ますだおかだ』岡田圭右、岡田祐佳) 25.5%

1位 柄本佑(柄本明) 27%

=======

 今もっとも勢いのあるロックバンド『ONE OK ROCK』。フロントマンを務めるTaka(29)は昭和歌謡界の大物の血を引いているだけあり、歌唱力は抜群。しかもNEWSの元メンバーなので当然イケメンです。

 2017年は英・ロックフェス「Reading Festival」や「Leeds Festival」にも出演、現在はアメリカやヨーロッパを回るワールドツアーを開催しており、人気・実力は世界規模に。

 2位の岡田結実(17)はバラエティ番組を中心に2016年に大ブレーク。現在はCM3本、テレビ番組レギュラー5本を持つほどの活躍ぶりです。そんな折、両親の離婚危機が『女性自身』(8月29日発売)によって明るみに。

「一家特集のオファーがきても岡田さんが絶対に首を縦に振らなかった。結実サイドは申し訳なさそうに関係者に断りを入れてましたよ」(芸能事務所関係者)

 娘の芸能活動にあまり乗り気でなかったうえに元お笑いタレントである妻・祐佳の芸能界復帰。これにより家庭内不和が生まれたといわれています。結実は映画のイベントに登場した際に気丈な姿勢を見せており、「母なりの人生を歩めたら」とエールを送っていました。

 1位は柄本佑(30)。演技派として、第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞や第13回日本映画批評家大賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞しています。

 2012年に結婚した妻の安藤サクラ(31)は5位、弟の時生(27)は3位にランクインしており、実力ありまくりのファミリーということがわかります。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2017年9月6日

有効回答者数:30才から39才 女性200名

<TEXT/女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)