泰葉はイラン人と大丈夫?「国際結婚した女性芸能人たちの現在」

泰葉はイラン人と大丈夫?「国際結婚した女性芸能人たちの現在」

後藤久美子とエレナ・アレジ・後藤が表紙モデルの「Richesse」 no.21 ハースト婦人画報社



 シンガー・ソングライターの泰葉(56歳)が、9月20日にフェイスブックで知り合ったイラン人男性との婚約を発表。出逢って1週間の超スピード婚として大きな話題を集めています。

 また、9月28日発売の女性ファッション誌『Richesse』(リシェス)で、元女優の後藤久美子(43歳)とフランス人の元F1ドライバージャン・アレジの娘であるエレナ・アレジ・後藤(20歳)がモデルデビューのニュースも飛び込んできました。

 にわかに国際結婚した女性芸能人に注目が集まっている今日この頃。

 思えば、宇多田ヒカル(34歳)もイタリア人と結婚して息子をもうけてますね。アスリート界でも卓球選手の福原愛や、すでに離婚していますがテニスの伊達公子やマラソンランナーの有森裕子も国際結婚をしています。

 そこで今回は、国際結婚した女性芸能人にフューチャー。相手の国籍や馴れ初めを紹介します!

◆佐藤江梨子(結婚相手:ブラジル人)

 2015年にデキちゃった結婚した佐藤江梨子(35歳)のお相手は、一回り年上のブラジル人の一般男性でした。

 しかし単なる一般人ではなく、その職業は佐藤江梨子の元カレである市川海老蔵のホームページ管理スタッフ!「けんくん」として海老蔵のブログに登場して、「なんと僕の元カノと付き合ってると笑」と書かれています。

 彼は、父親と一緒に画廊も経営しているらしく、市川海老蔵はそこの常連客でもあるのだとか。

 さらに、この旦那さんはバツイチで当時の奥さんは女優・小雪の姉である弥生です。

◆寺島しのぶ(結婚相手:フランス人)

 2007年に寺島しのぶ(44歳)と結婚したのは、フランス人のアートディレクターであるローラン・グナシア。

 出会いは2006年に東京で行われた映画フェスティバル。その主催をしていたグナシアに寺島しのぶが一目惚れし、ありとあらゆる手をつかって猛アタックしたのだとか。

 プロポーズは千葉の海で、砂浜に「僕の奥さんになってくれますか?」と英語で書いたグナシアに「ウイ」とフランス語で答えたそうです。

◆浜崎あゆみ(結婚相手:オーストラリア人/アメリカ人 ともに離婚)

 2011年1月1日の元旦、浜崎あゆみ(39歳)は突然ツイッターで結婚を報告。お相手は「Virgin Road」のミュージックビデオで浜崎あゆみの夫役を演じていた俳優のマニュエル・シュワルツ。

 出会ったのは2010年8月で、わずか3ヵ月でのスピード婚でした。しかし、その分破局も早く、2012年1月にはスピード離婚。

 ただしラスベガスで挙式はしたものの、日本では婚姻届を提出していなかったため、彼女の戸籍上はこの結婚は無かったことになっています。

 次のお相手は、10歳年下のアメリカ人。彼とは2014年3月と都内の区役所に婚姻届を提出しました。

 とはいえ、再びの離婚。2016年9月にブログで「3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました」と報告しました。

◆道端ジェシカ(結婚相手:イギリス人 離婚)

 モデルの道端ジェシカ(32歳)が結婚していたのはF1レーサーのジェンソン・バトン。2人は2006年イタリアで開催されたF1モナコグランプリで道端ジェシカがバトンにインタビューしたことがきっかけで出会いました。

 その後、バトンが来日した際に再会し、年末を一緒にハワイで過ごしたことを機に付き合いがスタート。2014年12月にゴールインしましたが1年で破局しました。

 そして2017年7月にインスタグラムで妊娠を発表した道端ジェシカ。今度のお相手も外国人で、台湾系アメリカ人での御曹司で、本人はハリウッドの映画プロデューサーだというウワサ。

◆関根麻里(結婚相手:韓国人)

 好感度抜群のバラエティタレント・関根麻里(32歳)は韓国人歌手のKと2014年に結婚。

 お似合いの爽やかカップルとして話題を集めた彼女たち。その出会いは関根麻里がパーソナリティを務めるラジオ番組だったそう。

 関根麻里がKのライブに足を運ぶようになり、友人を含めたグループ交際から親密交際に発展したとか。イメージ通りの爽やか婚ですね。

◆アンミカ(結婚相手:アメリカ人)

 世界的モデルのアンミカ(45歳)の旦那様は、制作会社社長であるセオドール・ミラー。出会いのきっかけは「魔女たちの22時」のゴルフ慰労会。

 そこから1年半の交際を経て2012年に結婚しましたが、これが想像を絶するほどの超セレブ婚! 結婚式はジュエリーだけで2億円、自宅は都内の高層マンションの最上階2フロアを占有し、家具も億単位の高級品ばかり。

 4畳1間の風呂なし長屋で生まれ育ったアンミカの超極貧の幼少時代とのギャップが凄い。

◆長山洋子(結婚相手:アメリカ人)

 演歌歌手としては異例ともいえる国際結婚をした長山洋子(49歳)。お相手はIT分野専門の人材派遣会社の社長であるマーク・スミス。どこに接点があったのかと思いきや、なんとマーク・スミスが大の演歌好きだったことが全てのきっかけ。

 2006年「世界バリバリバリュー」で自分の取材リポーターに長山洋子を指名し、番組放送後には熱いラブレターを送ったそう。長山洋子はその情熱に心打たれて付き合いに至ったとか。2009年4月6日に彼女が41歳の時に入籍し、翌年長女を出産しました。

◆野沢直子(結婚相手:アメリカ人)

 人気絶頂で日本での芸能活動を休止して単身ニューヨークに渡った野沢直子(54歳)。売れないミュージシャンとして活動していたボブ・リンプ・オークライヤーと知り合って3日で結婚しました。

 当時はヒモ男と呼ばれていたボブでしたが、42歳の時に一念発起して大学に入学。現在は看護師として着実に生計を立てているとか。ダメンズが立派な社会人となった稀有な事例でもありますね。

 長女の真珠・野沢オークライヤー選手(23歳)は総合格闘技「RIZIN」のプロデビュー戦で8月30日に勝利を飾ったことも話題です。

 今後も国際結婚をする女性芸能人は増えていくのでしょうか。次に国境を越えた花嫁になるのはいったい誰?!

<TEXT/もちづき千代子>

関連記事(外部サイト)