真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂

真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂

真木よう子写真集『 MUSCOVITE(モスコヴァイト)』2013



 名女優・真木よう子が崖っぷちに立たされています。

 11月10日、所属事務所が「現状の体調、コンディションでは長期に渡る撮影が難しく、また映画製作側へのご迷惑をかけかねない状況を考慮して、止むを得ず降板させていただくことになりました」と、来年公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の降板を発表しました。

“話題の女優”の降板劇が各所に波紋を呼んでいます。

◆この半年で相次ぐトラブル…彼女に何があった?

 真木が映画デビューしたのは’01年、その後、’05年初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』でヌードを披露し、注目を浴びたことを覚えている人もいるでしょう。女優としての評価は高く、’14年には『さよなら渓谷』(’13年)『そして父になる』(’13年)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞を獲得しています。

 他にも数々の賞を受賞するなど、出演オファーの絶えない演技派女優に何があったのでしょうか。

 歯車が狂い始めたのは、激ヤセぶりが話題になった今年の6〜7月頃から。満を持して始めたツイッターも、文章が情緒不安定で、主演ドラマ『セシルのもくろみ』の視聴率を上げようと土下座写真を投稿。

 さらに、話題作りのためか、8月にはクラウドファンディングでフォトブックを制作、コミックマーケットで販売すると表明しました。

◆コミケで炎上し、バーでやけ酒か

 しかし、これが「コミケは自費出版が原則」と大炎上。さらには、騒動後、ドラマの撮影をドタキャンしていたことも報道されました。

「表向きは“体調不良”ということになっているが、前日に酒を飲みすぎ、撮影できる状態ではなかったようです。真木はもともとかなりの酒乱で、バーで客に激怒する姿などが目撃されていた。炎上のヤケ酒が響いたのでしょう」(芸能関係者)

 さらに、10月には週刊誌により、新恋人の存在がスクープされました。連日、子供を預けて恋人とデートする真木に、さらに批判が集中(余計なお世話とも思いますが)。いよいよ窮地に追い込まれてしまったようです。

◆業界内では“扱いにくい女優”と評判

 すっかり「お騒がせ女優」のイメージが定着した真木ですが、もともと業界内では“扱いにくい女優”と評判だったようで、あるテレビ関係者はこう明かします。

「主演映画『さよなら渓谷』(’13年)の宣伝で番組に出演してもらったことがあるのですが、とにかくNG項目が多くやりづらかったと、担当スタッフがぼやいていました。

 ドラマの放送前にも番宣で出てもらったのですが、打ち合わせの時、こちらがずっと説明しているのに、全く聞かずに携帯をいじっている。主演なのに何をしに来たのか……と驚きましたよ。面倒くさい人、という印象を持っているテレビ関係者は多いですよ」

 真木の降板が決まった『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の監督は真木を高く評価し、ドラマ『週刊真木よう子』(テレビ東京系)などでタッグを組んできた大根仁監督。降板も、真木の申し出ではなく、事務所側の判断と報じられています。

◆新たなスキャンダルを週刊誌数誌がキャッチ?

 この降板劇の裏を、週刊誌記者はこう推測します。

「すでに週刊誌各誌は真木の新たなスキャンダルをスクープすべく、動き始めています。“体調不良”により映画降板となっていますが、『週刊女性』(主婦と生活社)は、真木自身は『降ろさないで!』と監督とプロデューサーに直訴したと報じています。

 激ヤセし、体調が良くないことは確かですが、事務所や映画関係者が週刊誌の動きを察知したという背景もあるのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 真木は来年5月公開予定の映画『孤狼の血』でヒロイン役を務めています。それまでに復帰を果たせるか。あるいはスキャンダルが明るみに出るのが先か。演技派女優の復帰を待ちたいものです。

<TEXT/ナナ・トイコ>

関連記事(外部サイト)