深田恭子&松山ケンイチが妊活夫婦に!1月期ドラマ見るべき3選

深田恭子&松山ケンイチが妊活夫婦に!1月期ドラマ見るべき3選

深田と松ケンが妊活夫婦役に

深田恭子&松山ケンイチが妊活夫婦に!1月期ドラマ見るべき3選

「隣の家族は青く見える」フジテレビ公式サイトより http://www.fujitv.co.jp/tonari_no_kazoku/index.html



 今週から続々とスタートしている冬ドラマ、みなさん見てますか?

 1月7日(日)にスタートした『トドメの接吻』(日本テレビ系)はドキドキしましたね。山ア賢人が接吻(キス)しすぎ。あふれ出る色気に見ているこっちがトドメを刺されそうでした。ぐふっ。

 さて、前回の1月期ドラマ3選に加え、さらに気になるドラマを挙げてみました。年始で忙しくて見損ねているという人、まだまだ間に合います!

◆『もみ消して冬』はエリートの屁理屈に注目

『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』(日テレ系、1月13日土曜22時スタート)がこれまたおもしろそう。そもそもタイトルが何それって言いたくなります。

 で、どんな話かといえば、メインとなる登場人物は医者と弁護士と警察官のエリート三兄弟。社会に通用する頭脳と大きな権力を使って、家の中で起きる小さなトラブルを全力でうやむやにするっていう。すべては家族の幸せのために。何偉そうにセコイことしてるんだって、笑いながらツッコまされるのかなとワクワク。

 三兄弟を演じるのは、山田涼介、波瑠、小澤征悦。彼らの鮮やかかつコミカルなもみ消しぶりに期待。

◆今度は芳根京子が主演『海月姫』

 能年玲奈主演で映画化した東村アキコのベストセラー漫画『海月姫』(フジテレビ系、1月15日月曜21時スタート)が、今度は月9でテレビドラマ化。原作ファンとしてはもうそれだけで楽しみだったりします。

 今回主人公のオタク女子・月海を演じるのは、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを務めた芳根京子。そして、相手役の女装男子・蔵之介を演じるのは瀬戸康史。うん、二人ともいいビジュアル。月海のオタ仲間「尼〜ず」を演じる木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子もそれぞれインパクト大です。

 でも、そこに頼らないでほしいなぁとも。ダサくて自分に自信がなかったオタ女子が恋をしつつデザイナーとして覚醒していくのがおもしろいんだから、ぜひストーリーで魅せてください!

◆共感度が高そうな『隣の家族は青く見える』

 ストーリーを身近に感じられそうなのが、深田恭子松山ケンイチ妊活に励む夫婦を演じる『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、1月18日木曜22時スタート)。

 赤ちゃんを授からないことに不安を感じて不妊治療を提案する妻と、割と楽観的な態度の年下の夫。彼らの様子に共感する人は多いのではないかと。

 さらに、さまざまな家族が意見を出して共同で購入する「コーポラティブハウス」に住むことで見えてきてしまう、隣人たちが抱える家庭の事情。

 現代社会に生きるリアルな人々の様子にうんうんとうなずきつつ、こんな葛藤を抱えているのは自分だけじゃないんだなぁと、じんわり元気をもらいたいです。

 外は寒くても、テレビを見ながらこたつにもぐってぬくぬく。素敵なシーンに笑えたり泣けたり心もほっこり温まるはず。これだからドラマはやめられませんね。

<TEXT/林らいみ>

関連記事(外部サイト)