成田凌と間宮祥太朗は大親友。“実はプライベートで仲良し”な俳優5組

成田凌と間宮祥太朗は大親友。“実はプライベートで仲良し”な俳優5組

間宮祥太朗Twitterより

9月9日に放送された『TOKIOカケル』で、神木隆之介(27)が親友であるHey! Say! JUMP・山田涼介(27)を「ハニー」と呼んでいることを明かしました。

「お互いのことはだいたいわかっている」ほどの関係で、神木は地震などがあったらすぐ山田にメールをするんだそう。地震があったら親と山田だけに連絡するそうで、松岡昌宏(43)からは「ちょっとした女房」と突っ込まれていました。

 そこで今回は、“実は親友”な男性芸能人を紹介します。

◆成田凌&間宮祥太朗

 成田凌(26)は、親友の間宮祥太朗(27)との出会いについて『A-Studio』で語っています。もともと「来る者を拒む」タイプという成田は、間宮のことを始め、「嫌い」だと思っていたんだそう。間宮から喫煙所に誘われて話しているうちに「めっちゃいい奴」と好意を抱くと「そこから毎日飲みに行ってました」と明かしました。

 2018年7月13日の間宮のInstagramには、夕陽の海をバックに男性同士がキスしているように見える写真が投稿されています。その後、成田も自身のアカウントで同様の写真を投稿(現在は削除されている)。美しく絵になるラブラブ(?)写真が話題となりました。

◆高橋一生&瀬戸康史

 高橋一生(39)は『おしゃれイズム』に出演した際、「可愛いからお尻を触る」と瀬戸康史(32)への変わったスキンシップについて語りました。サプライズゲストとして登場した瀬戸は、高橋との関係について自身のブログで言及。

「兄弟。だと思っている。」というタイトルで「勝手に思っています。高橋一生さんと兄弟だと……」と、高橋への思いを綴っています。「一緒にいると落ち着く」とのことで、「なんか兄弟というより、一生さんに片想いしている人みたいだな(笑)」と、男同士の強い友情を綴っていました。

◆小泉孝太郎&ムロツヨシ

 15年来の親友で、家族ぐるみで親交があるという小泉孝太郎(42)とムロツヨシ(44)のアラフォーコンビ。ムロは毎年、小泉の実家でお正月を過ごしていて、なんと小泉純一郎元首相(78)からお年玉をもらっているほどの間柄。さらに親族だけが出席した弟の小泉進次郎衆議院議員の結婚式に、なぜかムロも参列するという、もはや家族同然の関係です。

 10年もの間、小泉家の合鍵を持っていたというムロ。自分の家のように普通に帰って、当時飼っていた犬の散歩にも行っていたと『ノンストップ!』にて小泉が語っていました。

◆菅田将暉&永嶋柊吾

 菅田将暉(27)が初監督を務めたショートフィルム『クローバー』に出演し、菅田が作詞を務めた楽曲『ベイビィ』の作曲も手掛けている多才な俳優・永嶋柊吾(28)。2人は親友という枠を越えて、ビジネスパートナーとしても繋がりがあります。

 菅田はゲスト出演した『A-Studio』にて、永嶋と週5〜6日の頻度で会っていることを告白。『ベストアクト』『ツッコミカルタ』などのボードゲームを朝の5時までやってから、カラオケに行くという過酷なスケジュールで遊んでいるというエピソードを披露していました。

◆山ア賢人&新田真剣佑

 映画『二ノ国』(2019年)で3度目の共演を果たした、山ア賢人(26)と新田真剣佑(23)。同映画のスペシャルトークイベントでは、共演した永野芽衣(21)からはクレームが。あまりの仲の良さに「2人の世界に入るのは気をつけてほしい」とのことで、永野がいるにもかかわらず「2人でイチャイチャしている」ことを暴露されていました。

 2017年に放送された『アカデミーナイトG』では、新田は「大好きです。お仕事している山ア賢人も大好き、オフのときの山ア賢人も大好き。オフのときの方が好きですよ」と真っ直ぐな告白をしています。山アも「ちょっと恥ずかしい」とまんざらでもない様子を見せていました。

<文/ちよまる子>

関連記事(外部サイト)