柴咲コウ『35歳の少女』がアクセル全開。“地獄のすき焼き会”にゾクッ

柴咲コウ『35歳の少女』がアクセル全開。“地獄のすき焼き会”にゾクッ

(※画像:日本テレビ『35歳の少女』公式サイトより)

柴咲コウが主演、『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが再集結したドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、土曜夜10時〜)が、10月10日から始まりました。

 これは、10歳の少女がある日事故に遭い、25年眠り続けた後に35歳で目を覚ますという物語。

 強烈な刺激を伴うとから、とかく賛否が分かれがちな遊川和彦脚本ドラマで、遊川×柴咲コウは『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりのタッグとなります。

◆脚本・遊川和彦の悪趣味的サービス精神

『〇〇妻』といえば、NHK連続テレビ小説『純と愛』(2012年−2013年)から引き続き、主人公を最終的に奈落の底に突き落とさなければ気が済まなかった“暗黒時代”の代表作の一つ。

 とはいえ、近年は『過保護のカホコ』(日本テレビ系)、『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)、『同期のサクラ』(日本テレビ系)など、“希望”を描く作品が続いているだけに、さすがに「25年間眠り続けていた」内容とはいえ、そこまでのうつ展開はないだろうと読んでいた視聴者が多かったことでしょう。

 しかし、そんな視聴者の裏の裏をかき、どこまでも驚かせようという悪趣味的サービス精神の旺盛さが、本作では初回から遺憾なく発揮されていました。

◆序盤からゾクッとさせる描写の連続

 25年間眠り続けていたにもかかわらず、母親の献身的な介護のおかげとはいえ、十分筋肉なども立派に育ち、大人の女性の身体になっている望美(柴崎コウ)。しかし、そんな自分を見つめる、変わり果てた白髪の母・鈴木保奈美の姿に「誰? このおばあちゃん?」とつぶやく「心の声」が10歳のままであることに、序盤からゾクッとします。

 それを「悪夢」と信じる望美ですが、もっと怖いのは、回想シーン。望美の事故をきっかけにじわじわと壊れていき、今は別々に暮らす「家族」が、そんな現状を隠して望美の退院祝いの夕食会を開きます。そのメニューは、望美が事故に遭った日と同じ「すき焼き」。「やり直す」意味があるとしても、かなりの悪趣味全開ぶりです。

 そして、そこに招かれたのは、望美に『モモ』の本を貸していた、望美の初恋の人・結人(坂口健太郎)でした。

◆坂口健太郎の登場で、ますます地獄絵図に

 結人は、小学生の頃の望美の作文について語ります。

 その内容は、「21世紀は、みんなが笑顔になって、戦争や差別もなくなって、みんなが仲良くなってるって信じてる」というもの。

 この望美の溌剌(はつらつ)とした明るさが、むしろちょっと恐ろしく、白々しく感じられるのは、望美のその後を知ってしまっているからでしょうか。それとも、「21世紀」の現実を知ってしまっているからでしょうか。あるいは、遊川先生からのストレートすぎる社会批判のメッセージに対してでしょうか。

 さらに「教師」と語っていた結人は、すでに教師を辞めていると明かし、急にブチ切れるという地獄絵図を見せてくれます。

「今はお前が夢見てたような未来じゃねえんだよ! 温暖化やら差別やら原発やら、いっぱい問題があるのに」「お前もさぁ、ずっと寝たまんまのほうが良かったんじゃないの?」

◆柴咲コウが、悪夢の世界に突然産み落とされた赤子のよう

 そこで望美は、10歳というよりも、まるで幼児のように泣きじゃくります。ちなみに、「心の声」は10歳のときの望美(鎌田英怜奈)ですが、言動を見る限り「リアル10歳だったときの望美」と「25年間の眠りから覚めた望美」とは全くつながっていません。「10歳の心」というより、よくわからない悪夢のような世界に突然産み落とされた0歳児のようでもあります。

「ああ、帰りたい……」という心の声とともに、「じゃ、そろそろおいとまを……」と言い出したくなる地獄感。視聴者側は、まるでどこかの家族の食事に招かれ、目の前で突然、修羅場が始まったときのような気持ちでしょう。

◆初回からふるい落とされそうなストロングスタイル

 好き嫌いの分かれる作風を十分自覚したうえで、初回からメッセージ性全開のアクセル全開で踏み込んでくるのは、さすが遊川脚本。

 いま、1話完結のドラマが多い理由の一つに、「どこからでも途中参戦できる間口の広さ」があるわけですが、その逆張りで、初回から積極的に大量のふるい落としをするストロングスタイルには、正直、しびれます。

 その一方で、今一番の不安要素となっているコロナについては触れていないこと。橋本愛、竜星涼という『同期のサクラ』組を大事なポジションで配置していること。遊川先生自身がプライベートで「父」となって以降は、小さくとも確かな「光」を探す希望の物語にシフトチェンジしていることなどから見ても、無垢な望美という存在が、今後、周りの人達一人ひとりを照らす希望になっていくであろうことは予想されます。

 今後の展開でも、おそらく何度もふるい落としのストロングスタイルは見られるはずですが、なんとか握力しっかりでついていきたいと思います。

<文/田幸和歌子>

【田幸和歌子】

ライター。特にドラマに詳しく、著書に『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』など

関連記事(外部サイト)