小関裕太が町医者役に「今まで観たことのない自分を、監督に引き出された」

小関裕太が町医者役に「今まで観たことのない自分を、監督に引き出された」

小関裕太が町医者役に「今まで観たことのない自分を、監督に引き出された」の画像

子役時代より活動し、近年では主演を務めたドラマ&映画『わたしに××しなさい!』や連続テレビ小説『半分、青い。』、映画『覆面系ノイズ』『春待つ僕ら』などで印象を残している俳優の小関裕太さん。現在、出演作の、松本穂香さん主演映画『みをつくし料理帖』が公開中です。

 ヒロインの澪を優しく支える町医者の永田源斉を演じた小関さんに、役柄との共通点や、現場での思い出を伺うとともに、ダンス、ギター、写真、乗馬など多くの趣味を持ち、いつも明るくポジティブな小関さんの素顔を探りました。

◆源斉先生は同年代にはいてほしくないタイプ(笑)

――ステキな時代劇でした。源斉先生と小関さんの人柄に共通点はありますか?

小関裕太さん(以下、小関)「源斉先生は、優しさと強い意志を兼ね備えていて、人から求められながら天狗にならない。もし恋敵にでもなったら勝てないと思います。自分と似ているかというより憧れの存在で、同年代にはいて欲しくないです(笑)」

――イメージ的には源斉先生も小関さんも、爽やかな雰囲気が重なりますが。

小関「えー! そうですか? えへへ(照)。ありがとうございます。源斉先生を演じさせていただくにあたって、自分のいいところも乗せていきたいという思いはありましたけど、今回は自分で作り込んでいったものよりも、角川(春樹)監督からいただいたものが映画のなかで強く出ていたので、自分でありながら自分じゃないという思いで作品を観ました」

◆“生きるスピード感”が違った時代劇

――監督からはどんな指示や演出があったのですか?

小関「『違う、違う』とずっと言われてました(笑)。でも何が違うのか分からなくて、『僕はこう思ってるんですが……』とお伝えしたりして、結構現場でも時間を取ってしまいました。ですが、スクリーンで観たときに、『そうか、監督はこういうことを言いたかったのか』と分かったんです」

――というと?

小関「言葉や思い、情景への理解といったものは合っていると監督もおっしゃっていたんです。ただ、“生きるスピード感”が違ったんです」

――生きるスピード感!

小関「そうなんです。言葉を発するスピードや、源斉先生が過ごしている時間の重さみたいなものが、僕が考えていたものは少し速かったみたいで。監督からの演出を受けて、スクリーンで観たときに、今まで観たことのない自分だと思いました。それを引き出してくださっていたんだなと。今回、現場で一番印象に残っている言葉は『違う』です(笑)。とても有難いことでした」

◆松本穂香と奈緒と一緒に線香花火を

――ベテランの多い現場だったと思います。

小関「先輩方から色んなことを教わりました。若村麻由美さんからは時代劇としての動きをアドバイスいただいたり、石坂浩二さんとは趣味のお話をしたり。とても心強かったですし、感謝しています。撮影が終わって一緒に飲みに行くのは、歳の近い穂香ちゃんと奈緒ちゃんでした。去年の夏の終わりの撮影だったんですけど、日光の宿のベランダで、3人で線香花火もしました」

――ええー! 青春!!

小関「ふふふ。いい夏の夜でした。思い出ですね」

◆ポジティブでいるための秘訣

――小関さんには何度か取材させていただいていますが、常に新しいことに挑戦していて明るくて、人生にポジティブな姿がとてもステキです。

小関「やったー!」

――(笑)。ポジティブでいるために心掛けていることはありますか?

小関「たとえば、新しいことに挑戦する役に出会ったときに、『もっと早くから触れていればよかった』、『あのとき時間もあって、自覚もしていたはずなのに、どうしてスイッチが入らなかったんだろう』と、後悔したことも多いんです。でもそれに気づけたのだから改善していけばいい。思いついたことがあったら、そこで終わらせずに、そのときにやらなきゃと思っています」

◆新しいことに挑戦するのが大好き

――語学番組の『旅するイタリア語』も拝見していましたが、海外でもとても積極的でした。知りたい欲求が強いのでしょうか。

小関「実は僕は初対面ではガツガツいけないほうなんです。撮影現場でも、『この人はどういう間合いが正解なんだろう』と考えてしまいます。そこを間違えて、僕自身も傷つきたくないですし。でもイタリアの方は全員が共通して壁がないんです。目があったらウインクして『チャオ!』と言ってくれる。向こうから話かけてくれるのなら、こちらから話しかけてもいいのかなと思って、積極的に行くことができました」

――番組でも何かを食べて「美味しい」、キレイなものを見て「キレイ」と言っていましたが、こうした取材でも「嬉しい」など、そのときの気持ちを表す言葉をよく口にされる印象です。

小関「それは親や周りからも言われます。『嬉しい』と言ってくれて嬉しいとか、『美味しい』と言ってくれて嬉しいとか。僕はそう言われてから気づくんですが」

◆イタリア語でお芝居してみたい

――その魅力を持って、ぜひ海外作品にも進出していってほしいです。

小関「海外でお仕事するということには常にポジティブな気持ちでいます。英語圏もいいですし、なんならイタリア語でお芝居できる機会もあったらいいなって。『お水下さい』って言えますし(笑)。(イタリア語を披露)。新しいことに挑戦するのは好きなので、常にアンテナは張っています。でもまずはみなさん、源斉先生を観てくださいね。特にお祭りのときに隣の澪を見ているところは、源斉先生のステキな表情が出ていると思います」

(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

<文・写真/望月ふみ>

スタイリスト/SATOSHI YOSHIMOTO ヘアメイク/MIZUHO (vitamins)

【望月ふみ】

70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。

関連記事(外部サイト)