「くれてやるよ!」ヒモ化した彼氏の頭上にお札が舞った日

「くれてやるよ!」ヒモ化した彼氏の頭上にお札が舞った日

「くれてやるよ!」ヒモ化した彼氏の頭上にお札が舞った日の画像

周囲からは「それ、犯罪では?」と指摘されるような仕打ちを恋人からされても、なかなか彼と別れられない女性っていますよね。

 ヒモ化した彼氏となかなか離れられずにいたけれど、やっと別れたという女性に話を聞いてみました。彼女は、どうして彼とすっぱり別れられたのでしょうか。

◆最初からお金にアバウトなところがあった

 ちょっと派手な外見だけど、優しくて気遣いができる彼。しかし徐々に、彼のお金にだらしないところが見えてきたという、木内絵里さん(仮名・24歳)。

「同棲する前は、実家住まいの彼の家によく遊びに行っていました。母子家庭のためか、お義母さんも娘のように大事にしてくれて。よく泊まらせてもらっていました」(木内さん。以下同)

 彼の母親とも仲良くしていたという木内さん。でもその頃から、彼は職を転々としていたそうです。

「最初は正社員だったようですが、気づいたらフリーターになっていました」

 ですが「今日は二日酔いだから」と言って休むこともしばしば。

「彼はとても優しく、一緒にいると楽しい人でした。ただ『お金を貸して』といっては、パチンコをすることも。勝ったら返してはくれるのですが……少し口の上手い彼なので言いくるめられてしまい、ちょっとモヤっとしていましたね」

 お金にアバウトな彼ですが、それでも木内さんは、彼のことが大好きだったのだとか。

◆楽しいはずの同棲がヒモを養う生活に

 部屋を借りて同棲を始めることになった、木内さんと彼。明るくてかわいい部屋が見つかったそうです。

「ある日、彼と出かけた際、私が『(思ったよりも)お金がないや』と、財布とにらめっこしていた時のこと。彼がぽろっと『絵里はいつも1万円札を折りたたんで、財布のカード入れのところに入れてるじゃん。そのお金は?』と言ったのです」

 そのお金は、いざという時のために用意していたもの。彼の前で出し入れしたことは、なかったそうです。彼はなぜ、財布の中の1万円札の存在を知っていたのか……。

「怖くなりました。そういえば彼の家に泊まりに行っている頃から、お金の減りが早いような気がしていたんです。彼に確かめても『僕を泥棒あつかいするの?』と、言われるだけなので話してはいませんが……。

 何だか怖くなり、私はその日から、もしもの時のお金の隠し場所を変えるようになりました」

◆毎日「お昼代」をせびるように

 それでも同棲を続けていた木内さん。一緒に住みはじめてから少しして、彼はほとんど仕事をしなくなったそうです。にもかかわらず、地元の先輩を家に呼び朝まで酒を飲んだり、遊びに行ったりと好き勝手な日々。

「そのうち毎日お昼代に500円置いてって、というようになりました」

 金額は日に日にエスカレート。毎日3000円以上、要求されるようになりました。

 いくら正社員でも、彼の分の家賃まで負担せざるを得ないこともある絵里さんにとっては、けっこうイタイ金額です。だいたい、お昼代に3000円って、毎日どんなランチを食べているのでしょうか…。

 そんなある日。

◆彼の頭上に、お札が舞った日

「仕事に行く用意をしていると、彼が座ったまま『今日は1万円ちょうだい』と言い出したのです。『どうして、そんなお金がいるの。昨日の3000円はどうしたの』と言うと、『全部、すった。今日こそ、勝つから』というのです」

 お昼代として渡していたお金は、パチンコに消えていたのです。

「『僕はパチンコが趣味だから。趣味ができなきゃ、かわいそうでしょう?』と変な理屈を言いだす彼。でもピンときたんです。女がいるなと。

 私は『○×ちゃんでしょう、知ってるんだよ』と、以前彼が働いていたバイト先の女の子の名前を出してみたら図星だったようで、目が泳ぎだして。もう頭にくるどころか、あきれ果て……。

『くれてやるよ!』

と、財布の中にあったお札を彼に向かって放ってやったんです。1万円札ばかりなら格好いいんですが、大体が1000円札でしたけど(笑)。けっこうハラハラ落ちて、それを彼が四つんばいで拾い出して……。ああ、もうこの人はないな、と見切りがつきました」

◆まだまだヒドい彼の本性がみえた

 木内さんはその後、彼と別れ、同棲していたアパートも引き払いました。

 それから数日後、不動産屋さんから電話が……。

「実は同棲したアパートの敷金礼金は、私が出していました。それなのに彼は不動産屋さんに『敷金の返還は、僕の口座に全額振り込んで欲しい』と電話をして、あげくに『まだ振り込まれていない』と催促の電話まで掛けていたらしいのです。もうあきれ果てて……全額くれてやりました」

 彼はお金をくれていた木内さんに捨てられ、相当お金に困っていたんでしょうね。彼女にとっては大迷惑な話です。

 こういう男性に深入りしないためにも、女性に「お金を貸して」と簡単に言えてしまう男性とは、深入りしないほうが良さそうですね。みなさんも、気をつけて!

―わたしの恋とマネー体験談―

<文/夏花くまこ イラスト/zzz>

関連記事(外部サイト)