高級トイレットペーパーが爆売れ。1つ550円「うさぎ」の使い心地は

高級トイレットペーパーが爆売れ。1つ550円「うさぎ」の使い心地は

爆売れ中のトイレットペーパー『うさぎ』

キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。新型コロナの感染対策のために自宅で過ごすことが増えた今、意外な高級品が売れているという情報をキャッチしました。

 その中で目を引いたのが高級トイレットペーパー。使い心地はどうだったかをご報告します。

◆高級和紙に包まれたトイレットペーパー

 そのトイレットペーパーとは高級和紙で包装されたもので、お値段は1ロール550円(税込)。ドラッグストアで売られているペーパーが8ロール入りで200円後半程度と考えると、約1ロール分だけで16ロール買えるお値段です。

 いったいどんなものなのかとHPをチェックしてみたら、ふわふわの高級紙を3枚重ねにしているよう。しかも「完売続き」となっていて、入手するのも大変そうです。

 そこで他の入手方法を探してみたところ、銀座にある高知県の物産館「まるごと高知」にあることが判明。製造元が高知のメーカーなので、置いてあるようでした。

 そこで出会えたのが、こちらの『うさぎ』(望月製紙)。見るからに高級そうです。

 さらに『うさぎ』の隣には、より高級なトイレットペーパー『羽美翔(はねびしょう)』が売られていて、こちらに至っては8ロール入りの箱入りがなんと11,000円! 3ロール入りの箱入りだと5500円だと言うのです。

 売り場の方に聞いてみたところ「明石家さんまさんがムロツヨシさんから誕生日プレゼントにもらったことで話題になった」のだそう。ネットで調べたところ、HIKAKINさんや堂本剛さんも紹介しているのだとか。それにしても、トイレットペーパーをこの値段で買う人、すごい勇気です。

「皇室献上品ですから」と売り場の方も誇らしそうでしたが、でもトイレットペーパーですよ(2回目)。

『羽美翔』はプレゼント用に買う人が多いとのことですが、『うさぎ』は普段使いにしている人も多いそう。私も一つ購入してみました。『羽美翔』を知った後なので、550円はうっかりリーズナブルに思えそうですが、8ロール入りで買ったなら4400円ですよ。

 普段は8ロールを500円以内で買っていることを思うと封を切る手も震えます。…まあ、そもそも『うさぎ』は高級和紙でていねいに包装されているので、ていねいに扱わざるを得ないのですが。

◆『うさぎ』の使い心地は?

 封を切った中身がこちらです。触るとよくわかるのですが、しっとりとしていてゴワゴワ感がまるでなし! その柔らかさは、どちらかというと「布」に近い印象です。

 肝心の使った感じは、「…優しい!」。当たる部分がとにかく優しくて、摩擦によるストレスがないのです。「これに慣れたら大変なことになる!」と思いましたが、完売しているということは、リピーターが多いのかも?

 お店の方の話では、「ご自宅にいる時間が増えたので、自宅でプチ贅沢を楽しむお客様がいらっしゃるのかもしれません」とのことでした。

◆試した人が即座に買いに来るレベルの良さ…?

 なお、「まるごと高知」の2階にあるレストランのトイレでは『うさぎ』の次のランクの『羽二重』を出しているとのことでした。こちらも人気で、トイレで使った人が即座に買いに来るレベルだそう。気になる人は「まるごと高知」のレストランを利用してみるといいかもしれません。

 試した人が即座に買いに来るレベルの良さだというので、気になる人は、レストランを利用してみるといいかもしれません。

 ということで、他のウワサの商品も試して、良かったらご紹介したいと思います。

―「美活(今さら)始めました」―

<文/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』

関連記事(外部サイト)