ヨーグルトをマシュマロにかけるだけで高級スイーツに♪ 美肌度もアップ

ヨーグルトをマシュマロにかけるだけで高級スイーツに♪ 美肌度もアップ

ヨーグルトマシュマロ



 美人になりたい皆様、こんにちは。「痩せたいけれど、おやつが止められない」という声はよく聞きますが、おやつは上手に取れば、むしろキレイ作りを後押ししてくれます。

 私は日夜「キレイになれるおやつ」の研究をしているのですが、最近注目しているのが「ヨーグルトマシュマロ」です。今回は、オススメの作り方と、美容UPのコツについてお伝えしたいと思います。

◆超簡単なのにプロ仕様に作れる

 まず「ヨーグルトマシュマロ」とは何かといいますと、ヨーグルトにマシュマロを入れて作る簡単なデザート。

 一晩冷蔵庫に入れて置くだけで、マシュマロがヨーグルトに溶けて、ババロアやムースのような絶妙な味になるのですが、本当に混ぜるだけなのでとても簡単でしかも美味しいんです。

「え、これが、ヨーグルト?」と思うほど、しっとりとした仕上がりで、まるで人気パティシエが作ったスイーツのようになるので、ぜひとも試してほしいところです。

 作り方は、基本的には買ってきたマシュマロにヨーグルトをかける(もしくは混ぜる)だけ。難しくないのですが、好みでコツはあるようです。

 しっとりさせたい人は、マシュマロを小さく砕いておくといいとか、ヨーグルトときちんと混ぜたほうがいいとか、こってりしたい時には、ヨーグルトを水切りしたほうがいいとか。

 私自身は、いろんな食感を楽しみたいので、あえてマシュマロに手は加えずに、ヨーグルトを適当な分量だけ上からかけて作っています。ただし、健康と美容のためにコツがいくつかありますので、そこだけは気を付けています。

◆ヘルシーに作るコツは?

 ヘルシーに作るコツは何といっても材料を選ぶこと。ヨーグルトマシュマロは、ヨーグルトとマシュマロだけで作るので、それぞれの素材の良さがそのまま仕上がりに直結するのです。そのため、ヨーグルトは脱脂粉乳などの使われてない生乳100%のものを選ぶのがオススメです。

 また、マシュマロとはそもそも卵白を泡立てて砂糖と作るメレンゲに水あめを加え、ゼリーで固めて作るもの。

 つまり、卵白と砂糖(と水あめ)とゼラチンで作るのが基本ですが、市販のマシュマロではコーンスターチが使われているのと、さらに量産品では、卵白を使わず、ゼラチンとコーンスターチ、時には大豆タンパクや増粘剤などを使っていることもあるので、原材料のチェックはしっかりするといいでしょう。

◆美容UPのコツは?

 そして美人になりたい派にオススメなのが、材料にレモンを加えること! というのも、マシュマロに含まれるゼラチンと言えば、実はコラーゲン(たんぱく質)の塊!

コラーゲンは食べてもそのまま摂れるわけではなく、体内でたんぱく質がコラーゲンに再構成されます。で、体内でコラーゲンを作るのに欠かせないとされているのが、「たんぱく質+ビタミンC」。つまり、ゼラチン(たんぱく質)にレモンを加えれば、コラーゲンの元になってくれるのです。

 しかも味もレモンを足すと、酸味が加わってより美味しいです。作り方は、ヨーグルトにレモンの絞り汁を加えてからマシュマロにかけるか、食べるときにレモンをかけていただくかするといいでしょう。なお、先に加えると味がなじみ、直前だとビタミンの破壊が少ないのがメリットです。

 また、味のバリエーションとして、ココアを加えるのもお勧めです。例えば、(1)グラスにマシュマロを入れ、そこに輪切りにしたレモンを入れて、ヨーグルトをかけた上に、(2)さらにマシュマロ+ヨーグルトで2層にし、(3)最後にココアパウダーをたっぷりかけると美容効果がアップするだけでなく、高級ティラミスのようになります。

 なお、ココアは無糖を使うのがオススメです。抗酸化作用のあるポリフェノールがたっぷりとれますので、夏の美白対策としても、オススメのデザートになります。ちなみに、マシュマロがこってりと甘いので、ココアは大目に使うと、こってりとリッチになります。

 あしらいにミントやクコの実、バナナ、洋ナシなどをスライスして載せると見栄えも大幅UP! 見た目もキレイで美容もUPする簡単スイーツです♪

<文・写真/にらさわあきこ>

関連記事(外部サイト)