お腹・太もも・二の腕。3大やせたい部位を引きしめる自宅筋トレ3選

お腹・太もも・二の腕。3大やせたい部位を引きしめる自宅筋トレ3選

記事画像



 みなさん、ダイエットしてますか?

 理想のスタイルって、ただガリガリに細いのではなく、出るところは出て、細いところは細いボンキュッボン(死語?)ですよね。

 細くしたいのはウェスト、太もも、二の腕。ここが引き締まっていたら、スッキリ細く見えそうです。

 そのためのワークアウトをプライベートジムbellezza(ベレッツァ)表参道店トレーナーの坂口拓郎さんに教えてもらいました。

 自宅で簡単にできるものばかり。みなさん、ぜひご活用ください!

◆ウェスト引き締めエクササイズ

脇腹の下のほう、パンツに脂肪が乗っているのが気になる人に!

1. 横向きに横たわり、肩の真下で肘をつき、身体を支える。

 このとき、上から見たときに身体が前や後ろに曲がったりせず、まっすぐ伸ばして、真横を向くように気をつける。

2. 両足が床につくように前後にずらし、上のほうの腕を耳の横まで上げてバンザイして準備完了。

3. そのまま腰を床から思いっきり上げて浮かす。「これ以上上がらない」ところまでいったら、ゆっくり降ろす。

4. 3を5〜10回繰り返す。

●使う筋肉:腹斜筋

 体幹の筋肉がないと、準備のポーズだけでブルブル体が震えてしまいます。でも毎日続けていると、だんだんとできる回数が上がっていきますよ! ついた肘が痛い場合は、バスタオルを敷くといいでしょう。

◆ヒップアップして足を長く見せるエクササイズ

太ももの後ろ側を細くしたい人に。

1. 横向きに寝そべり、肘枕で頭を支えます。

2. 足の付け根、膝、足首を揃えて90度に曲げ、準備完了。

3. 足首同士をつけたまま、膝をゆっくり開き、限界まで来たらゆっくり閉じる。

4. 3を10〜20回繰り返す。

●使う筋肉:外旋六筋

 使っている筋肉が意識しにくい場合があります。そんなときは、膝を開いた状態で10秒キープするか、回数を多くこなしてみるとよいでしょう。

 普段あまり使わない筋肉をターゲットにしているので、感覚が掴みにくいのだとか。やっているうちにコツがわかってきます。

◆姿勢をよくし、二の腕を引き締めるエクササイズ

二の腕の太さやたるみが気になる人に。

1. 足を肩幅に広げて立ち、上半身を前に倒す。

2. 背筋を伸ばして、腕を下に伸ばして、準備完了。

3. 肩甲骨を寄せる気持ちで、腕を横に広げるように上げていく。

4. 3を20〜30回繰り返す。

●使う筋肉:僧帽筋中部、菱形筋、三角筋後部

 背中の上の方の筋肉を使っていることを意識しましょう。背中をまっすぐ固定し、肘を伸ばしたまま、反動をつけないように動かします。負荷が軽い場合は500mlのペットボトルに水を入れて行いましょう。

<取材・文/和久井香菜子>

関連記事(外部サイト)