みんなの「人に見られて赤っ恥だったダイエット法」が切なく笑える

みんなの「人に見られて赤っ恥だったダイエット法」が切なく笑える

記事画像



 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

 筆者がレッスンを担当している生徒さんたちからよく、「どんなダイエットがオススメ?」「どうしたら成功する?」などと聞かれます。

 そこでみなさんが実際におこなったダイエットについて聞いてみたところ、「えっ! そんなことを!?」と驚くようなちょっと笑えるようなダイエット法が続々と登場しました。

 ここでは、なかでも“人に見られて恥ずかしい思いをした”というダイエット法を集めてみましたよ。

◆お菓子にヴィクシーモデルが!

 理想とするスタイルのモデルや女優の写真を目に入るところに置く・貼るなどするとモチベーションの維持につながるといいますが……。A子さんの場合はその場所が特徴的でした。彼女はお菓子が大好き。ダイエット中は控えなくてはいけないと分かっていても、ストックがないと不安なのだと言います。

 そして、切り抜いたヴィクシーモデル(ヴィクトリアズ・シークレットのモデル)の写真をお菓子の袋に貼っていたのです。

 A子さんいわく、「憧れのヴィクシーモデルの写真のおかげで、お菓子に手が伸びずに済んだ」そう。ちなみに、不思議に思った同居している家族にはがされていたこともあるそうです。

◆「なんでお風呂にビニール傘があるの?」

 続いては入浴中の出来事。B子さんは体が冷えやすく、代謝の悪さに悩んでいました。ホットヨガのレッスンに積極的に参加したりしていたのですが、自宅でも効果的に体を温める方法はないかと考えた末……、湯船に浸かりながらビニール傘をさすという行動に。

 なんでも、ビニール傘をさすことで傘の内側に水蒸気が溜まり、温度・湿度が上がって蒸気が発生しミストサウナのような状態になるのだとか。ただしこれ、本当に発汗しやすくなったり、のぼせたりしやすくなるので注意が必要です。入浴前後の水分摂取はもちろん、長時間の入浴は適さないので気を付けながらおこなってくださいね。

 B子さんは、脱衣所に傘を置いているのを遊びに来た彼氏に見られて「なんでお風呂にビニール傘があるの?」と聞かれ、説明に困ったそうです。傘の置き場所も悩ましいですね。

◆矯正下着でお中元のハム状態

 最後は体を動かすのも、食事制限をするのも苦手なC子さんのお話し。ダイエットをするというよりは、なんとか細く見せようと矯正下着を購入した彼女は、ギュッと体を引き締めて外出。親しい友人と食事を楽しんでいたときです。「背中と太ももの裏がお中元のハムみたいになっているよ」と一言……。

 最初は何のことかわからなかったC子さんですが、化粧室の大きな鏡に映る自分のうしろ姿を見て納得! 矯正下着のサイズ感や締め付けが合っていなかったせいで、お肉に段ができていたのです。

 体にフィットするTシャツにデニムパンツを履いていたこともあり、それはそれはよく目立っていたそうです。さらに、締め付けによって食欲が落ち、帰宅する頃には気分も悪くなってしまったのだとか。

 強すぎる締め付けは血行を悪くするので、冷えやむくみを引き起こします。矯正下着は選び方に気を付けて。

===

 ダイエット中の努力は人には見られたくないのが女心。もしこれらを試すのなら、くれぐれも人目に触れないように……。

<文/高木沙織>

関連記事(外部サイト)