ワガママ女性に彼氏ができて、マジメ女性が損をするワケ

ワガママ女性に彼氏ができて、マジメ女性が損をするワケ

記事画像



 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

「どうして彼氏ができないのだろう」「結婚できない自分は、何かが欠けているのかな」

 恋愛が苦手だったり、なかなか彼氏ができない女性はこのように考えてしまうことが多いのではないでしょうか? 彼女たちは真面目すぎるため、恋愛が上手くいかない理由を自分のせいにしがちです。恋愛も結婚も2人でするものなのに、一人で悶々と原因を探して自己批判をしてしまうのです。

 そんな状況では、決して幸せになれません。今回は、真面目すぎるがゆえに出会いを潰す女性の特徴と解決策についてご説明します。

◆「婚活サイトの出会いは嫌」?まわりの目を気にしすぎ

 私の元へ相談にくる女性たちは皆真面目で、周りの目や世間体を非常に気にします。

「この年で婚活なんて、もう遅いって思われないでしょうか?」

「婚活サイトで相手ができたら、親や友だちに紹介しにくい」

 30代の方からよくこのようなことを言われます。色々と考える前に、まずは試しにやってみればいいのだけれど、完璧主義で失敗が怖くて行動までたどり着かないのです。

 婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)によると、独身者のうち婚活サービスの利用経験者はまだ18%程度。さらに、女性の30.3%、男性の19.3%が「婚活サービスで見つけた恋人を人に紹介するのは嫌だ」と回答しています。

 しかし、あなたが彼氏とどこで出会ったかなんて、忙しい社会人はそんなこと気にしません。よそのカップルの出会い方なんて、一昨日の食事メニューぐらいすぐに忘れ去られる話題なのです。ましてや、あなたが気にする周りの人が、老後の面倒を見てくれるわけでもありません。

 まずは試しにやってみる。まわりの目を気にしても、何も良いことはありません。本当に彼氏が欲しいのならば、まずは動くことから始めましょう。

◆マジメ女性は「〇〇が食べたい」と言えない

 まずは行動しよう! と出会いの場に行き男性と連絡先を交換しても、真面目すぎる女性は上手くいかないことが多いです。

 男性から「何食べたい?」「どこに行きたい?」とデートのお誘いがあっても、「どこでもいい」「なんでもいい」と答えがちだからです。

 本当は「気になっているカフェのケーキを食べたいけれど、甘いモノは苦手かもしれない。それだと迷惑かも…」など彼女なりに気を使い、結果、自滅……。

 そんなことは考えずに、カフェに行きたいのならば素直に行きたいと言えばいいだけ。もし相手が甘いモノが苦手なら、他のものを注文するとか他のお店を探すなど、何らかの対応をするでしょう。確認もせず「苦手かも」と決めてしまうと、そもそも相手と話し合えないのです。

◆したいことを言う女性のほうが、男性も楽

 自己主張の乏しい子どもは手間がかからず、母親にとっては都合がよかったかもしれません。相手の要望を聞くことが「いい子」と刷り込まれた真面目すぎる女性は、大人になっても自分の意思を伝えることを、わがままで迷惑をかける行為と思い込んでいるのです。

 しかし、「なんでもいい」という女性は、男性側からすると喜ばせるポイントも分からず逆に面倒くさいものです。お店を決めるにせよ、「イタリアン」「駅から近いお店」など何かヒントがある方が決めやすいのです。

 男性にとって、「迷惑かけるかも」と思い本音を言わない女性よりも、「あれがしたい」「ここに行きたい」と意見を言ってくれる女性の方が取り扱いやすく、喜ばせるポイントも分かるから一緒にいて楽です。

 真面目すぎる女性が良かれと思って自分の気持ちを言わないでいる一方、思っていることをポンポン伝える女性の方が彼氏ができるのはそのためなのです。

◆「なんで彼氏ができないんだろう」という考えをやめる

 自分を責める癖がある女性は、

「私は何が足りないんだろう」

「なんで彼氏ができないんだろう」

「なぜ結婚できないんだろう」

 と、できない理由を探します。長女だから、親が厳しかったから、女子高だから、そういう視点で探せばいくらでも見つかるでしょう。

 でもこれは、自分では変えようがないことばかりです。

 そうではなくて、

「どうやったら彼氏ができるのかな」

「どうやったら結婚できるかな」

「私はどうしたらいいんだろう」

 と、現状を変えることに目を向けましょう。

 そうすれば、出会いの数が足りないから増やそう、女子会ばかりやっているから減らそう、周りに彼氏が欲しいと言ってみようなど、やることが思い浮かぶはずです。

「どうやったら彼氏ができるだろう」と考える人は、変えられることに注目し行動します。そして現状を自分で変化させていきます。一方で、「なんで彼氏ができないんだろう」と考えて思いつくことなんて、全て行動しないための言い訳です。

 出会いがないことを責める前に、まずは動いてみる。これこそが、彼氏を作るための近道なのです。

<文/菊乃>

【菊乃 プロフィール】

28歳まで全く非モテだったが、一念発起して変身できた経験をもとに、恋愛婚活コンサルタントに。近著は『あなたの「そこ」がもったいない。』

関連記事(外部サイト)