住んでる場所でマウントし合う人たち。港区でも細かい格付けが…

住んでる場所でマウントし合う人たち。港区でも細かい格付けが…

記事画像



 どうでもいいことで何かとマウンティングしたがるのが人のサガなのでしょうか。今回のマウント合戦のテーマは「住んでいる場所」です。首都圏アラサー女性達の闘いの体験談です。

◆あるある!最寄り駅マウント合戦

 都内の予備校に勤務している美優さん(34歳/仮名)は、知人達との住まいトークについてこう話します。

「どこに住んでいるかって結構ステータスとして見られるんですよね。最寄り駅がどこかって話になると、まぁとにかくマウント上位なのは山手線ですね。あとは東急東横線とか京王井の頭線とかが評価高いです。平均家賃の話でもマウントの取り合いになります」

 以前、知人達とのマウント合戦が始まり、こんなことを言われたそう。

「私は山手線の西日暮里駅が最寄り駅なんですけど、知人が『山手線の内側と外側のどっちに住んでるかで違うよね。外側だと田舎なとこあるから。ていうか西日暮里って山手線の中でもかなり田舎じゃない?(笑)』と言われて悔しかったです。

 でも知人の話もよく聞いてみたら、山手線の最寄り駅からバスで20分くらいのところに住んでいるらしくて(笑)」(美優さん)

 美優さんの周囲では、山手線なら、いまだに目黒駅・恵比寿駅などがエラそうにできるそうです。

◆「港区在住」の中でも細かい勢力図が

 住所で言うと、現在、東京都内でマウント最上位は「港区在住」でしょう。白金台在住のユリさん(36歳/仮名)はこう苦笑します。

「ウチは港区白金台2丁目なんですが、あの辺は港区と品川区が入り組んでて、隣のブロックが品川区東五反田なんです。その隣は、また白金台に戻って、しばらく行くと品川区上大崎。環境は全く同じなのに、住所が港区じゃなきゃヤダという人がいるみたいですよ」

 また、港区内でもエリアによって印象が違うそうで、「港区ってだけでマウンティングしてくる人とか、田舎もんですよね〜」とユリさん。

「以前住んでた白金高輪駅は住所が『白金』で、昔は工業地帯だったんです。今でもちっちゃな工場があるし、古川沿いにはなんとホームレスのブルーシートハウスもありましたよ。

 南麻布も、丘の上は高級住宅地だけど、低いほうは零細工場が今もある。そんな低地のマンションが『人生に、南麻布という贈り物』というポエムな看板を出していて笑いました。

 あと、ウチらの間で一番コケにしてるのが、品川駅の海側=港区港南のタワーマンションに住んでドヤ顔してる人。あっち側はつい数年前まで吹きっさらしにカラスがカーカー飛んでるような埋立地で、『よくあんなところのタワマンに何千万円も出すね(笑)』と話してます。だったら、品川駅の陸側=高輪台の低層マンションのほうがよほど環境がいいのに」(ユリさん)

 うわ〜、港区民の勢力図もめんどくさいですね。

◆近所のスーパーまでマウント対象に

「物件を探すときは全く意識してなかったのですが、近所にどんなスーパーがあるのか、もマウント対象になるんです」

 と言うのは、主婦をしながら働いている沙也加さん(32歳/仮名)。

「私がふだん西友を使ってると話したら、職場の先輩から『西友ってプライベートブランドばかりだし質が悪くない? 安いのはいいけど、旦那さんにそれなりの質のご飯を食べさせてあげないと』と言われてびっくりしました。

 先輩いわく『私はいつも成城石井とか、クイーンズISETANが近くにあるとこに住んでたから、その商品の質があたりまえなんだよねー』と。スーパーでマウントとるなんて予想外でした。え、そこ!? みたいな」(沙也加さん)

 実際買ってみると、生鮮食料品は西友やイオンやヨーカドーのほうが質が良かったりするんですけどね…。

「私は仕方なく、『良いスーパーで買い物してたらステキなご飯が毎日作れていいですね』って返したんです。そしたら『わざわざご飯作らないわよー。ハイクオリティなお惣菜がいっぱいあるじゃない。ご飯作るの面倒よ』って返事が来て。さっき私に言った“それなりの質のご飯”ってお惣菜かよ! と心の中で突っ込みをいれました」(沙也加さん)

 ちなみに、前出の港区民・ユリさんは、「高輪や六本木のスーパー『リンコス』は使いますけど、あれって要は『マルエツ』なんですね。後で知りました」と笑います。

 何がマウント対象になるかわからない昨今。住んでいる場所ごときでマウンティングする下品な行為は慎みたいものです。

<取材・文/大庭スミ>

関連記事(外部サイト)