約100円「きざみ青じそ」チューブが話題沸騰。マッチする食べ物ベスト3

約100円「きざみ青じそ」チューブが話題沸騰。マッチする食べ物ベスト3

記事画像



 強みを知って、賢く楽しめ。

 先日、シーズン恒例の「日経トレンディ 18年上期 食品ブレイク予測(※)」が発表されました。その「加工食品部門」において1位になったのが、「きざみ青じそ(エスビー食品)」。コレ、昨年ヒットした「きざみパクチー」に続き、今年2月に新発売された「チューブ薬味」なのですが、果たして予測通りに大ヒットとなるのでしょうか?

 そこで今回は、SNSでも話題沸騰中!「きざみ青じそ」の真価(強み・弱み)と賢い活用法について考えてみたいと思います。

※参考 「きざみ青じそ」1位 18年上期、食品ブレイク予測 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27741930W8A300C1000000?channel=DF260120166489

◆まずはどんなものか使ってみる。むむ。これは賛否両論ありそうだ。

 さっそく話題の品を購入し、中身を出してみることに。わさびやしょうがと同様のチューブに入っていて、出してみると……

 例えて言うなら、「バジルペースト」の色味に近く、オイル漬けではないため、風合いとしてはぽってり“ねりわさび状”。チューブから出してもそれほど強く香らないため、一口食べてみることに。うん、確かに「しそ風味」はしっかり認識できます。

 この商品は、「乾燥青しそ」をでんぷん等に混ぜ込んで作られているため、“ペースト状”に違和感を持たなければ、活用度は広がりそう。参考までに、主成分を確認してみると…。

 青じそ以外に様々な添加物が入っていますが、これを受け入れるか否かはその人次第。そこで、この青じそチューブのメリット・デメリットを整理してみました。

≪メリット≫

・シソをいちいち刻まずに、シソ風味を味わえる

・料理の味付けで、シソ風味をカンタンに作りやすい。

・ある程度の保存性がある。

≪デメリット≫

・風味や香りはやや劣り、生しその食感はほとんどない。

・本来含まれてない添加物が使用されている。

 まとめると、便利な手軽さを優先すれば、誰でも簡単に“シソ風味”のメニューを味わえるということ。そして、どうにかして食感面での弱点を感じさせない方法を考えてみることにしました。

◆青じそチューブとマッチする「3つの野菜」とは?

 この独特のペースト感をネガティブに引き出さないコツは、たったの一つ。弾力のある肉や魚に乗っけるのではなく、「野菜」と混ぜ合わせるということ。そしてどうせなら、ダイエット中にも安心して楽しめる、「低糖質だけど食べ応えのある野菜」と一緒に合わせてみたところ、これが大大大正解だったのです! それではその3つをご紹介しましょう。

◆(1)枝豆

 まずはじめは、夏の美容野菜「枝豆」と一緒に、「ごはん」や「汁物」に混ぜる&溶かすというアイディア。枝豆をたっぷり使うことで、炭水化物の量を減らしたり、スープの満足感を演出できますから、そこに爽やかな風味をプラスする感覚で活用してみてください。このマリアージュ、驚くほどよく合います。

【活用例】

・炊きあがったごはんに枝豆、ショウガ、本品を混ぜ込む。

・房から出した枝豆をスープの仕上げに加え、本品を溶かす。

◆(2)アボカド

 女性の心をつかんで離さない美容食材「アボカド」ですが、この濃厚さが夏にはちょっと重いと感じることも。そんな時、この青じそペーストを加えてアボカドサラダ/アボカドペーストを作れば、爽やかさが加わって大進化! わさびとの相乗効果も抜群です。

【活用例】

・シソ風味のアボカドペーストにしてサンドイッチに。

・シソ風味のアボカドサラダを肉料理に添えて。

◆(3)ゆでタケノコ

 3つ目は、「ゆでタケノコ」に合わせるというもの。タケノコは、独特の甘味・旨味を持ちながらも、低カロリー&低糖質であり、食物繊維が豊富なため、ダイエット時にも積極的に食べたい野菜です。しかも“ゆでてパック”になったものであれば、季節問わずストック可能。本品を調味料として活かすことで、タケノコのまろやかさにアクセントが生まれます。

【活用例】

・タケノコをさっとゆで直し、マヨネーズと合わせてサラダに。

・あっさり塩炒めの仕上げに。

<文・写真/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。

現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。

Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana

関連記事(外部サイト)