韓国とアフリカの血を引くスーパーモデルに長女誕生

韓国とアフリカの血を引くスーパーモデルに長女誕生

Instagramより



 スーパーモデルのシャネル・イマン(27)が女の子を出産した。母はアフリカ系アメリカ人と韓国人のハーフ、父はアフリカ系アメリカ人という両親を持つシャネルは、これまでブラックビューティーモデルとして、欧米のファンション界で一躍注目を集めてきた。

 スーパーモデルの登竜門として知られる高級下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の元エンジェルとしても知られるシャネル。夫のNFL選手スターリング・シェパードとの間に授かった長女カリー・クレイ・シェパードちゃんを10日(金)に出産したことを報告している。

 週末、シャネルはインスタグラムを更新し、出産直後のベッドで夫とともに娘を見つめる写真に「陣痛を乗り越えてあなたを産んで良かった。ようこそカリー。愛するママとパパより」と綴り、出産を報告した。

 続けて娘の顔が見える写真を投稿し、「カリー・クレイ・シェパード。2018/8/10」と名前も明かしている。

 数日前、「心配もあるけど生まれてくるのを待っているわ」と38週目に入ったことを明かす投稿をした矢先の出産だった。

 妊娠や性別判明など、こまめにインスタグラムで公表していたシャネルは以前、「私たちはいつも愛や家族のことを考えてきたの。だから私たちの子どもにもその愛情を伝えていきたいわ。私たちは本当に幸せね」とも語っていた。

昨年12月に婚約発表し、今年3月に挙式したシャネルとスターリング。プロポーズや挙式の様子もインスタグラムで公開し、たくさんの祝福を受けた。

◆13歳でモデル契約。際立つ細身は代謝の良さから?

 シャネルという名は、ファッション好きの母親がココ・シャネルちなんで名付けたという。その名に負けないように、13歳にモデル事務所と契約すると、めきめきと頭角を現す。

 小さい頃からモデルを夢見ていたというシャネルは、早くからアナ・スイやマーク・ジェイコブスといった有名ブランドのショーに出演したり、『ヴォーグ』の表紙に登場したりと、期待の大型新人として注目を集めた。

 特に、ナオミ・キャンベルなどブラックビューティーの人気モデルたちに次ぐ、アフリカ系モデルとして熱い視線を注がれてきた。

 美しいプロポーションであることが要求される“ヴィクシー・エンジェル”のなかでも、際立った細身の持ち主として知られるシャネル。

 これについては、生まれ持った代謝能力の高さが指摘されてきたようだが、25歳のときのインタビューで「以前は何もしなくてもやせていたけれど、年齢を重ねた現在は、体型を維持する努力が必要になった」と明かしている。

 モデル活動の一方で、アフリカ支援キャンペーン広告への出演や、飢饉撲滅運動事業に参画するなど、チャリティー活動にも熱心に取り組んでいる。

 ママになったシャネルの今後がますます楽しみ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)