「昔は35歳から更年期」「PMSは更年期障害の予行演習」…意外と知らない更年期のこと

「昔は35歳から更年期」「PMSは更年期障害の予行演習」…意外と知らない更年期のこと

記事画像



【知っているようで知らない「更年期」 Vol.1】

 女性なら避けては通れない更年期。更年期障害に対する知識不足から、必要以上に更年期に対して恐怖感を抱いている人も多いのではないでしょうか。

 そこで、いけした女性クリニック銀座で院長を務める池下育子先生に、更年期と更年期障害についてお話を伺いました(以下、コメントは全て池下先生)。

◆いつから「更年期」なの?

 まずは更年期、閉経、更年期障害に関する基礎知識から。

「女性のライフステージは小児期・思春期・性成熟期・更年期・老年期と5つに大別されます。女性の体は一生を通じて卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けていますが、その分泌量はライフステージによって大きく変化します。

女性ホルモンの分泌量がピークを過ぎ、卵巣機能が少しずつ低下する性成熟期である40代半ばから閉経までの移行期間を『更年期世代』と呼びます。卵巣機能が低下しはじめるのは人により年齢が異なるため、厳密に何歳からとは決まっていませんが、平均出産年齢が今より早かった昔は、35歳以降を『更年期世代』と呼んでいたこともあります」

 えぇ!? 35歳で更年期世代と呼ばれていたなんて、かなりショック!

「今は働く女性が増えて30代後半以降に出産するケースも珍しくないため、35歳以降を『更年期世代』と定義するのは酷ですよね。ただ、該当する年齢だからといって妊娠できないというわけではありません」とのこと。ちょっとひと安心。

◆卵巣機能低下のサイン

 では、卵巣機能低下のサインはどのように現れるのでしょうか。人によって症状が異なるけれど、以下が挙げられるそう。

・生理の量が減ってきた

・生理が今までとは少し変わってきた(1週間続いていた生理が3日で終わる、痛みがひどくなってきた、あるいは軽くなった)

・以前よりPMS(月経前症候群)がひどくなった

・生理周期が乱れるようになった

・無月経が続く

「もちろん、全員の女性がこれらの症状を発症するわけではありません。自覚症状がないまま突然40歳で閉経を迎える人もいますし、50歳まで毎月生理があったのに突然止まり、脳のホルモン値を検査したら更年期レベルにはなっていなかった、ストレスから止まっているだけ、という例もあります」

 ちなみに、更年期=閉経と思っている人は多いと思いますが、その二つはイコールではないそう。

「更年期中に閉経を迎えるわけですが、閉経後も更年期は続くのです。『更年期障害』とは閉経後、日常生活に支障をきたすほどフィジカルとメンタルな症状が出ることを指します」

◆「更年期障害」の初期症状

 更年期障害の初期症状には、以下のような特徴があるとのことです。

「フィジカルな症状としては、頭痛になることが増え、鎮痛剤を飲む回数が増えた、疲れやすい、眠れない、寝ても疲れが取れないなどが挙げられます。

メンタルな症状としてはイライラすることが増えた、落ち込みがひどくなった、前は受け流せたことが受け流せなくなってしまった、などです。

また、肌の状態が変わる人もいます。同じ基礎化粧品を使っても以前より乾燥している気がして、さらに保湿効果の高いワンランク上の化粧品に乗り換えようか迷っているのであれば、初期症状のサインかもしれません」

◆閉経の兆候ってあるの?

 更年期障害が訪れるのは閉経後。閉経の兆候を自分で感じることはできるのでしょうか。

「残念ながら“これが最後の生理だ”という予兆はありません。1年間の無月経を経て初めて閉経と呼びます。

閉経への向かい方にも個人差がありますが、<生理不順→経血量の変化→自律神経系の症状→メンタル面の症状→コレステロール値などの変化、骨粗しょう症や性器の萎縮>が一般的です」

◆PMSは更年期障害の予行演習

 重い症状に悩む女性が多いPMS(月経前症候群)も、更年期障害とは無縁ではないといいます。

「PMSは更年期障害の予行演習と言っても過言ではありません。PMSの時期にフィジカル面とメンタル面に起きていたことが、更年期障害でも起きる可能性が高い傾向があります。更年期障害時にはPMSよりさらに重度の症状となって現れることも少なくありません。PMSは生理前の数日間で終わりますが、更年期障害ではストレスなど少しのきっかけで長く続いてしまうこともあります」

 次回は「早く更年期障害が訪れやすい女性の特徴」と、「30代&40代から準備しておくべきこと」についてお伝えします。

【池下育子(いけした・いくこ)】

1953年青森県生まれ。帝京大学医学部卒業。同大学麻酔学教室助手、国立小児病院麻酔科、東京都立築地産院産婦人科勤務を経て、92年に池下レディースクリニック銀座を開業。働く若い女性や更年期世代の女性の、仕事や人間関係の悩み、心身のトラブル全般に対応。2012年病院名を改称。

<文/内埜さくら>

【内埜さくら】

恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3000人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『バラいろダンディ』『5時に夢中!』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

関連記事(外部サイト)