“つまり”を取るだけで3キロ減。自宅でできる、スゴ腕サロンのマッサージ

“つまり”を取るだけで3キロ減。自宅でできる、スゴ腕サロンのマッサージ

4 足の甲の骨の間の老廃物をかき出す



『やせたいところから最速でやせる! 久式リンパマッサージ』。こんな夢のようなタイトル、無視できるわけがありません。半信半疑で本をめくってみれば、著者が実際に162cm68kgから48kgへ、20キロもやせたというではありませんか。

 久式リンパマッサージの考案者、久 優子(ひさしゆうこ)さんが自らモデルをつとめる本書には、「脚から、おなかから、顔から、自由自在に細くできる!!」という、各パーツごとのリンパマッサージが掲載されています。

 彼女のサロンは完全紹介制で、簡単に予約が取れません。だったらなおさら、家でできるこの方法を試さない手はありません!

◆スタートは「足」から。リンパマッサージの鉄則

 やせたい! と熱望する前に知るべきなのは、太るメカニズム。本書では「太っている人は冷たくて硬く、『滞り』を抱えているので、老廃物が溜まりやすい」と解説しています。

 滞り=むくみで、リンパの流れが悪い状態。さらに、むくみの原因は老廃物。老廃物とは細胞の死がいのこと。なんだかややこしくなってきましたが、ともかく生きている間は、大なり小なり老廃物は発生するのです。

 今、太っている人はもちろん、やせている人も、久式マッサージを習得すれば、いつでも巡りのいい身体をキープできます。滞っている老廃物をしっかり流せば、3キロ程度は体重が落ちるのだそうです。

「足首の冷たさと硬さに気が付いて足首を回していたら、いつの間にかやせていた」。嘘のような本当の話が、久式リンパマッサージの基盤。確かに、冷える場所としてまっさきに思い付くのは足先ですし、足を温めるだけで全身の血液がめぐる感じがしますよね。

「足首を柔らかくして、足指を動くようにして、足裏の筋肉をちゃんとつける」。一見、地味で単純ですが、足は身体の土台。土台が整えば、自然と身体の歪みも矯正されてくるのだそうです。最初に足を整えることで、全身やせが可能になると本書は説いています。

◆「久式リンパマッサージ」のルール

 久式リンパマッサージの効果を最大限に得るために、6つのルールがあります。本書から抜粋してご紹介しましょう。

1 朝昼晩いつでもOK

 マッサージをするのに最適なのは、身体が温まっているバスタイム後。その次が、起床して1時間以内です。これらの時間が難しい場合は、自分のライフスタイルに合わせて組み込みます。

2 「もむ」のではなく「押す」

「押す」=「面として捉える」ことで、初心者でもしっかり効かせやすい。

3 「ながら」はNG

 テレビを観ながら……、お喋りしながら……などはNG。マッサージ中はマッサージに集中。

4 キモチ強めに!

 深部にまでアプローチするために、「キモチ強め」に「押す」。

5 具体的なイメージをしながら行う

 キュッと締まった足首、など具体的なボディイメージを持つのがgood。

6 できればオイルを使いましょう

 オイルを使えば、マッサージがやりやすくなります。美容液や乳液でも代用可能です。

◆簡単4STEP! 脚からやせるマッサージ

 今回ご紹介するのは、身体の土台であり最も重要な「足」のマッサージです。

「足先から脚全体のケアをし、脚の付け根にあるそけいリンパ節へ老廃物を流し入れることで、むくまない、疲れない、ラインの整った美脚を作ります」というこの方法で、スッキリボディの土台を作りましょう!(以下、本書より抜粋)

<基本姿勢>

おしりのほっぺを床にきちんとつけ、左右バランス良く体重が均等にのるように座る。姿勢は正して。

<足のケア>

両足1〜12回を1セットとし、1セット×3行う

1 足裏の老廃物をかき出す

 足をもう一方の手で持ち、足裏にある「湧泉(ゆうせん/足でグーをした時、足裏でいちばんへこんでいるところ)」から「膀胱(ぼうこう/かかとの足裏部と足の側面との中間にある内側のくぼみ)」にかけて上から下に、グーにした手の第二関節を使って足の裏を刺激する。そのまま足裏全体を上から下にまんべんなく押す。5〜10回繰り返す。

2 足の指をしっかり開かせる

 手の指を足指にはめ込み、足の指と指の間を開く。根元まで指を入れ、5〜10回指を前後に動かして開き切る。

3 アキレス腱をつまみ、ひっぱりながら足指を回す

 足首の根元になるアキレス腱をつまみ、かかと側にひっぱったまま足首を手で回す。足先が温かくなるまで、5〜10回繰り返す。

4 足の甲の骨の間の老廃物をかき出す

 手をグーにして、指の第二関節で、足の甲の骨の間にたまっている老廃物を指先から足首に向かって押し流す。5〜10回繰り返す。

 私もバスタイム後に、ひととおり実践してみました。身体が温まっているせいか、足もほぐれていて扱いやすいです。感触としては「イタ気持ちいい!」。久式マッサージ終了後は、足が軽くなり疲労も軽減。その日は深い眠りにつくことができました。

 本書には、足→お腹、そして顔の久式マッサージが写真付きで解説されています。全部網羅しなくても、まずは足から始めてみてはいかがでしょう。きっとスッキリを実感できるはずです。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

関連記事(外部サイト)