ユニクロの隠れた名作「HANA TAJIMAコラボ」買うべき3選

ユニクロの隠れた名作「HANA TAJIMAコラボ」買うべき3選

コットンロングカーディガン(長袖) 1,990円



 ファッションバイヤーのMBです。

 かねてから私が推しているユニクロとHANA TAJIMAコラボ。この秋の新作がついにリリースされました。

 ユニクロUなどに比べるとあまり知名度もなく店頭での打ち出しもなんだか弱気なこちらのコラボ。しかしこれが実は名作揃いでハズレが少ない!! 数あるユニクロコラボの中でも指折りでオススメです。

 ただ認知度が低く在庫量も少ないため、完売も早い。そこで今回は最新ラインナップの中から真っ先に買うべき3点をピックしました。ご参考に。

(画像はユニクロオンラインショップより、価格は税別)

◆太って見えないロングカーディガン

●コットンロングカーディガン(長袖) 1,990円

 オーバーサイズトップスは「体型を隠してくれるもの」もあれば「太って見えるもの」もある。その差は一体どこにあるのか・・・それは「素材の落ち感」です。

 ワイドパンツを例に挙げると理解できる人も多いはず。チノやデニム素材のワイドパンツはなんだかゴワゴワとシワ感が強く野暮ったいシルエットに見えますが・・・スラックスのような落ち感あるとろみ素材だといくら太いシルエットでも綺麗にスラリと見えるものです。これはトップスでも同じことが言えます。

 ゴワゴワした安モノ綿素材ではどうしても体型が汚く太ってみえるもの、同じカーディガンでも素材次第で雲泥の違いが出ます。

 長い着丈でウエストからお尻のラインを隠し、広い肩幅で二の腕まわりもフォローしてくれる、でも決してルーズでもないし太っても見えない便利なカーディガン。HANA TAJIMAコラボならではの落ち感のある素材を使った良品です。

◆きれいなシルエットのワイドパンツ

●サテンワイドアンクルパンツ 2,990円

 ウエストから裾まで全体がゆったりルーズだった「ワイドシルエット」から・・・昨今はウエスト周りはジャストで裾だけ広がっている「ワイドフレア」にトレンドが変化しています。

 今までのワイドパンツと違い、ストリートライクな印象はそこまで強くない。裾だけ広がって波打つようなとろみが生まれるワイドフレアはシンプルだけど変化があり、今までのワイドより着こなしを大人っぽく見せてくれます。

 こちらは特にサテン素材を使った落ち感の強いワイドフレア。サテン素材のツヤ感のおかげでルーズシルエットでも大人っぽく見えるのが特徴。

 今回HANA TAJIMAコラボは肉感のあるフランネル素材なども出していますが、シルエットは落ち感の強いサテン素材が抜群に綺麗。シンプルにニットなどを合わせても動きのある裾のおかげで地味にならないのも嬉しい。

◆無地Tでも素材で差が出るリブハイネックT

●リブハイネックT(長袖) 1,500円

 ノームコアの流行が終わるも「無地T」の便利さは捨てられない・・・そんな人は同じ無地でも「リブ編み」など陰影のあるものを選びましょう。

 こちらは無地のシンプルなカットソーですが、リブ編みになっており表面に陰影があるのが特徴。こうした表情のある素材を選べば同じ無地でもつまらない印象にならない。裾に向けてフレアしたようなシルエット、ハイネックデザインなどところどころに変化のあるディティールを盛り込んでいるため一枚でもサマになるのがポイント。

 今回のHANA TAJIMAコラボ、傑作が多いものの色展開が少し寂しい。秋冬らしいダークな色味は多くソツのない展開ではありますが、せっかく発色が綺麗な良素材を使っているのだから少し攻めた色味も出してほしい。特にインナー系は派手色をもう少し展開しても良さそう。

 地味な色味だけに店頭でも目立たずあまり認知度も高くならず勿体無い・・・。ユニクロの隠れた名コラボ、今後にも期待します。

<文/MB>

【MB】

メンズファッションのバイヤー(レディスのキャリアもあり)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、女性にも参考になる。著書は『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など多数

関連記事(外部サイト)