あつトロ〜♪最強ハムチーズトーストの作り方。コンビニ食材でOK

あつトロ〜♪最強ハムチーズトーストの作り方。コンビニ食材でOK

記事画像



 最強の組み合わせを探せ。

 突然ですが、「ハムチーズトースト」が食べたくなることって、ありませんか? 材料は、メニュー名のとおり「ハム」「チーズ」「パン」というシンプルな食材なのですが、これが実に奥深い。3アイテムの組み合わせ方次第で、個性ある味わいを作ることができるのです。

 とにかくおいしいハムチーズトーストを作りたい! そんな思いで…、今回は、コンビニやスーパーで材料を厳選し、「最強のハムチーズトースト」を考案。(1)王道系、(2)ダイエット・美容系、(3)こだわり贅沢系の3タイプをご紹介したいと思います。

◆(1)王道系ならコレが最強!

ハム:セブンプレミアムゴールド 金のロースハム(セブンイレブン等)

チーズ:明治北海道十勝贅沢スライス うまみ濃厚チェダーブレンド(明治)

パン:セブンプレミアムゴールド 金の食パン(セブンイレブン等)

 はじめにご紹介するのは、万人受けを想定して、王道の味を追求した組み合わせ。セブンアンドアイグループが誇る「セブンプレミアムゴールド」のハムとパンは、コンビニで買える手軽さからは想像できない超実力派商品で、まるで高級ホテルのレストランで食べているような極上感を味わえます。そしてそれらに高相性なのが、明治の大人向けスライスチーズ。他メーカーにはない濃厚なコクと旨味が、圧倒的なおいしさを奏でてくれます。

・セブンプレミアムゴールド 金のロースハム

 国産豚肉を使用、7日間熟成することでお肉のうまみを引き出した逸品。この厚切りジューシー感はトースト向き。

・明治北海道十勝贅沢スライス うまみ濃厚チェダーブレンド

 熟成されたチーズ本来の濃厚なうまみが味わえる、大人向けのちょっと贅沢なスライスチーズ。チェダー系のスライスチーズの中ではダントツ美味。

・セブンプレミアムゴールド 金の食パン

 種子島産さとうきび糖、特等小麦粉、はちみつなどを原料として、じっくり熟成させて作られた湯種パン。トーストした時の食感や甘味・旨味は感動級。

◆(2)ダイエット・美容系ならコレが最強!

ハム:ヘルシーキッチン ZERO切り落としももハム(日本ハム)

チーズ:雪印北海道100 カッテージチーズ(雪印メグミルク)

パン:豆乳角食ぱん(紀ノ国屋)

「ハムやチーズって、ダイエット中にはちょっと…」と考えてしまう人には、この組み合わせがオススメ。「糖質ゼロ」のハムと「高たんぱく低脂肪」のカッテージチーズを、豆乳を練り込んだ食パンにたっぷり乗せるというアイディアなのですが、このヘルシー感と濃厚感のバランスは女性ウケすること間違いなし! 紀ノ国屋ブランドのパンは他スーパーでも取り扱いが広がっています。

・ヘルシーキッチン ZERO切り落としももハム

 糖質ゼロがコンセプト。さっぱりとした食べ心地は、罪悪感を感じずたっぷり堪能できそう。

・雪印北海道100 カッテージチーズ

 北海道産の生乳を使ってヘルシーに作られたフレッシュチーズ。そぼろ状が特徴で、おしゃれなサラダ感を演出できる。

・豆乳角食ぱん

 水の代わりに無調整豆乳で仕込んだ、やさしい香りとほのかな甘みが特長の食パン。小ぶりなサイズ感も嬉しい。

◆(3)こだわり贅沢系ならコレが最強!

ハム:焼いて味わうベリーハムステーキ(鎌倉ハム)

チーズ:小岩井 ぬるチーズ(小岩井乳業)

パン:シードブラウン食パン(パスコ/敷島製パン)

 印象に残る1枚を追求したい人にはコチラ。日本で“骨付きハム”第1号を生み出した鎌倉ハムが作るリッチな「ベリーハム」をどーんと主役にして、香り高い「ブラウンパン」+「ぬるチーズ」を合わせてみました。ベリーハムとは、豚バラ肉を使ったハムのこと。ベーコンとは違うしっとりジューシーな食感は、一度食べたら忘れられない味です。

・焼いて味わうベリーハムステーキ

 豚バラ肉の脂を活かした厚切りハム。こんなハム初めて! と言いたくなる逸品。

・小岩井 ぬるチーズ

 スライスチーズとは一味違う濃厚さ・酸味が魅力。進化し続けるロングセラー商品。

・シードブラウン食パン

 パスコのプレミアムシリーズは、何を食べてもアタリ。濃厚なハムに負けない個性がある。

<文&写真/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。

現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。

Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana

関連記事(外部サイト)