夫のたった一言で不倫を見抜いた妻のカン。きっかけは「夜光虫のニュース」

夫のたった一言で不倫を見抜いた妻のカン。きっかけは「夜光虫のニュース」

記事画像



 一般的に、夫がどんなにうまく浮気を隠していても、妻は彼のささいな一言や素振りで感づくことが多いといいます。

 本当に意外なところから夫の不倫に気づいたという女性の話をきいてみました。

◆TVニュースで夜光虫の話題。夫の反応に違和感

 三井友梨奈さん(仮名・32歳・主婦)が、ある日曜日の夕方に夫のNさん(38歳・会社員)と一緒にテレビを見ていた時です。“湘南で夜光虫(海洋性のプランクトンで、大発生すると夜の海で光り輝く)を観測!”というニュースが流れるました。

「ふと夫が『あ、テレビでやってる…』とつぶやいたんですよね。それに妙な違和感を感じて…心がザワザワしたんですよ」

「何、実際にこれ見たの?」とカマをかけてみた友梨奈さん。すると…

「スゴい目を泳がせながら『な、なに言ってるんだよ、み、見るわけないじゃん、こんなの別に興味ないし』とキレ気味に返されたので、これは怪しいと思いました。『じゃあ、何でもないなら携帯見せてみなさいよ!』と迫ったら渋々見せてくれたのですが…」

◆夜光虫の写真を自分じゃないと言い張る夫

 女性との親しげなメールやLINEでのやり取りは見つかりませんでしたが、写真のフォルダに夜光虫を手ですくい上げてる写真を発見。

「日にちもニュースと一致しているし、しかもその日は、夫が出張だと言って帰って来なかった日なんです」

 怪し過ぎると指摘すると「違う! 綺麗な写真だったからネットで拾っただけ!!」と主張するNさん。さっきは興味ないって言っていたのに…。

「夫は体毛が濃く、手に生えてる毛がちょっと特徴的な生え方をしているので…その夜光虫をすくいあげている手は、どう見ても夫の手でしかありませんでした。一体この写真…誰に撮ってもらったんだよって思いましたね」

 絶対に何か隠している! と確信した友梨奈さんは、何か決定的な証拠を見つけなければと考えます。

「パソコンから夫のクレジットカードの履歴を見てみようとアクセスしてみたんですよ。パスワードが分からないので、夫の誕生日や、応援している野球チームと推してる選手の背番号を合わせてみたりと試行錯誤し、結局は実家で飼っている犬の名前でビンゴ! でしたね」

 ようやくログインしてみると…。

◆浮気のおわびに夜光虫みたいなサファイヤの指輪を

「やっぱりその日に、ジュエリーショップでの買い物と、ホテルでの支払いの履歴が残っていました。それを見せながら問い詰めると、ようやく白状しましたね」

 実はNさん、会社の部下と不倫をしていて…彼女の誕生日に指輪をプレゼントし、湘南の海の見えるホテルに泊まったら、たまたま夜光虫が大発生したのだとか。

「夫は土下座しながら『彼女とは別れるし、もう絶対にこんな事しないから!』と謝ってきましたが…あんまりムカついたんで、土下座している頭を思いっきり踏んづけてやりましたよ」

 あまりの事に、しばらくNさんが話しかけてきても無視し続けていた友梨奈さんでしたが…。

「まぁ、反省している様子だったので…不倫相手にあげた指輪の倍の値段の指輪をプレゼントしてもらうことで、とりあえず許してあげることにしました」

 ですが、今でも一緒にテレビを見ている時に海が出てくると気まずい空気が流れるそう。

「この屈辱は一生忘れませんよ…だからそんな意味もこめて夜光虫みたいに綺麗なサファイヤの指輪を買ってもらおうと思っています」

 夜光虫に遭遇するというレア体験が、まさか不倫バレの引き金になってしまうなんて…。

 もし、夫婦で見ることができていたら素敵な思い出になっていたかもしれないのに、悲しいですね。

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子(すずきしいこ)】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

関連記事(外部サイト)