脱マンネリの、おにぎり&卵焼き。夏バテにもおススメ

脱マンネリの、おにぎり&卵焼き。夏バテにもおススメ

新しょうが・枝豆・クリームチーズのおにぎりと小ネギとベーコンの卵焼き



 最近、暑い日と涼しい日が交互にやってきて、体調を崩してしまったり夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか?

 そこでオススメしたいのが、食欲の無い時でもスッと食べられる“新生姜と枝豆とクリームチーズのおにぎり”です。

◆残暑を乗り切る!サッパリおにぎりレシピ

 枝豆はビタミンが豊富で、食物繊維、鉄分、マグネシウムなどの栄養素がたっぷり含まれており、生姜の辛味成分であるショウガオールには新陳代謝を活発にし体を温めてくれくれる働きがあるので夏バテの時にピッタリですね。

【材料】

・枝豆 1掴み

・新生姜の甘酢漬け 1かけ

・クリームチーズ 1個

・ご飯 1膳分

・塩 少々

【作り方】

1、新生姜の甘酢漬けと、クリームチーズを食べやすい大きさに切ります。

2、サッと塩茹でした枝豆を鞘から出します。

3、それらをご飯にさっくりと混ぜて…軽く塩を振り、握ったら完成です!

 色合いもキレイなので、インスタにアップして女子力アピールに使ってもいいかもしれませんね!

 そして、おにぎりだけではなく…ちょっとおかずが欲しい場合は“小ネギとベーコンの卵焼き”はいかがでしょうか?

◆お弁当のおかずにも!“小ネギとベーコンの卵焼き”

【材料】

・卵 3個

・小ネギ 5本程

・ベーコン 1枚

・塩 少々

・白だし 大さじ1杯

・サラダ油 少々

【作り方】

1、フライパンでベーコンを両面軽く焦げ目がつくまで焼き、いったん取り出します。

2、卵をボウルに割り、白だしと塩で味を整えます。

3、小ネギを刻み、卵液に投入し、よく混ぜます。

4、フライパンにサラダ油をひき、ベーコンが真ん中にくるように2〜3回に分けてくるくる巻くように焼き上げたら完成です!

 ベーコンの塩気と油分でパンチの効いた味ですが、小ネギでサッパリさせてくれるのでバランスがとれていて美味しいです。ベーコンを明太子に変えてもいいですね。

 このおにぎりと卵焼きを持って秋のピクニックに行くのもいいのではないでしょうか?

 食欲のわかない時でも、このようなお弁当みたいなメニューだと案外食べられちゃったりしますよね。しっかりと食べて残暑を乗り切りましょう!

<文&料理写真/鈴木詩子>

【鈴木詩子(すずきしいこ)】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

関連記事(外部サイト)