12歳でギャラ820万円。ベッカム家の超イケメン次男ってどんな子?

12歳でギャラ820万円。ベッカム家の超イケメン次男ってどんな子?

デビッド・ベッカムの次男ロメオ。※画像はロメオ・ベッカム公式Instagramのスクリーンショット



 元サッカー界の貴公子デビッド・ベッカムと、「スパイス・ガールズ」の元メンバーで最近ではファンションデザイナーとしても活躍しているヴィクトリア・ベッカムの次男ロメオが、16歳の誕生日を迎えた。

 ヴィクトリアは1日(土)、ロメオとのツーショット写真をインスタグラムに投稿し、お祝いの言葉を送った。

 その写真には、「誕生日おめでとう、ロメオ! 今日で16歳になるなんて信じられない! 皆あなたが大好きよ」と綴られている。

 続けて、「ハッピーバースデー×ウィーラブユー」とキャプションをつけ、山積みのプレゼントとたくさんのバルーンの前に座るロメオの写真を加えた。

 一方で、父デビッドも、ロメオの初めてのひげ剃りに手を貸す写真をインスタグラムに投稿し、「自分の子どもが16歳だなんて信じられない…誕生日おめでとう、愛してるよ」とコメントしている。

 セレブな両親のもとに生まれたサラブレッドのロメオ。インスタグラムには、誕生日を祝うサッカーブラジル代表のネイマールや、トップテニス選手のナダルといった一流スポーツ選手の動画を投稿。一方で、友達とうつっている写真もアップし、感謝を伝えている。

 兄のブルックリン・ベッカムは、イケメンだけどなんだかパッとしない…との評判もあるが、ロメオは早くからいろいろな才能を開花させているようだ。

 父と同じくサッカーをやっていた時期もあったようだが、むしろテニスに興味を持ったロメオは、早くからテニスプレーヤーとしての英才教育を受けていたという。世界チャンピオンのアンディ・マレーといった超一流選手からレッスンを受け、その才能を絶賛されているそうだ。

 また、兄のブルックリン、弟のクルース、妹のハーパーにくらべ、とにかくファッションに対する意識が高いと言われているのがロメオだ。ファッションデザイナーである母ヴィクトリアは以前、「ロメオは私と一緒に働きたがり、コレクションにも興味津々」と語っていた。

 そんなファッションへの関心が高いロメオ。なんと10歳で、あの超有名ブランド「バーバリー」の2013年春・夏キャンペーンでモデルデビューを果たしている。さらに12歳のときには、同じくバーバリーの2014年クリスマスキャンペーンフィルムに主役として登場。

 ロンドンの街を背景に、ロメオがカップルにギフトを運び届けるという設定のそのショートフィルムが公開されると、たちまち「なんて美しいんだ!」と話題に。

 バーバリーがショートフィルムの出演料として、ロメオに支払ったギャラは約820万円との噂も。12歳の子供にそれだけ高額なギャラが支払われるなんて不満の声も上がりそうだが、ロメオの宣伝効果でバーバリーの売り上げが増大したというから、ブランド側としては大満足だろう。

 16歳にしてすでに大物感たっぷりのロメオ。すさまじいスター性を持った両親を持ちながらも、世間からは「両親を超える逸材」なんて声もあがっているというから、これからがますます楽しみだ。

 ところで、末っ子のハーパーちゃんが7歳の誕生日を迎えたときには、ケタ違いのプレゼントを贈り話題になっていたベッカム夫妻。16歳になったロメオ君には何を贈ったのか気になるところだ。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

関連記事(外部サイト)