「30過ぎてまだ独身?」帰省中に会った元ヤン夫婦からのディスに意外な人物が反撃

「30過ぎてまだ独身?」帰省中に会った元ヤン夫婦からのディスに意外な人物が反撃

記事画像



「盆と正月といえば帰省する」という日本の風習。

 楽しみにしている人もいる一方で、早くこの風習がなくなってほしいと願っている人もいるようで…。

◆30歳を過ぎて独身だと帰りづらい片田舎の雰囲気

 R子さん(33)の実家は、ギリギリ関東地方ではあるものの決して都会とは言えない片田舎にあるのだそう。その地域は三十路を越えて独身だと、何となく近所からも後ろ指をさされヒソヒソされることも多い土地柄。

 現在、独身でWEBデザイナーとして忙しい日々を送るR子さんは、実家に帰ることが本当に憂鬱でならないとか。

「妹が先に結婚したこともあって、家族の中でも非常に肩身がせまいんですよ。外に出れば出たで『ご結婚はまだなの?』なんてご近所さんに露骨に聞かれるし。

 なので、20代の頃はお盆と正月の2回は帰っていましたけど、今じゃ正月にすら帰らない年もあるくらいです」

 それでも、まったくの没交渉というわけにもいかず、R子さんは去年の正月は帰省し、決して居心地が良いとはいえない中で過ごしていたそうです。

「家の中にずっと居ても親戚の子どもたちにお年玉をゆすられるばかりで良いことないんで、初もうでに行くことにしました。向かったのは地元の神社で、中学生の時はよく浴衣を着てお祭りデートなんてカワイイことをやっていた、思い出の場所です」

 時が経っても変わることなく、静かに清らかに佇む神社に、R子さんは安らぎを覚えたといいます。しかし、お参りをして帰ろうとしたその時、その静寂を破る大きな声と下品な笑い声が神社の境内にこだましました。

◆「30過ぎてまだ独身?」元ヤン夫婦からのディス

「そこにいたのは、中学時代の同級生カップルでした。当時からあまり素行が良いとは言えなかった2人で、17歳くらいでデキ婚をしたと噂になっていました。

 とはいえ、この田舎では独身のままの私よりは子どもがいるだけえらいというか……周囲の視線はそんなに厳しいものでは無かったです」

 同級生カップルは、だいぶ大きな中学生くらいの男の子を筆頭に、小学校低学年くらいの女の子に3歳くらいの男の子、さらに腕に生まれたばかりであろう赤ちゃんも抱いていたそうです。

「計4人の子だくさん一家でした。私はスルーして帰ろうとしたのですが、向こうから『やだ〜R子じゃん』と声を掛けられてしまったんです。一人でお参りに来ていた私を見て2人はニヤニヤとした笑みを浮かべ、からんできました」

「今、何してるの?」「どこ住んでるの?」という質問に適当に答えていたR子さん。しかし、2人の本命の質問はもちろん「まだ独身?」でした。

 独り身であることを素直に告げたR子さんに対し、同級生カップルは「うわ〜孤独死決定じゃん」「今から婚活しても子ども産めるかわかんねーよな」など、侮蔑的な言葉をぶつけてきました。

 相手にするのも面倒だと、無視して帰ろうとしたR子さんでしたが、背中で柏手(かしわで)を打つ音が響きハッとしたそうです。

◆元ヤン夫婦の長男のお参りの言葉にスッキリ

「同級生カップルの長男らしい男の子がひとりでお参りをしていたのです。そして大きな声で『兄妹たちが、中卒で仕事もしてないのにデキ婚するようなバカにはなりませんように』と言いながら神社に拝んでいたのです」

 その言葉を聞いた同級生カップルは顔を真っ赤にして、子どもたちを引きずって神社を出ていったとか。怒り心頭だった2人は、きっとあの後で長男を叱りつけるかもしれないけれど、R子さんの心は晴れ晴れとしていたといいます。

「意外ではあるけれど、あの2人が育てたにしてはかなりいい子ですよね(笑)。でも、これからの彼の人生に、あの親が妨げにならないことを心から祈っています」

 R子さんはもう一度お参りをし、「あの子がこれからも健やかに育ちますように」と願ったそう。

 でも、今年の帰省では同級生カップルに遭遇しないようにしたと苦笑いしながらも、あの長男がどう成長しているのかだけは気になったそうです。

―年末年始のトンデモエピソード―

<文/もちづき千代子 イラスト/ただりえこ>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

関連記事(外部サイト)