2018年“ヒドい炎上”ワースト10。上沼恵美子へのM-1暴言事件は2位

2018年“ヒドい炎上”ワースト10。上沼恵美子へのM-1暴言事件は2位

『M-1ク?ランフ?リ2017』(よしもとミュージックエンタテインメント)



 そろそろ2018年が終了。今年も年始から様々なニュースに驚かされました。その中でもとくに世間の人が「ヤバかった〜」と思ったニュースとは? 30〜40代女性200名を対象に、「今年一番ひどかった炎上」を調査しました(※)。

=========

今年一番ひどかったと思う炎上ニュースは何ですか?(複数回答)

10位 横山だいすけ(だいすけお兄さん)が歌った『あたしおかあさんだから』という歌の歌詞が炎上 8.5%

9位 TSUTAYAのアルバイト店員が、韓国のアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の悪口を客が言っているのを聞き、「名前から性癖まで暴露可能」とツイート。逆に店員の個人情報が特定され、通っている大学に爆破予告が届くほどの騒ぎになった 9%

8位 杉田水脈衆院議員が『新潮45』(新潮社)に寄稿した「LGBTは生産性がない」という文章が問題視されている中、同誌が「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という後追い記事を掲載。反発はさらに強まり、休刊を発表した 13.5%

7位 『週刊文春』に不倫疑惑を報じられた小室哲哉氏が引退を表明したため同誌に批判が続出 16.5%

6位 「リップスライム」SUの不倫相手であるモデルの江夏詩織が、自身のSNSに不倫を匂わせた発言や写真を投稿 17.5%

5位 ドルチェ&ガッバーナがアジア系モデルが箸でピザを食べるPR動画を公開。「差別」との声に対し同デザイナーが「中国はクソの国」とSNSで発言し、中国で開催予定だったショーが中止となった 18.5%

4位 米ユーチューバーが青木ヶ原樹海で自殺した人の遺体を撮影してYouTubeにアップ 22%

=========

 10位は2月に起こった歌詞炎上騒動。動画配信サイト「Hulu」で同月2日に放送されると、「あたしおかあさんだから あたしよりあなたのことばかり」などの歌詞に対し、子を持つ母親から「『自分を投げ打つのが当然』って呪いのメッセージ」などと批判が続出しました。

 作詞を担当した絵本作家ののぶみさんは、「これはママお疲れさまの応援歌」と説明。それでも批判はおさまらず、後にツイッターで謝罪。歌唱を担当した横山もブログで謝罪しました。結局、この歌唱映像は配信停止に。うたのお兄さんを卒業し本格的に芸能界に参入した横山にとって痛い年となりました。

 7位は、4000件を越す苦情が殺到した、あの騒動です。

 今年1月、『文春』が音楽プロデューサーの小室哲哉氏が女性看護師と逢瀬をかわしていると報道しました。小室氏は事実を否定しましたが、誤解を招いた責任を取って引退。

 これに世間は激怒し、文春の公式ツイッターには「廃刊しろ」「他人の不幸で食べるご飯は美味しいですか」などの声が殺到しました。2016年のベッキーの不倫騒動以降イケイケドンドンだったため、出る杭は打たれる格好に。

 無名モデルの江夏が6位に入りました。事の発端は2017年4月、「リップスライム」SUと江夏の不倫を「フライデー」がスクープ。SUと大塚愛は今年11月に離婚を発表しましたが、同時に江夏の嫌がらせも発覚。ピンポンダッシュ、無言電話など大塚の子どもも恐怖に陥れるようなものでした。

 以前から江夏は「リップが売ってない」などのツイートや、雑誌のインタビューで「趣味はスライム作り」と“匂わせ”発言をしたり、二人の離婚発表前日にSUと同じメガネをかけ大塚の公式HP写真を意識したような写真をインスタに投稿したりとイタい行動を連発。これには「ホラーすぎる」と世間もドン引きし、江夏のインスタは「不潔なドブネズミ」などの罵詈雑言であふれています。

◆3位 「防弾少年団」のメンバーが原爆の絵が描かれたTシャツを着ていたことが騒動に発展 24%

 今年9月、K-POP史上初の全米音楽チャート1位を獲得し全世界から注目されているアイドルグループ「防弾少年団」(BTS)。そのメンバーの一人が、「キノコ雲」が描かれたTシャツを過去に着ていたことが11月に発覚しました。これにより9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演は急きょ見送られ、確実視されていた『紅白』もボツに。

 さらに同じ頃、ナチスをモチーフにしたようなステージ衣装を着用していたことについてもユダヤ人団体から指摘を受けることになり、二重で謝罪することとなりました。世界的スターとなった今後は、着るものにも気をつける必要がありそうです。

◆2位 「とろサーモン」久保田かずのぶ、「スーパーマラドーナ」武智が上沼恵美子を罵倒 26.5%

 12月の恒例番組である『M-1グランプリ』放送後、酔っ払った久保田と武智がインスタライブを開始。審査員である上沼恵美子に対し「自分の感情だけで審査するな」「更年期障害」などと暴言を吐き大炎上しました。

 とくに「更年期障害」という言葉は女性蔑視と問題視され、これらの騒動を受けてとろサーモンは出身地・宮崎の県知事選のキャラクターを解任されるまでになりました。

 報道が加熱する中、上沼が「興味ない」と一蹴し事態は収束。懐の深さを見せつけた上沼ですが“西の女帝”にキバをむいた、久保田と武智の今後は…。

◆1位 日大アメフト部の悪質タックル 36.5%

 今年5月、日大アメフト部の部員が対戦相手に対し悪質なタックルをしケガをさせた問題で、監督とコーチがそれを指示していたことが大きく取り上げられました。

 タックルをした部員は、数日前から練習を外されたりアメフト日本代表を辞退するよう監督から指示されるなどしており、試合前日にはコーチから「相手を1プレー目で潰せば試合に出してやる」と言われたと会見で説明。焦燥感から“禁忌”を犯すことを決意し、監督からは「やらなきゃ意味ないよ」と言われたことを明かしました。

 監督とコーチは「全力でやれという意味」と否定しましたが、最終的には辞任。日大は今年のシーズン終了まで公式戦出場停止処分となっています。

 11位(8%)には若手俳優の夏目雄大が「ブスに人権はない」とツイッターに書き込んでいたことが発覚し事務所を解雇された件がランクイン。

 同じ容姿差別でいえば、花王のシャンプー「エッセンシャル」が「ちょうどいいブス」という内容の動画を公開し、それを同社がツイッターでつぶやいたところ炎上するという騒動が12位(7.5%)となりました。

 にもかかわらず、12月になって、またもドラマ『ちょうどいいブスのススメ』(読売テレビ・日本テレビ系列)が1月から放送予定と発表され、非難轟々(ひなんごうごう)。これではマズイと思ったのか、タイトルを『人生が楽しくなる幸せの法則』に変更することにしたそうですが、番組コンセプトや中身はそのまま…そんな小手先の話なのでしょうか。

 一方、世間からも「こんなことで!?」と同情されたのが15位(5.5%)の石田ゆり子。お店で常に何か言ってくる店員について「距離を保つのも必要と思う」とインスタに投稿したところ、「接客業をバカにしている」と批判されました。人気稼業もツライものです。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2018年12月14日〜15日

有効回答者数:30才から49才 女性200名

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

関連記事(外部サイト)