新発売“カラダにいいラーメン”を食べて絶句…この“麺”は一体何?

新発売“カラダにいいラーメン”を食べて絶句…この“麺”は一体何?

うーん、やっぱりこの“麺”か……



 衝撃の一杯。

 2018年も本当にたくさんのものを食べてまいりました。一番おいしかったものはなんだろう? と考えていた時、その概念を破壊するような、そんな食べ物の存在を思い出しました。今回はそんな話です。

 今年の新春、「パスタは太る」というイメージを一新するような新星が現れました。その名は、『BASE PASTA(ベースフード株式会社)』。というパスタ。「1日に必要な栄養素の1/3をすべて含む」というコンセプトで作られたヘルシーフードで、@かんたんAおいしいBからだにいい、の3つを重視した完全食なんだとか。これについては発売後すぐに試食し、感想をレポートさせていただきました。

※参考記事 スタバ初の“お弁当”は食べてガッカリ。“完全栄養パスタ”ほかオシャレフードを実食検証!

 そして次に同社から発売されたのが、「BASE PASTA(ベースラーメン)」。これが今回の主役です。「ラーメンは体に悪い」というネガティブ感を払拭する新商品で、“煮干しラーメン”で有名な「ラーメン凪」とのコラボラーメン。私が凪ファンだということもあり、期待感高めで実食することにしたのです。

◆「おためしセット」を注文して、最初の驚きが

 発売前からおためしセットを予約注文し、届いたのがコチラ。

 箱を開けてすぐに、「えっ、これ、正しいの?」と不安に駆られてしまいました。パッケージを見ると、ラーメンというネーミングはなく、「ベース“パスタ”」、「スパゲッティ」という文字が。

 ここですでに、奈落の底に落とされた私。冷静になって商品確認をしたところ、メーカー広報いわく、「パスタの麺と同じものを使用している」とのことでした。おいしく食べるためには、モチベーションも大事だと考える私は、パッケージの重要性について考えさせられた瞬間でした。

 さてさて、気分を取り直し、調理スタート。付属のスープは、煮干ししょうゆ味と豚骨味の2種。もちろん煮干しの方を作ってみることにしました。

◆調理は簡単。でも、具はゼロなので補強しよう

 麺とスープ以外は一切ついていないため、しょうゆラーメンを彩る具材を、すべてスーパーで調達することに。チャーシュー、メンマ、味付け卵、青ねぎ、なるとの5品を集めました。調理工程としては、実に簡単。お湯を注いだスープに1分茹でた麺を入れ、煮干し粉をふりかけ、具材を乗せるだけ。はい、すぐに出来上がりです。

 冷めないうちにいただきました。うーん、やっぱりこの“麺”か……。頭の中が混乱する“あの体験”が再来してしまったのです。これぞ、ベースパスタを試食した時の感情とほぼ同じ。「おいしい」という自分の感覚(味覚・触覚・感情)を疑ってしまいました。スープが原因ではありません。麺との向き合い方に混乱をきたしてしまったのです。

「おいしい」という感覚は人によって個人差があるでしょうし、世の中においしくないものはそうそうないと思って生きている私ですが、私が持つ「おいしいラーメン」の条件には、どうしても入りませんでした。本当にごめんなさい! とにかく麺の色(田舎そばに近い茶灰色)、食感(ボソボソ)、長さ(短め)など、すべてをポジティブに受け入れることができませんでした。

 もちろん、食べる人が変われば、このラーメンを「おいしい」と言う人もいるはずです。また、時間・空間が制限された環境下では重宝するかもしれないとか、様々な想像もするようになりました。ということで、私の食への探求は、まだまだ未熟! 2019年も頑張っていこうと決心させてくれたベースラーメンに感謝しています。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が11月15日に発売。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連記事(外部サイト)