バイキングの「太らない食べ方」5つ。甘いものはいつ食べるのが正解?

バイキングの「太らない食べ方」5つ。甘いものはいつ食べるのが正解?

Dデザートは「途中」で楽しむ



 ちょっとのコツで、太らない。

 皆さん、「ホテルビュッフェ」はお好きですか? 好きなものを好きなだけ楽しめる魅力は、“食べる喜び”をしっかり満たしてくれることでしょう。でも、食べた翌日に乗る体重計もまた恐ろしいですよね。思いっきり美食を楽しむことに、「あー、また食べ過ぎた」という罪悪感はつきものなのでしょうか?

 いえいえ、そんなことはありません! そこで今回は、「ホテルバイキングで太らない食べ方の簡単コツ」を5つ厳選してご紹介したいと思います。

◆(1)「塩分」の強いものから食べない

 例えば、ビュッフェで華やかな存在を放つ「蟹(カニ)」。ヘルシーそうだし、どんなに食べても大丈夫と思っていませんか? 確かに高たんぱく質低カロリーであることは間違いありませんが、食べ過ぎると、「塩分の摂りすぎ」になってしまうリスクが。そもそも“美味しいと感じる適度な塩分”は、食欲を増進させる効果がありますし、過剰な塩分摂取は味覚を鈍化させ、「もっと食べないと満足できない」状態に陥る危険性があると言われています。薄味かつヘルシーなメニュー(蒸し物・生モノなど)から始めるのがよいでしょう。

◆(2)噛みごたえのあるメニューを楽しむ

“おなかいっぱい”と感じるためには、「満腹中枢が適切に刺激されること」が重要となります。これは具体的に言うと、胃に食物がある程度入ったり、血糖値が上がること。時間で言うと15分〜20分以降と言われています。つまり、この時間をどう迎えるかが重要で、よく噛むことで、@早食いを防ぐA唾液に含まれる酵素により血糖値が上がる(≒満腹中枢を早く刺激してくれる)ことに。結果、よく噛むことで食べ過ぎることなく満腹になるのです。

◆(3)冷菜より、温菜

 温かいスープを飲んだ時の“ほっと安らぐ感覚”。これは誰しも経験しているのではないでしょうか。そうです、温かい食事は胃腸を温め、癒しと満足感をもたらせてくれます。また、冷たいものに比べてゆっくり食べることにもつながり、早食い防止効果も。ヘルシーに冷サラダから、と考えている人は、温サラダや温スープに切り替えてみてください。

◆(4)「太りにくい主食」を知る

 寿司、パスタ、チャーハン、焼きそば、汁そば……。贅沢なビュッフェに行くと、主食のバリエーションに驚かされるでしょう。太らない食べ方を考える上で最も重要なのが、この“主食選び”。まず、ヘルシーそうに思える「寿司」は要注意です。寿司7貫でごはん茶碗1杯分の白米を食べたことになり、血糖値が上がりやすい主食とも言えます。一方、「油」を使って調理されたチャーハンやパスタは、量を考えて食べれば、血糖値が急上昇しにくいので、ダイエット向きと考えることができます。

◆(5)デザートは「途中」で楽しむ

 ビュッフェのシメとして君臨するのが、「デザート」。この時点でたとえ満腹状態であっても、大好きなスイーツを目にした場合、その興奮が脳を刺激して胃腸が動き出す現象が起こるんだそう。つまり、甘いモノ好きにとって、“甘いものは別腹”というのは本当なのです。これを防ぐべく、スイーツタイムは食事の最後ではなく、“途中”で作るようにしてみましょう。至福感を早く感じることができ、食べる全体量をセーブすることにつながります。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が11月15日に発売。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連記事(外部サイト)