年末に“派遣切り”されたアパレル女性。金欠なのに15kg激太りしたワケ

年末に“派遣切り”されたアパレル女性。金欠なのに15kg激太りしたワケ

記事画像



 1年を振り返ったり、大掃除をしたりしながらゆったり過ごしたい年の瀬。今回は、年末に起きた衝撃のできごとを2つご紹介します。

◆年末、突然の派遣切り。金欠で「もやし生活」に…

「女友達が年末に、目の前でドン底へ落ちていったんです」と語るのは知穂さん(28歳・仮名)。その女友達は優子さん(28歳・仮名)といい、もともとアパレル業界で派遣としてショップ店員をしていたそうです。

「ある日優子から電話があって、派遣契約を突然解消されてしまい、無職のまま年を越すことになったと報告がありました。もともと給料もそれほど高くなく貯金もない子だったので、無職で金欠のどん底生活がスタートしたんです。とりあえず、もやしをメインに節約しながら食いつなぐと言っていたのですが……本人なりにもやしを胡麻和えにしたり中華風の味付けで炒めたり、レシピを工夫してみたようでした」

 どう考えても栄養失調になりそうな食生活。1ヶ月後、優子さんに会った知穂さんは、友人のやつれきった姿をみてこれはマズイ! と思ったそうです。心配になりアルバイト求人情報誌を一緒に見ながらなんとか生活の立て直しを考えることに。

「求人情報を調べた結果、働くならまかないの出るお弁当屋さんがいいんじゃないかという話になりました。友人の生活の状況をアルバイト先が知れば、余ったお惣菜をご厚意でもらえるのではと考えて。その後優子は無事に面接を終えて、ひとまずお弁当屋さんでアルバイトとして働くことになりました」

◆栄養失調から脱したものの、今度は激太り!

 新しいアルバイトが決まってからしばらく経ち、優子さんから「相談がある」と連絡を受けて会うことになった知穂さん。しばらくぶりの友人の姿にびっくりしたそうです。

「体型が激変していたんです。優子は前回会ったときと同じワンピースを着ていたんですが……ふんわりゆとりのあるおしゃれなデザインだったはずなのに、同じ服が今回はパツパツで、ポッコリお腹が出ていたので驚きました。

 話を聞いたら、バイト先のお弁当屋さんがくれるお惣菜のおかげで15kg太っちゃったって言うんです! ほぼもやしだけのドン底極貧生活から『食べられるときに食べよう』という意識がついてしまい、とにかくもらえるお惣菜を食べまくったらしく……もともとアパレル業界で働いていただけありモデル体型でスリムな子だったのですが、完全に別人の姿になっていました」

 体型を見て、てっきりダイエットの相談をされると思った知穂さん。ですが友人の相談というのは、仕事についてでした。

「友人から『お金も貯まってきたからアパレルの採用面接を受けたんだけど、面接官にその体型だとうちのブランドで働いて貰うのは難しいって断られちゃった(泣)』と話があったんです。せっかくなんとか生活を立て直そうとしていたところで、キツい体験だったと涙ながらに語っていました」

 ひとしきり話した後「ジムで働いたら痩せるかな」と言っていた友人にたくましさを感じつつも、「バイトに体型を委(ゆだ)ねてないで、痩せたいならジョギングするなり、自分で努力しなさい!」とツッコミを入れた知穂さんでした。

◆クリスマスの怪物!? 自宅のベランダに不審者が

 皆さんは今年のクリスマスをどんな風に過ごしましたか? 次のトンデモエピソードは、数年前に交際3カ月の彼氏とラブラブだったと話す真由さん(30歳・仮名)による、クリスマスの“恐怖体験”です。

「クリスマスには彼氏とデートに行く予定だったのですが、当日になって彼氏から仕事で行けなくなったと電話がきて、急きょキャンセルになってしまったんです。私は当時一人暮らしだったので、クリスマスなのに一人で過ごすんだ……とがっかりしました」

 自宅でTVを観つつしょんぼり過ごしていた真由さん。夜11時頃になり、ベランダからなにやら物音がしたそうです。

「アパートの1階に住んでいたので、不審者!? もしかして泥棒!? と思って、とりあえず武器になりそうな殺虫スプレーのゴ○ジェットを持ってベランダに近づきました。一気に窓を開けてベランダを覗くと、なんと暗い中に男の人の影が! キャー!! と叫んでゴ○ジェットを吹きかけたんですが……」

 その人物は、よくよく見たら真由さんの彼氏だったそうです。しかも、陽気なサンタクロースの格好をしていました。彼氏はスプレー攻撃に怒り心頭。

「せっかく喜ばせようと思ってサプライズしたのに、ゴ○ジェットを吹きかけるなんて失礼な奴だな!! もう別れる!!」

 と、突然の別れ話になってしまったそうです。何が何やらわからないうちにフラれてしまった真由さんは、当時のことをこのように振り返ります。

「サプライズは構わないですけど、ベランダから来るってどう考えても不審者ですよ! サンタコスなんて真っ暗で見えないし、帽子と髭で顔も隠れてるから! それで喜んでもらえず攻撃されたからって怒られても……。

 というか、仕事終わりにわざわざサンタコスプレに着替えてサプライズを仕掛ける暇があったら、遅い時間からでもイルミネーションを観たりディナーを食べたり普通のデートしようよって思いました。結果的には彼の空回りなところもあったし別れて正解だったかも(笑)」

 上手くいけばとても喜んでもらえるサプライズですが、驚かせる“程度”には気をつけないといけませんね。

―年末年始のトンデモエピソード vol.3―

<文/大庭スミ イラスト/ただりえこ>

【大庭スミ】

ライター、ソーシャルワーカー。メンタルについて相談を受けることも多い。https://mobile.twitter.com/sumi19191

関連記事(外部サイト)