LINEから普通の電話にタダ同然でかけられる。得するスマホの裏技集

LINEから普通の電話にタダ同然でかけられる。得するスマホの裏技集

プリペイドで通話クレジットを購入して利用するLINE Out。格安SIMからかける場合はSMS機能が必須となる



 昔に覚えた知識をそのまま引きずりがちなスマホ。その機能は日々進化を続けている。平成が終わる前に最新知識にアップデート!

 デジタル系ライターの小暮ひさのり氏に裏技を教えてもらった。

◆「LINE Out」で通話料金をほぼタダに

 次々と新たなサービスに手を広げているLINEを、単なるメッセンジャーアプリとしてしか使わないのは、もったいないかぎり。

「直近では『LINEほけん』がスタート。一日300円のゴルフ保険や一日500円の登山保険など、ちょっとした安心を買うのにうってつけ。アプリ上での簡単な手続きだけで加入できる手軽さはLINEならでは」(小暮氏・以下同)

 数あるLINEのサービスの中でも、小暮氏が日常的に愛用するのが有料通話「LINE Out」。

「LINEといえばトーク内の無料通話が有名ですが、LINE Outは相手を選ばず普通の電話のように使えるうえ、通話料金が格安。固定電話への通話は大手キャリアやMVNOの10分の1以下(3円/分)で、200円あれば、たっぷり1時間分話せます」

 小暮氏の場合、家族や友人への通話はトーク内の無料通話で行い、それ以外の通話はLINEOutにおまかせ。このコンボで「月々の通話料金200円未満」を実現しているという。

◆忘年会・新年会で役立つLINEの「日程調整」

 メッセンジャーとしてのLINEにも便利な機能が多々あるが、目立たない場所にあるため、存在を知られていないこともしばしば。

「トーク画面のメニューにある『日程調整』機能は、いわゆる『調整さん』のような出欠管理ツールで、いまの時期の飲み会設定に重宝します。知らない人が意外と多いので、この機会にぜひお試しを」

◆格安SIMユーザーは「Yahoo!防災」に頼れ

 立て続けに大きな災害が起き、防災の重要さを再認識した’18年。

「大手キャリアのスマホは、標準で緊急速報機能を備えていますが、格安SIM(SIMフリースマホ)の利用者にはきちんと情報が届かないのではないかという不安がありました。その不安を解消するのが『Yahoo!防災』。地震速報はもちろん、ミサイル発射情報のときも標準の緊急速報から約3秒遅れと、ほぼタイムラグがありません。他にもYahoo!のアプリは完成度が高いものが多く、侮れない。『Yahoo!カーナビ』もグーグルマップ以上に使いやすく、ドライバー必携です」

【小暮ひさのり氏】

デジタル系ライター

パソコン誌をはじめ、ギズモード・ジャパン、まぐまぐニュース、SIM道場ほかに現行を執筆中。

―知らなきゃ損する[スマホの裏技]―

関連記事(外部サイト)