憧れブランド「福袋」の残念すぎる中身…。失敗しない3つのコツとは?

憧れブランド「福袋」の残念すぎる中身…。失敗しない3つのコツとは?

記事画像



 スタイリスト&ファッションライターの角侑子(すみゆうこ)です。年末年始といえば、バーゲンに初売り。そして……福袋! 福袋なんて、当たりより外ればかりが多いものと分かっているのに、あの赤い文字に白いフォントででかでかと「福袋!」と書かれたポップを見るとつい、立ち寄ってしまいます。謎の誘発性でもあるのでしょうか。

 でも、どんなに興味を持っても、「失敗しても欲しい!」と思えないなら私はお財布を開けないと誓いを立てています。なぜかって? そりゃもちろん、福袋で失敗した経験があるからですよ……!(涙)今回は、毒にも薬にもならない私の福袋にまつわる失敗談をご紹介しましょう。

◆憧れブランドの福袋に裏切られた……17歳の冬

 高校時代、憧れだったアパレルブランドは「LISLISA(リズリサ)」。ちょうど良い大人っぽさと、可愛らしさが相まったガーリーなデザインのLISLISAの服は、当時の中高生にとって夢中になれる存在でした。もちろん高校生からすればLISLISAの服はそう何着も買えるようなものではありません。そこで私は年明けにもらえるお年玉を狙ってLISLISAで福袋を買うことに決めました。

 大好きなブランドの服が一気に何着も手に入る! 渋谷109の階段と化したエスカレーターを駆け上がり、悩みに悩んで選び抜いた1個を手にした時は本当にうれしかった。あれは今思い出しても良い思い出です。あんなに福袋で興奮したのはあの時だけだったかもしれません。家に帰り、恍惚(こうこつ)に浸りながら福袋を開けて1着目に手にしたのが……らくだ色のコーデュロイパンツ。

 キャメルとかじゃないです、もうあれは“らくだ色”。しかもコーデュロイ、しかもフリーサイズと書いてあるのに完全にXSサイズのスキニー。見た目は、「もも引き」って感じでしたね。一応履いてみたら印象が変わるかな? と思って試着するものの、Mサイズの太い足にXSのパンツは入るわけもなく膝小僧まで履いて、そっと脱ぎました。

 LISLISAといえば、花柄のワンピースとか、白のオフホワイトニットとか優しい色の可愛いアイテムがウリなんですよ。それなのに、福袋に入っていたのは明らかに売れ残りと思われる、らくだ色のパンツ。「裏切られたぁー……」と思いました。他にもいくつかアイテムが入っていたのですが、めぼしいものはなかったと記憶しています。それ以降、どんなに大好きでも、高いブランドの服でも福袋は、福袋なのだと悟りました。

◆福袋での失敗を防ぐ3箇条とは?

 でも、福袋ショックの傷が癒えた頃には、また福袋を求めてしまうのですよね。もし、過去のあなたが私と同じような福袋で失敗した経験がおありなら、ぜひ次に福袋をゲットする前に以下のようなポイントを意識して購入すると良いでしょう。

1.元旦を避け、2日以降に行く

2.全ての商品に期待を寄せない

3.絶対に失敗したくないなら、食品福袋か家電福袋

 反則的ではありますが1日に購入した人がSNSで福袋の中身を公開していないかチェックしてから買うと確実に失敗は減ります。どんなラインナップなのかを知ることで、お金をかける価値があるのか判断できます。

 また、全ての商品におトクを期待すると、それだけに余計がっかりします。福袋の中に1点だけでも使えるアイテムがあれば、当たり! と、捉(とら)えておく心持ちも大切です。服や小物など身につけるものは失敗しやすいので、絶対に失敗したくない方は、服飾は諦めて。代わりに食品もしくは家電福袋を。食品ならよほど食べられないものは入っていないでしょうし、家電も使わなければフリマアプリで売ってしまえばOK。

 福袋は、失敗をしないことに越したことはありません。でも、それ以上に大事なのは失敗すらも楽しめる覚悟があるかどうか。最悪、使わなければ売れば良いのですから。ぜひ、2019年最初のお買い物は福袋で運試しをしてみてはいかがでしょう?

<文&イラスト/角 侑子(すみゆうこ)>

【角 侑子】

【すみゆうこ】ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)