スカートもトップスもすべて大き目で。“スタイリングの教科書”から外れてみて

スカートもトップスもすべて大き目で。“スタイリングの教科書”から外れてみて

ビッグシルエットがトレンドの今、コーディネートはどう変わる? ※画像:WEAR



【モードをリアルに着る! Vol.62/小林直子】

 トレンドとはシルエットの変化です。現在は2000年ごろのタイトシルエットに比較して大きなシルエット、つまりビッグシルエットになりました。

 すると変わってくるのはまず素材、装飾、そしてもちろんコーディネートです。

 よく売られているスタイリングの本には、大き目のコートやジャケットにはタイトなボトム、ワイドパンツや生地をたくさん使ったボリューム感のあるロングスカートにはタイトなトップスを合わせようと書いてあります。

 しかしシルエットが変わってしまうと、必ずしもそれが正しいというわけではなくなります。それがファッションの面白さでもあり、なかなか理解されにくい面でもあります。

◆カルバン・クラインを去るラフ・シモンズのルックは教科書外

 2018年も、もう終わろうというころになって、カルバン・クラインのチーフクリエイティブオフィサーであったラフ・シモンズがカルバン・クラインを去るとの発表がありました。

 最近、元気がなかったカルバン・クラインを復活させたのみでなく、評判もよかったので残念ですが、最後のコレクションとなった2018年秋冬より、「これまではこういうコーディネートはしなかったけれども、これからはこうするのが格好いいよ」と、ラフ・シモンズが提案している印象的なルックを紹介いたします。

 フロアスウィーピングスカート、つまり床掃除スカートと呼ばれている、まるで道路や床を掃除して歩いているようなロングスカートを、チャンキーセーターと呼ばれる、ずんぐりした大き目のセーターに、まるでお父さんから借りたようなオーバーサイズのコート、そしてシルバーの消防士風手袋に合わせています。

 今の気分を表現したこのルックは、スカートもセーターもコートもすべて大き目で、スタイリングの教科書から言ったら、大きくバツがつけられそうですが、これが今のモードです。

 ロングスカートの上に何を羽織るかというときに、ショート丈を合わせるのがバランスがいいと多くのスタイリングの教科書には書いてあるでしょうけれども、全体をビッグシルエットにしたい今なら、こんなふうにミドル丈またはロング丈のコートの下からスカートの裾が出ても全く問題ありません。

 このアメリカ開拓時代風のスカートは色も素材も軽やかで、真冬の重たい感じはありません。太い糸で編んだローゲージのセーターに、やはり重い素材のコート、そしてこの真冬らしくない明るさと軽さを持つロングスカートの組み合わせに新鮮さがあります。

◆軽やかな素材のロングスカートやワンピースで

 私たちがこのルックを真似る場合にも、シルクやコットン、ポリエステルの軽やかな素材のロングスカートを合わせればいいでしょう。ロングスカートですから中にはタイツでもブーツでも合わせられますので、必ずしも分厚い素材である必要はありません。

 今年の春夏はロングスカートをはいている人もかなりいたと思いますから、その中で今の時期でもはけそうなスカートを引っ張り出してはくのもいいでしょう。ロングスカートではなくてもロングのワンピースでももちろんOKです。

◆オーバーサイズのものを重ねていくのがスタイルのポイント

 ロングスカートが用意できたら、次は合わせるセーターです。これも大き目がやはりお勧めです。腕が長い人の場合はメンズの古着セーターでもいいでしょう。

 最後の仕上げはビッグシルエットのコートです。シルエットが大きいのなら、必ずしもウールである必要はありません。大き目のダウンジャケットでもキルティングのフィールドコートでもいいでしょう。

 とにかくオーバーサイズのものを重ねていくのがこのスタイルの肝です。

◆古いもので集めたら1点新しさを加えて

 これらは新品で入手できなくても、スカートも含めてセーターもコートも、中古または古着屋で手に入るものばかりです。

 ツイードのビッグシルエットのコートなど、80年代、90年代の古着の中にあるでしょうから、古いもので集めても構いません。ただその場合は、このルックのようにどこか1点新しさを加えましょう。

 ステートメントイヤリングと呼ばれる大き目のイヤリングでもいいですし、全体にマットな素材でまとまってしまったら、スパンコールやビーズなど、光る素材が使われたバッグや、エナメルのシューズを合わせるのもいいでしょう。

◆保守的な人から否定されてもチャレンジしましょう

 ところで、新しいスタイリングは多くの人に見なれないものなので、必ずしもすべての人からおしゃれだと思われるとは限りません。

 今、大人気のアレッサンドロ・ミケーレのグッチでさえ、最初はキワモノ扱いで、おしゃれだと認識されるまで時間がかかりました。ですからこのスタイルで出かけても、流行にうとい保守的な人からは「おしゃれではない」と言われることもあるでしょう。

 しかし、そんなことは気にせず突破するのがモード好きです。「今にみんなも真似するようになるわよ」ぐらいの気持ちで、果敢に新しいスタイリングにチャレンジしましょう。

<文/小林直子>

【小林直子】

ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に

関連記事(外部サイト)