元貴乃花は2位。2018年の離婚“おどろいた”ランキング

元貴乃花は2位。2018年の離婚“おどろいた”ランキング

貴乃花



 結婚ラッシュだった2018年の芸能界ですが、その一方で離婚を決断した夫婦もたくさんいました。

 中でも最もインパクトのあった離婚はどの夫婦だったのか? 女子SPA!では、30〜40代の女性にアンケートを実施し、「2018年で驚いた芸能人の離婚」について回答を求めました(※)。

=========

2018年で驚いた芸能人の離婚は?(複数回答)

10位 西村和彦と書家の國重友美 9%

9位 貴乃花の長男・花田優一氏と一般女性 10%

8位 フィギュアスケート鈴木明子と一般男性 10.5%

同率6位 岡田圭右と岡田祐佳 13%

同率6位 松田龍平と太田莉菜 13%

5位 大塚愛とRIP SLYMEのSU 15%

=========

 8位のプロフィギュアスケーターの鈴木明子選手(33)は、小学校の同級生だった一般男性と結婚するも、1年7ヶ月でスピード離婚。

 鈴木明子選手は幼い頃からスケート漬けで、掃除や洗濯、料理など家事が得意ではなく、さらにタレント、解説者としての仕事が忙しくなり家事の腕を磨く時間が持てなかったことが離婚の原因のひとつだと報道され、ネットでは「なぜ女性ばかりが家事をしなければならないのか」と大きな反響がありました。

 5位の大塚愛(36)とRIP SLYMEのSU(45)には、「やはり…」との声。2017年に、モデルの江夏詩織と不倫が報じられたSU。16年には江夏詩織がSUが不在の時間に大塚愛の自宅を訪れ、大塚が警察に被害届をだしたこともあったと報じられています。

 不倫騒動が原因でRIP SLYMEも活動休止に追い込まれている中、妻である大塚愛のこともないがしろにし続けたというSU。離婚を決断し、大塚愛は娘と2人きりで生きていく道を選んだのかもしれません。

◆4位 渡辺謙と南果歩 16.5%

 2017年、南果歩(54)が乳がんの闘病している時期に、21歳年下のジュエリーデザイナーの女性と不倫していたというスキャンダルを報じられ、謝罪会見を開いた渡辺謙(59)。

 その後の動向に注目が集まっていた大物夫婦ですが、2018年5月17日に離婚を成立させたことを発表しました。

 南果歩は離婚後『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演し、渡辺の不倫報道について聞かれると「心境はないです。もう真っ白でした」「心が動かなくなった」と神妙に語りました。

◆3位 中島美嘉と男子バレーボール元日本代表の清水邦広 27.5%

 2月2日に、3年の結婚生活にピリオドを打った、中島美嘉(34)とバレーボール全日本・清水邦広選手(31)。

 中島美嘉は東京、清水選手は大阪に住んで、遠距離夫婦生活を送っていましたが、「東京と大阪でのそれぞれの生活が多く家族としての時間を作ることが難しかった」と、離婚の理由を述べています。

 月に3〜4回ほどしか会う機会がなかったという2人、やはり夫婦とはいえ離れて暮らしていると、心の距離も離れていってしまうのでしょうか。

◆2位 元貴乃花親方と河野景子 33.5%

 11月28日、「今後はお互い別々の道を歩むことといたしました。2人で話し合い下した決断です」とのコメントと共に離婚を発表した、元貴乃花親方(元横綱)の花田光司さん(46)と元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)。ワイドショーは連日この離婚騒動を報道し大きな話題になりました。

 河野景子は、かつてはフジテレビ・花の三人娘として故・有賀さつきと八木亜希子と共に女子アナブームの火付け役となった人気者。

 結婚生活について「相撲道に全身全霊注いできた貴乃花を間近で見てきた23年間」とコメントしましたが、離婚後は、アナウンサー時代に培ったトークスキルや、タレント性を活かして、テレビや講演会で活躍する姿がたくさん見られるかも?

 ちなみに、二人の長男・花田優一さんの離婚は9位(10%)でしたね。

◆1位 及川光博と檀れい 44.5%

 王子様キャラでデビューし、今ではドラマ「相棒」などで俳優として大ブレイクした及川光博(49)と、かつては「宝塚歌劇団」の娘役のトップとして絶大な人気を集めていた檀れい(47)が11月28日に離婚しました。

「出会いから9年、2011年7月に夫婦となってから7年間、共に学び、支えあい、仲良く過ごしてまいりましたが、互いが仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなくなってしまったのが実情です。共に表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論です」

 とコメントし、離婚調停や慰謝料もなく、円満離婚だと報告しました。2人の間に子供はおらず、人生の再スタートをきったそれぞれの人生に、これからも注目が集まりそうです。

 波乱に満ちた2018年の芸能界。2019年は、どんな出会いと別れが訪れるでしょうか。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2018年12月19日

有効回答者数:30才から49才 女性200名

<文/満知缶子>

関連記事(外部サイト)