月収40万なのに「家賃払えない」と土下座するダメ彼。許しちゃう女性の胸中は…

月収40万なのに「家賃払えない」と土下座するダメ彼。許しちゃう女性の胸中は…

写真はイメージです(以下同じ)

 恋愛とは時に盲目になるものですが、あからさまにヒドい男と付き合っている女性もいます。

 派遣社員と水商売の二足の草鞋(わらじ)を履く聡子さん(仮名・35歳)。夫とは10年前に離婚し、高校生になる息子がいます。昨年、息子が全寮制の高校に入学したため、今は新しくできた彼氏と同棲してるといいます。しかし、この彼氏がなかなかのダメっぷりのようで……。

「3歳年下の彼はよく行く飲食店の店員で、そこで知り合いました。最初の印象はハッキリと物事をいう頼りがいのある人。仕事上、部下をよく飲みに連れて行っている兄貴分のような人だなぁと思いました」

 子供の学費と仕送りのために昼と夜の仕事を掛け持ちをしている聡子さん。彼と一緒に暮らし始めたときは、少しは生活が楽になるかもという淡い期待を抱いたそうです。しかし、現実は思うようにいかなかったようです。

◆食費にお金をかけまくる“金銭感覚ガバ男”だった

「彼は勤務先では幹部なので、お給料も月40万円以上はもらっていると言っていました。掛け持ちしている私よりも稼いでいるはずなのですが、問題は金遣いの荒さなんです。

 安い定食屋とかには絶対に行かず、食事はいつも外食。それも焼肉やお寿司などの高いところばかりなんです。休みの日に私が何か作ろうかと一緒にスーパーに行っても、お刺身とか高いものばかり買うんです。

 彼の話によると、実家が元々外食ばかりだったのでリーズナブルなご飯は食べないとのこと。さらに好き嫌いも多く、お肉は絶対牛肉でお魚も鯛やマグロしか食べません。確かに稼ぎはそこそこですが、食費がかかるためいつも『お金がない!』と言っているんですよね……」

 聡子さんの悩みはそれだけではないようです。

「彼、お酒もすごい飲むんです。彼が言うには一度飲み始めたら泥酔するまで酔いたいそうで、店で寝るのは日常茶飯事、ひどい時は酔っ払って飲み屋で会った人と喧嘩したりと手がつけられない状態になることもあります。その度に飲み屋の人から私に電話がかかってきて、酔っ払った彼を迎えに行って引っ張って帰ります。

 つい最近なんか顔中傷だらけで帰ってきて『どうしたの!?』と聞いたら、『酔っ払って喧嘩したらしいんだけど全然覚えてない』と言う始末。正直、いつ警察のお世話になるんじゃないかとヒヤヒヤしていますよ……」

 さらに彼のダメっぷりはとどまることを知りません。

◆スーツのポケットから出てきた風俗の名刺。お店を調べると…

「そんな金遣いなので、お財布に小銭しか入っていないこともしばしば。同棲するときに家賃は折半にしようと言ったのに『今月はこれしかない! ごめん!』と、土下座されて1万円だけ渡されたこともあります。給料日は1週間前だったはずなのになんで!? と聞くと『給料日にスマホのゲームで10万円課金しちゃった!』との返事が……。」

 もう呆れて何も言えなかったという聡子さん。しかし災難は続きます…。

「もっとひどいのがそんな状態なのでその気になれず全然Hしてなかったら、彼の上着のポケットから風俗の名刺が出てきたんですよ! 思わずお店のHPを調べると1時間2万5000円もする店だったんです! さすがにムカついて問い詰めると『酔っ払って後輩を連れていった!』と開き直るし、もう怒る気も失せちゃいましたよ……」

 そんな彼について、周りから別れた方が良いと言われる聡子さん。しかし、どうしても別れられない理由があるといいます。

◆母性スイッチオン「私だけは違うと思わせたい」

「彼を見ていると、私の息子が中学生だった頃を思い出しちゃうんですよね。息子が小さい時に離婚したので、中学生のときに反抗期を迎えてしまって色々と苦労したんです。私が仕事ばかりで息子のことを全然構ってあげられなかったのが理由だったと最近言われました。

 彼も幼い頃に両親と死別して17歳から一人暮らしをしていたらしいので、寂しいんじゃないかなと思います。今までの彼女は彼の金遣いの荒さや酒癖の悪さに愛想をつかして離れていったと言っていたので、私だけは違うと思わせてあげたいというか。

 それに金銭面の問題以外は性格も合うし、彼自体は同性や部下からも慕われているのでどうしても嫌いになれないんですよね」

 母性が刺激されてしまうと、どんな困った男でもなかなか別れられなくなってしまうもの。今まで彼と別れた女性達のほうがマトモなのかもしれません…。

―シリーズ「私がそれでも彼と別れないワケ」―

<文/結城>

【結城】

男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

関連記事(外部サイト)