引退した柔道・松本薫さんのアイス屋で実食レポ。“身体にいいアイス”ってどんな味?

引退した柔道・松本薫さんのアイス屋で実食レポ。“身体にいいアイス”ってどんな味?

自身が手がけるアイスクリーム店の「ダシーズ」をオープンした松本薫さん



 季節を問わず、アイスクリームと向き合っているアイスジャーナリストのシズリーナです。

 今月7日に引退会見を行った、2012年ロンドン五輪57キロ級・柔道金メダリスト松本薫さん(31)が、第二の人生として「アイスクリーム屋を始める」と公表し、世間と“アイスクリーム業界”をザワつかせました。

「アスリートとして減量とかある中で、毎日食べられるアイスがほしいと思っていた」と話していた松本さんが、ついに12日、東京・高田馬場にある「Darcy’s(ダシーズ)」(東京富士大学5号館内 1階)をオープン。アタシも早速、取材してきました!

◆アイスが大好きだからこそ「罪悪感なしのアイス」を生み出した

 松本さんは現役時代からアイスが好き。「体調に気を使うスポーツ選手でも気軽に食べられるように」と、彼女がたどり着いたのが乳製品、白砂糖、小麦粉を使わず、ココナッツミルクや豆乳をベースにした「ギルトフリー」のアイスだったそうです。

「ダシーズ」のホームページによるとギルトフリーとは、「guilt(罪悪感)とfree(無い)を組み合わせた言葉。つまり、身体に悪いものが入っていない、食べることが身体にプラスになる、罪悪感を感じずに食べられるアイスクリームを目指しています」とのこと。美味しくて健康にも良いなんて、嬉しい発明ですよね。

◆素材にこだわったアイスを実食! 口のなかでほぐれる

 現在、「ダシーズ」のメニューは「ココナッツミルク×チョコクッキー」と「豆乳×焦がしキャラメル」の2種類のみ。もちろん両方注文しました! どちらも口の中で素材の味や生の香りをハッキリと感じ取れ、溶けるではなく“ほぐれる”食感のアイスクリーム。

 ココナッツミルクをベースとした「ココナッツミルク×チョコクッキー」は、まるで女王様の馬車に乗って初夏の香りを嗅いでいるような(妄想)……爽やかな香りと味にうっとりしてしまいました。手作りのチョコクッキーが、浮かれた気持ちをビターな大人の味でしっかりと落ち着かせてくれます。

 一方、豆乳をベースとした「豆乳×焦がしキャラメル」は、クリーミーかつさっぱりとした後味の仕上がりになっており、焦がしキャラメルキャンディとナッツを奥歯で砕くと強い香りを放ちながら豆乳アイスのコクを引き立たせ、食感も楽しめ物足りなさを感じさせない仕上がりです。

 すべてを食べ終え、一番驚いたのは喉の乾きがさほど感じられず、食べ応えよりも軽い口当たり。なるほど、さすが「ギルトフリー」も売りにしているアイスなだけあります。ということで、完全に松本さんの得意な寝技で胃袋を押さえ込まれてしまいました。

◆日本の“出汁”を使って、世界に広まるアイスを開発したい

 店名の「ダシーズ」の由来は、日本特有の“出汁”を使って、世界に広まるアイスを開発したいとの思いが込められています。アイス業界でも世界を目指すために、アイスクリームの製造機にはイタリアの老舗メーカーであるカタブリガ社製のジェラート製造機を起用しています。

 実は、氷菓子(アイスクリーム、ソフトクリーム、ジェラート、かき氷)の中で、唯一世界大会があるのはジェラートのみ。このジェラートのワールドカップは2年に一度開かれており、3日間7種目で美しさ、味、技を競い、世界一を決めます。次回は2020年に行われるため、そこを意識してジェラート製造機でアイスクリームを作っているのではないか……と考えると、アイスジャーナリストとしては実に興味深いです。

◆「ダシーズ」の“ほどける食感”はどう作られる?

「ダシーズ」で使用しているカタブリガ社製や、ソフトクリーム製造機にも定評のあるカルピジャーニ社製のジェラート製造機で作られるアイスクリームやジェラートは、とっても美味しく感じられるのです。それはなぜでしょう?

 ちょっと難しい話になりますが、通常、アイスクリーム・ジェラートを作る工程では、「パステライザー」という機械で原料を加熱殺菌し、フリーザー(ジェラート製造機)で攪拌(かくはん)させながら冷やし固めます。その時のアイスを冷やし固めるスピードが、口に入れた時に感じる食感や美味しさを左右します。

 アイスクリームは氷結晶の集合体です。氷の結晶は、冷やし固めるスピードが短かければ短いほど細かくなります。つまり、すばやく固めたアイスクリームほど食感がなめらかになるんですね。

 この「冷やし固めるスピード」は、製造機や工程によって異なります。アイスクリーム製造機の場合では約30分。ジェラート製造機の場合では、約7分。液体窒素(-196℃)で製造した場合(※撹拌器を使用)では約1分。この通り、液体窒素がダントツで短いんです。松本薫さんのアイスクリームの製造時間は約7分。この早さが、なめらかな食感を生み出すヒミツなのです。

 ぜひ、「ダシーズ」のなめらか食感でギルトフリーのアイスクリームを食べて、口の中でアイスが“ほどける”瞬間を体感してみてはいかがでしょうか。

<文・写真/アイスジャーナリスト シズリーナ>

【シズリーナ】

年間4000種類以上のアイスクリームを日本全国食べ歩く、アイスジャーナリスト、アイスクリーム批評家。ジェラートの楽しみ方や市販アイスを美味しくさせる方法がインスタグラムで話題になっている。インスタグラム、LINEブログ

関連記事(外部サイト)