英会話教室にナンパ目的で通うおじさん達、必死な姿が痛すぎる

英会話教室にナンパ目的で通うおじさん達、必死な姿が痛すぎる

記事画像

 春は新しいことに挑戦したくなる季節。習い事やスクールに通う人もいますが、中には長続きしないこともあるようです。

「わずか2カ月で行かなくなってしまいました……」そう語るのは去年の4月、英会話スクールに通ったという清水望さん(仮名・28歳)。

◆ナンパおじさんの生息地、新宿の英会話スクール

「英会話はずっと習いたいと思っていたんですが、会社や家の近くにスクールがなくてあきらめていたんです。でも、去年の4月から仕事の配属先が新宿区になったのでこれはチャンスと通うことに。授業はマンツーマンだと高いので、まずは5人ほどのグループ授業を申し込んだんです」

 最初の授業の日、望さんは唖然としたそうです。それは……。

「私以外に女性がほとんどいないんです。新宿区という土地柄、確かに女性は少なそうですが、見事におじさんばかり! 何度か通ううちに分かったんですけれど、どうやら海外出張先で夜遊びをするために英語を習っているサラリーマンの人がほとんどっぽいんですよね。

 スクール側も、そんなおじさんの性質を理解しているのか、講師が若い女性ばかりなんですよ。おじさん達が、女の子の口説き方を必死に女性講師に質問している姿は見るに耐えられないものがありましたね……」

◆常套句は「よかったらお茶でも」

 そんな状況のせいか、望さんもおじさん生徒に声を掛けられまくったそうです。

「授業が終わるときに『良かったら、この後お茶でも……』と何度かナンパされたことがあります。はじめは適当に流していたんですが、だんだんムカついてきちゃって、途中からハッキリ『勉強しに来ているだけなんで大丈夫です』と断りましたよ。本当、何しに来ているんだって人が多かったですね」

 おじさん達のナンパにめげずに通っていた望さん。しかし、ついに行かなくなってしまう決定的なことが起きてしまうのです。

◆熱心に居残りする滑稽なおじさん達

「講師が途中で変わったんです。前の先生は見た目がスポーティーなテキパキ系で、おじさん達のナンパも軽くあしらえるオーストラリア人だったのですが、新しい女講師のジェーン先生(仮名・25歳)は色白清楚系でモロおじさん達が好きそうなカナダ人。

「もう、初授業からおじさん達が熱心に居残りをして大変でしたよ」と苦笑いする望さん。優しい先生に調子に乗ったおじさん達のせいで、授業が脱線することもしばしばあったとか。

 そんな中、特にジェーン先生に夢中なKさんという推定年齢50歳近くのおじさんがいたそう。

「初めは居残りをしてジェーン先生と2人きりになろうと企んだりしていたのですが、だんだんジェーン先生が他の生徒と話すだけでヤキモチを妬くようになってきたんです。なんか嫌な空気だな〜と思いつつ知らないフリをしていたんですが、ある日ついにKさんからジェーン先生のことで相談に乗ってほしいと言われたんです」

◆妻子持ちのおじさんに口説かれ辟易

 内心面倒臭いと思いつつ、教室の空気が悪くなるのは嫌だなと思った望さんは渋々、相談に乗ったそうです。

「もうずっと『ジェーンって生徒で気になる人とかいるのかな?』という話ばかりなんですよ。私が飽きてきてつまらなそうにしていると、途中から『望ちゃんって彼氏いないの?!』と聞いてきたんです。

 なんでそんなこと答えなくちゃいけないんだとイライラしながら『そろそろ帰りますね』と言ったら『送ろうか?』と言ってきて……。ジェーン先生が無理だから私でイイかって感じで口説こうとしているのがミエミエで、だんだんと気持ち悪くなってきましたね」

 ちなみにKさんには奥さんも子供もいるそうです。その日以来、スクールに行ってもKさんの視線と、授業後に相談と称して誘われることに、ついに望さんは嫌気がさしたといいます。

◆退会を決意、理由をしつこく聞かれ思わず…

「スクールの受付で辞めたいと伝えたら、『まだ授業も残っているのにどうして?』と聞かれましたね。授業料は3カ月ごとの支払いなので、あと1カ月間は授業を受けられるので勿体ないと言われました」

 勿体ないのは分かっているけれど、あまりにも理由を聞かれるのでつい「他の生徒の講師や自分に対するナンパ行為が気持ち悪すぎて無理です!」と言ってしまった望みさん。

「さすがに受付の人も唖然としていましたね(笑)。意外とアッサリと退校は認められて、さらに特例として1カ月分の授業料が返金されたんです。おそらく、私が噂を流さないための口止め料だと思います」

 望さんが通った学校だけでなく、語学教室に出会い目的で通う生徒は意外と多いといいます。真面目に勉強をしにくる人にとっては迷惑極まりない話ですよね(笑)。

―私の◯◯デビュー失敗―

<文/結城 イラスト/田丸こーじ>

【結城】
男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

関連記事(外部サイト)