NHK、ピエール瀧の6作品を配信停止に。朝ドラ、大河の名演をふりかえる

NHK、ピエール瀧の6作品を配信停止に。朝ドラ、大河の名演をふりかえる

(画像:ピエール瀧Instagramより)

 3月12日、コカイン使用容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(51)。「電気グルーヴ」の3/15・16のライブが中止になったほか、出演番組などの関係者も対応に追われているようです。

◆朝ドラ・大河と相性がよかったピエール瀧

 俳優としてもドラマ・映画に欠かせない存在だったピエール瀧は、「NHKご用達俳優」と言われるほど大河ドラマや朝ドラにも数多く出演していました。ところが逮捕翌日、NHKは有料配信サービス「NHKオンデマンド」で出演作6作品を配信停止にすると発表しました。

 配信停止になるのは、朝ドラでは『あまちゃん』全話、『とと姉ちゃん』全話とスピンオフ、大河ドラマでは『龍馬伝』全話と『いだてん』出演回、土曜ドラマ『55歳からのハローライフ』全話。まぁ、DVDなどで観られるから別にいいのかもしれませんが、「作品に罪はないのに…」と言いたくもなります。
 
『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』などの著書があるライターの田幸和歌子さんは、「役者としてのピエール瀧さんは、コワモテ巨漢のイカツさと、お茶目さ、表情豊かさのギャップが魅力でした」と語ります。

 そこで、朝ドラ&大河で印象深かったピエール瀧の名脇役3選を、田幸さんに挙げてもらいました(以下、田幸さんの寄稿)。

◆『あまちゃん』:無頼鮨の大将・梅さん役

(2013年度上半期)
 アキ(能年玲奈、現・のん)が付き人になる女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の行きつけの寿司屋の大将で、後にアキの初恋相手・種市先輩(福士蒼汰)が弟子入りします。

 朝ドラでは、主人公たちが集う喫茶店・飲食店があるのが定番で、主人公を見守る第2のホームとしての役割のほか、会話を通して周辺人物の近況やその後などを補足する役割も担っています。
 基本的に会話は聞こえてきても、立ち入りすぎないスタンスが多いポジション。

 大将役のピエール瀧さんも無口で、立ち入らないものの、最初は巨漢がうつりこむ「背景」としておかしみを与える役割を果たしていました。そのうちに鈴鹿ひろ美に「小林薫のつもりかしら」「デニーロ?」などとツッコミを入れられたり、「小林感」「小林薫というか、小林稔侍というか、小林感ハンパない」と言われたりする顔芸を連発。コネタ満載のクドカン朝ドラにおいて重要なコネタ要員になっていました。

◆『とと姉ちゃん』:板前の森田宗吉役

(2016年度上半期)
 常子(高畑充希)たちが住み込む深川の仕出し屋「森田屋」主人で板前。
 同じく板前役であることから、『あまちゃん』と重ね合わせて見て盛り上がる朝ドラファンも多かったはず。コワモテ無骨系のルックスは、板前とか頑固な職人がいやにハマるのです。

 しかし、『あまちゃん』の時とキャラは大きく異なり、職人肌で仕事に誇りを持ち、腕は良いが、口は悪く、短気で怒りっぽい、江戸っ子気質。登場した時は怒鳴ってばかりで、常子も「怖い」と言っていましたが、徐々に情の厚さやあたたかさが見えてきて、常子たちにとっての第二のホームとなりました。

 怖そうに思えた人が、意外に優しいことがわかると、その反動でむしろ好感度が増幅されがちですが、これもコワモテ巨漢を生かした上手い起用法でした。
 ちなみに、森田屋は、店を取り仕切っている主人のピエール瀧と、実は実権を握っている母であり、女将の秋野暢子、笑顔で夫をうまく操縦しているしたたかな妻の平岩紙、娘を川栄李奈、板前を浜野謙太が演じていました。いま改めてみると、すごく豪華な顔ぶれですね。

◆『軍師官兵衛』:主人公・官兵衛の盟友・蜂須賀小六役

(2014年。NHKオンデマンドではもともと配信なし)
 豊臣秀吉の家臣だった蜂須賀正勝(通称、小六)。これまで大河ドラマでは、大仁田厚さん、高山善廣さんらプロレスラーが演じてきたこともあり、やはりイカツイ肉体派イメージの強い役柄でした。が、ピエール瀧さん演じる小六の特徴は、何より竹中直人演じる秀吉ラブな可愛い人という点。

 小六が死んだときには、秀吉が激しく叩き続けて小六を起こそうとする泣けるシーンがありましたが、あれだけガチのぶっ叩きでも微動だにしない瀧さんには賞賛の声が多数ありました。
 ちなみに、小六の娘を演じたのは、高畑充希さん。親子を演じた2人が、後に『とと姉ちゃん』でヒロインと第二のホームとなった関係性もまたファンの間で注目されました。
=====================

 恐ろしいヤクザ役と、人情味ある職人やお茶目な役、どちらもハマる稀有な存在だったピエール瀧。更生してまた名演技を見せてほしいものです。

<文/田幸和歌子、女子SPA!編集部>

【田幸和歌子】
ライター。特にドラマに詳しく、著書に『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』など

関連記事(外部サイト)