鈴木京香50才・長谷川博己42才のラブ継続中。女性が年上の熱々カップル7選

鈴木京香50才・長谷川博己42才のラブ継続中。女性が年上の熱々カップル7選

ドラマ『セカンドバージン』DVD

 朝ドラ『まんぷく』で好演を続ける長谷川博己(42)が、自身の誕生日に女優の鈴木京香(50)宅から出勤するところを『女性自身』(3月26日号)にキャッチされました。

 先駆けて『週刊文春』(2月28日号)が交際継続中であることを報道。初めて交際報道が出てから約10年間で何度も破局説が出たカップルのゴールインは近いのではと期待が膨らみます。

 ところで、この二人のように「年上女性×年下男性カップル」は珍しくありません。どんな組み合わせがいるのか見ていきましょう。

◆竹内結子&中林大樹:4歳差

 2月末、“電撃再婚”を発表した女優の竹内結子(38)。お相手は事務所の後輩で俳優の中林大樹(34)です。10年ほど前に映画の撮影で知り合ったといいます。1月に『女性セブン』が焼き鳥デートを報じた際は「事務所の先輩後輩として仲良くしています」と否定していましたが、わずか1カ月半でゴールインとは……。

 中林には兄と姉がおり、年上に可愛がられるタイプなんだそう。一方の竹内は姉御肌なので相性がいいのは当然かもしれません。

 最終的に二人を後押ししたのは竹内が前夫・中村獅童(46)との間にもうけた一人息子(13)。親子3人で新たな出発です。

◆水川あさみ&窪田正孝:5歳差

 竹内と同じ事務所に所属する俳優の窪田正孝(30)が愛を育んでいるのは女優の水川あさみ(35)。

 昨年12月、『フライデー』がドライブデートをとらえました。昨年夏放送のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)での共演がキッカケで交際がスタートし、「結婚秒読み」とウワサされています。

 水川といえば「年下キラー」。14年頃から2年ほど俳優の大東駿介(33)と交際していました。裏表のないサバサバした性格がウケるのかもしれません。

◆奥菜恵&木村了:8歳差

「魔性の女」といわれた女優の奥菜恵(39)が再々婚を発表したのは16年3月。お相手は『ウォーターボーイズ2』『花ざかりの君たちへ』(ともにフジテレビ系)などへの出演で知られる木村了(30)です。

 1年半の結婚生活を経て05年にサイバーエージェント・藤田晋社長と離婚した奥菜は09年に一般男性と再婚(15年9月に離婚)し、2子をもうけました。

 シングルマザーとして生きていくつもりでしたが、長年の友人だった木村から「そろそろ幸せになっていいんだよ」と言われ3度目の結婚を決意。木村の男気にアッパレです。

◆MALIA.&三渡洲舞人:10歳差

「彼と生涯を添い遂げたいと思うまでにそれほどの時間は要しませんでした」。モデルのMALIA.(36)が元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(26)と入籍したのは17年11月。MALIA.は4度目の結婚になります。

 歴代の夫は全員スポーツ選手で今回の相手は前夫(Jリーガー・佐藤優平)より2歳下。彼女にはスポーツ選手をトリコにするなにかがあるのでしょう。

◆大地真央&森田恭通:12歳差

 07年、女優の大地真央(63)と世界的インテリアデザイナーの森田恭通氏(51)が結婚。ともにバツ1同士。「年の差は関係ない!」と言う大地の言葉通り夫婦のアツアツぶりは有名で、ケンカをすれば夫が引くというパワーバランスもできていました。

 しかし、17年に『女性自身』が報じたところによれば、15年頃から二人は別居生活を送っているそう。森田氏は海外出張が多いため、大地の生活リズムを壊したくないためだといいます。有名人夫婦が長く関係を続けるにはこれくらいの距離感が必要なのかも。

◆仁香&カメラマン男性:16歳差

 モデルの仁香(43)はテレビで公開プロポーズをされ、16歳下のカメラマンと再婚しました。昨年10月のことでした。

 交際を発表した際は「女性が年上で、16歳の差があることに引け目を感じている」と複雑な胸中を明かしていましたが、ラブラブ写真をブログに投稿し仲の良さをアピールしています。

◆三原じゅん子&元秘書:24歳差

 参院議員の三原じゅん子(54)が再々婚の相手に選んだのは当時28歳だった元秘書でした。元夫のタレント・コアラは4歳下、長く内縁関係にあった元秘書は11歳下と、三原議員は歳下がお好みのよう。

 この11歳下の元三原のバンドマンだった恋人男性を秘書にしていたと報じられた(「FLASH」2010年11月16日発売号)のに続き、当時の公設秘書だった現在の夫と関係を持ったため、「公私混同」と批判の声があがったのは仕方ないかもしれませんね。

<文/女子SPA!編集部>

【女子SPA!編集部】
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

関連記事(外部サイト)