柴咲コウ、波瑠は何位?秋ドラマで良かった主演女優ランキング& 名演賞

柴咲コウ、波瑠は何位?秋ドラマで良かった主演女優ランキング& 名演賞

(画像:『35歳の少女』 Instagram)

新型コロナウイルスで再び撮影が滞る可能性もあった秋ドラマ。

 作品を見ていると、そんな心配も華やかな女優陣が吹き飛ばしてくれました。この度もドラマウォッチャー・林らいみが特に惹かれたベストアクトレスを独断と偏見で選出。勝手に表彰してしまいます。

 でもその前に、ドラマ好きの皆さんの意見も聞いてみたくて、秋ドラマで主演を務めた女優を対象にアンケートをとってみました(※)。その結果がこちら。

◆30代40代女性200人が選ぶ主演女優ランキング

===============

この秋放送されたドラマで良かったと思う主演女優は?(複数回答)

1位 柴咲コウ(日本テレビ系列『35歳の少女』) 19.0%

2位 木村佳乃(TBS系列『恋する母たち』) 16.5%

3位 有村架純(関西テレビ・フジテレビ系列『姉ちゃんの恋人』) 15.0%

4位 上野樹里(フジテレビ系列『監察医 朝顔』) 13.0%

4位 波瑠(日本テレビ系列『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』) 13.0%

6位 真矢みき(東海テレビ・フジテレビ系列『さくらの親子丼』) 12.0%

6位 沢口靖子(テレビ朝日系列『科捜研の女』) 12.0%

8位 深田恭子(フジテレビ系列『ルパンの娘』) 10.0%

8位 松岡茉優(TBS系列『おカネの切れ目が恋のはじまり』) 10.0%

10位 浜辺美波(NHK総合『タリオ 復讐代行の2人』) 9.5%

===============

 8位松岡茉優は『おカネの切れ目が恋のはじまり』で、こだわりが強く恋に疎い“清貧女子”に。かわいらしくて観ていてほっこりとする心地よい演技でした。

『監察医 朝顔』で再び主演を務めた4位上野樹里は、前シーズンで最優秀名演賞に選ばせて頂いたのですが、相変わらず身にまとう雰囲気に惚れ惚れ。

『姉ちゃんの恋人』の3位有村架純はかわいい顔して“肝っ玉姉ちゃん”らしいちょっとガサツな口調が板についていたし、『恋する母たち』の2位木村佳乃は豪華なキャストがアクの強いキャラを演じる中で、比較的フツーの女性を演じていてもさすがの貫禄と存在感でした。

 さて、ドラマウォッチャー・林らいみが魅了されたのはこの3人。主演にかぎらず、すべての女性キャストを対象に選んでみました。

◆名演賞 波瑠『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』

『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系列)でSNSを通して見知らぬ人に恋をする産業医を演じた波瑠。仕事に厳しい美人産業医としてツンとした態度を見せる一方で、心の声が聞こえてくると一人で右往左往する姿が見えてきます。

 本音を演じる彼女はなかなかのコメディエンヌぶり。モノローグで発するセリフの口ぶりは楽しく、その間に見せる表情はくるくると変わって、にやにやしてしまう面白さでした。今回はラブコメでしたが、こてこての喜劇もさらりとこなしてしまうかも。

◆名演賞 白鳥玉季『極主夫道』

『テセウスの船』(TBS系列/2020年)での自然体な演技が素晴らしかった白鳥玉季。『極主夫道』(日本テレビ系列)で主人公の義理の娘を演じた彼女をまた選んでしまいました。

 前回の無邪気な様子と違って、今回はちょっと生意気でおませな女の子に。

 顔は笑っていても、声は冷めていたり、相手をじっと見据えるオトナびた表情とオトナびた口調がわずか10歳の子役とは思えません。ボケを連発する大人たちに対して、ただ子どもを演じるのではなくツッコミ的なポジションを担っていたわけで、その役割をうまく果たしていました。

◆最優秀名演賞 柴咲コウ『35歳の少女』

 アンケートで1位にランクインした柴咲コウは、『35歳の少女』(日本テレビ系列)のタイトル通り見た目と言動がちぐはぐの女性を熱演。圧巻でした。

 まず、第1話で見せ付けたあの泣きわめく姿に度肝を抜かれた人は多かったのではないかと。遠慮なしに耳をつんざくような声をあげる様子は、まさに駄々をこねて泣く小さな子どもそのもの。

 少女のような身振り手振りと立ち姿、甲高い声から徐々に35歳の等身大の女性へとスムーズに移行していったので、モノローグが10歳当時を演じる子役から柴咲コウにいつの間にか変わっていたことにも気付かず。最終回を迎えてからもう一度見直して彼女の変化を楽しんでしまいました。

 さあ、この秋あなたを魅了したベストアクトレスは?

【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30〜49歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2020年12月19日〜12月20日

有効回答者数:30〜49歳女性200名

<文/林らいみ>

【林らいみ】

フリーライター。大学院で日本近世史を研究した硬派の歴女。舞台・映画・ドラマが好物。観たい舞台があれば万難を排して劇場に馳せ参じ、好き勝手言っている。たま〜に歴史系記事を書く。

関連記事(外部サイト)