カップヌードルの謎エビの正体が『まんぷく』でわかった。現実との微妙な違いも

カップヌードルの謎エビの正体が『まんぷく』で判明 「プーバラン」がトレンド入り

記事まとめ

  • 3月19日、Yahoo!検索トピックで「プーバラン」なるワードがトレンド入りした
  • これはNHK連続テレビ小説『まんぷく』に登場した「まんぷくヌードル」のエビのこと
  • このプーバランは最高級品で、昭和47年ごろの原価は1キログラム4500円ほどだったそう

カップヌードルの謎エビの正体が『まんぷく』でわかった。現実との微妙な違いも

カップヌードルの謎エビの正体が『まんぷく』でわかった。現実との微妙な違いも

カップヌードルの具

 3月19日、Yahoo!検索トピックで「プーバラン」なる、耳慣れない・見慣れないワードがトレンド入りしました。

「君はプーバランっていうのか 知らずに長いこと食べてきたなあ」
「プーバラン、声に出して言いたくなる『プーバラン』」
「プーバラン『えらいやつに見つかってもた。ワイらの仲間が大量消費されてまうやないかい!』」
「フリーズドライしたら、プーバランはあんなに小っちゃくなるの!?すごいな」

 これは何かというと、NHK連続テレビ小説まんぷく』に登場した「まんぷくヌードル」のエビのこと。

 ネット上ではこれまで日清カップヌードルの「謎肉」のことがたびたび話題になり、2017年9月にはとうとう日清食品が「謎肉」の成分を公表したことで、SNSは大いに盛り上がりました。

◆謎エビ「プーバラン」がYahoo!トレンド入り

『まんぷく』においては、スクランブルエッグとネギのフリーズドライ化に続いて、「謎肉」も具材として比較的あっさりと誕生。しかし、具材のラスボスとなったのが、この「謎エビ」でした。

 実は、日清カップヌードルに入っているエビは、以前から「謎肉」とともにネット上ではときどき話題になっておりました。なんといっても、あのサイズ感と綺麗な色味。他に見る機会がない独特のものです。

 私自身、「謎エビ」がずっと気になっており、とある媒体で10年以上前に日清食品に取材したことがありました。だからこそ、平成が終わろうという今、「プーバラン」がYahoo!トレンド入りするほどの認知度を得たのは、部外者ながら、なんだか嬉しくなってしまいます。

 ドラマはフィクションですので、当然ながら事情が少々異なりますが。
『まんぷく』では、エビを具材とする発案者は神部(瀬戸康史)くん。
「どこの屋台にもエビの入っているラーメンはありません。それにエビがあれば、具が華やかになります」
「それにエビは丸々入ります。エビは頭から尻尾まで丸々具材になる。高級感が出ます」というのが理由でした。

◆現実には安藤百福さんがエビ60種から選んだ

 しかし、実際には日清食品創業者の安藤百福さん自身が「エビは高級感があり、めでたい。日本人はみんな大好きなので、エビが入れば売れる」とエビを具材に決めたのでした。

 また、ドラマでは「もう200種類以上のエビを試してるんですが、どれもうまくいかなくて」と神部(瀬戸康史)が言いますが、実際に候補として集められた品種は、中国、台湾、タイ、インド、アフリカなど60種類以上。
 それらをフリーズドライ加工し、お湯で戻して試食を繰り返した結果、「決勝」に残ったのが6種のエビ。さらに、それら6種について、実際にカップに入れて密閉し、約一週間後に開封したときの食感や形態などから選ばれたのが「プーバラン」だったという話でした。

 ドラマでは、神部がホテルの最上階の高級レストランに「シュリンプカクテル」というメニューがあると聞きつけ、自腹で食べて、そこに使用されていたエビを入手してきます。それが冒頭の「プーバラン」でした。
 ちなみに、このプーバランは最高級品で、昭和47年ごろの原価は1キログラム4500円ほどだったそうです。

 いよいよ具材も決まり、完成が見えてきた「まんぷくヌードル」。開発の苦労をドラマで観ることによって、日清カップヌードルがこれまでよりももっとありがたいものに思えてきました。

<文/田幸和歌子>

【田幸和歌子】
ライター。特にドラマに詳しく、著書に『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』など

関連記事(外部サイト)