竹内涼真、ムキムキ画像の顔が別人みたい…?/益若つばさ「公開処刑」

竹内涼真、ムキムキ画像の顔が別人みたい…?/益若つばさ「公開処刑」

竹内涼真Instagramより

 今月17日、ミュージシャンで俳優の内田裕也さん(享年79)が亡くなりました。『ニューイヤーロックフェス』の冒頭で流れる、自転車を乗り回す映像も見られなくなってしまうんですね…。

 ご冥福をお祈りしつつ、今週もどうでもいい芸能ニュースを振り返りましょう。

◆@竹内涼真さんがバキバキの肉体美を披露「誰?」「顔が違う」と話題!「これは反則」「ハグ会やって」と悶絶するファンも

M-ON! Press 3/19(火)ほか

 竹内涼真(25)が2月5日にインスタグラムにアップしたトレーニング写真が、今になって話題になっていました。

「ミズノトレーニング」とハッシュタグのついた投稿で、マシンに腰掛けた状態で見事な肉体を披露しています。「筋肉やばいっす」とか「ハグ会やって」といった絶賛コメントの一方、いつもと違う表情の竹内さんに「ほんとにりょうま?」と戸惑う声もありました。

 っていうか、ベビーフェイスでムキムキって最強ですよね。竹内さんを見るたびに、世の中って不公平だなぁと痛感します。

◆A最上もが、整形ブス批判に「えぐられるような感覚」

日刊スポーツ 3/18(月)ほか

 最上もが(30)が、17日に自身のツイッターを更新。ネット上で「整形ブス」と言われたことが、「1番傷ついたしすごい威力あった」と打ち明けました。

 そもそも、整形などしたことがないという最上さん。それでも繰り返される誹謗中傷に、「もはや生まれた時から失敗作て言われてるような気分だった」と語り、「えぐられるような感覚」だと訴えていました。

 6月に大阪で開催されるG20サミットではSNS規制が議題になる可能性も報じられています。言いっ放しがまかり通る状況が改善されるといいですね。

◆B<デヴィ夫人>まるでタイタニック?関コレ初出演で華麗なダンス結婚は愛よりお金?

毎日キレイ 3/17(日)ほか

 17日、デヴィ夫人(79)が「KANSAI COLLECTION 2019 SPRING & SUMMER」に出演し、映画『タイタニック』の曲に合わせて、優雅なダンスを披露しました。

 その後のトークでは、『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)で共演する谷まりあ(23)も登場。「年収200万の大好きな人と、年収1億の好きではない人どちらと結婚すればよいか」という谷さんの質問に、夫人は「1億円の男性」と即答していました。

 ところで、国名表記に「ヴ」を使わないとする法案が可決されたばかりですが、人名には残してほしいところ。“デビ夫人”じゃ雰囲気出ないですもんね。

◆Cいけないよ…まんぷく大谷亮平、NHK大相撲中継で「カップヌードル」言っちゃった!視聴者ほっこり

スポニチアネックス 3/17(日)ほか

 大人気のNHKの朝ドラ『まんぷく』でも人気の大谷亮平(38)が、17日放送の大相撲中継にゲスト出演。寺尾が好きだったとか、仕事帰りの父親に取組の結果を話すのが楽しみだったとか、相撲愛を熱く語っていました。

 そんな大谷さん、放送の最後に『まんぷく』の今後について聞かれると、うっかり固有の商品名を口にしてしまったのです。
「カップヌードルがどう完成するかということ、完成したときに国民に受け入れられるのか、楽しみに見ていただきたいです」

 これには、実況アナウンサーも「まんぷくヌードルですね」と、すかさず訂正を入れていました。

 ただいまの決まり手は、勇み足、でしょうか。

◆D益若つばさ「公開処刑」長身モデルとの「スペック違う」写真投稿し自虐

スポニチアネックス 3/21(木)ほか

 益若つばさ(30)が20日に自身のインスタグラムを更新。出演した「関西コレクション」について、「これが公開処刑ってやつ」と自虐気味に振り返っていました。

 今回の出演に向けてマッサージに通うなど準備を重ねてきた益若さんですが、いざ長身のモデルと並んだときに「スペック違いすぎて思わず自分で笑っちゃった。これが公開処刑ってやつか」と感じてしまったというわけ。

 いまさら身長差はどうにもならないでしょうから、とりあえず「処刑」とか「スペック」とかの、殺伐(さつばつ)とした言葉を使わないことから始めてみてはいかがでしょうか?

<文/沢渡風太>

関連記事(外部サイト)