『仮面ライダージオウ』に大人女性が夢中。過去のライダーも次々登場

『仮面ライダージオウ』に大人が興奮 主題歌はDA PUMPのISSAらのユニット

記事まとめ

  • 『仮面ライダージオウ』は過去のライダーが次々登場し、大人が大興奮だという
  • 主題歌を歌うのはAAAのヴォーカルShuta SueyoshiとDA PUMPのISSAのユニット
  • 福士蒼汰、佐藤健、菅田将暉、要潤、竹内涼真、綾野剛らも『仮面ライダー』出身

『仮面ライダージオウ』に大人女性が夢中。過去のライダーも次々登場

『仮面ライダージオウ』に大人女性が夢中。過去のライダーも次々登場

テレビ朝日『仮面ライダージオウ』公式サイト

 みなさん、“平成ライダー”見てますか? イケメン俳優の登竜門のようになっている、あのテレビドラマ「仮面ライダー」シリーズです。
 福士蒼汰佐藤健、菅田将暉、要潤、竹内涼真、綾野剛…みんな仮面ライダー出身です。

 わたくし、今クールの『仮面ライダージオウ』にハマっているんです。テレビ放送は日曜朝9時から30分(テレビ朝日系)。ニチアサってやつですね。今回は『仮面ライダージオウ』とシリーズの魅力をご紹介します!

◆ママ狙い?大人女性がハマる仮面ライダー

 そもそも、私が仮面ライダーシリーズにハマったきっかけは『仮面ライダー555』(2003〜2004年)です。そう、あれは15年ほど前のこと……ある日ふと、日曜の朝にテレビをつけてみたんです。

 ――家の玄関で突然倒れる女の子。それを見た変身前の仮面ライダーファイズ(半田健人)が「大丈夫か!」と言って駆け寄り、お姫様だっこしてベッドへ連れて行きます。女の子をベッドに寝かすと「お腹空いただろ」とか言ってスープを作ってきて、「お前、猫舌だったよな」とか言ってフーフーして食べさせてくれるんです。見ながら、開いた口がふさがりませんでした。

 これ、幼稚園児からのリクエストですか……? いやそんなわけはない、間違いなく園児のママ狙いでしょう!

◆『仮面ライダージオウ』は過去のライダーが次々登場

 それから数年、仮面ライダーシリーズを追っかけていたのですが、今年また鮭のようにライダー沼に戻ってまいりました。今期の『仮面ライダージオウ』は平成ライダーシリーズ20周年で、過去のライダーが次々登場するんです。私は変身後のライダー姿には興味がないのですが、なんと過去シリーズの俳優たちまで登場します。それも当時のストーリーを振り返りながら……。

 もうね、見ながら絶叫ですよ。このお祭り設定に大人のお友達(略して大友さんと言うらしい)は大興奮。キカイダーとか他の特撮ネタも盛り込んでるそうで、10年前の仮面ライダーなんか知るよしもない肝心の園児は、完全置いてけぼりです。子どもはポカンで、大人たちが小躍りしてるんです。

 しかし大丈夫、過去作を知らなくても充分楽しめます。
 主役の常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)役の奥野荘くん(18)は陽キャラでめっちゃかわゆいイケメンです。

 彼に敵対する明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)役は、さっぱり顔の押田岳くん(21)。ウォズ(仮面ライダーウォズ)役の渡邊圭祐くん(25)はクールでミステリアスな役どころです。私のイチオシはウォズなので、もう冒頭でウォズの一人語りが始まるだけでウホウホしています。

 ジオウの過去放送回は「東映特撮ファンクラブ」(月額980円)でないと見られないのですが、入会して損はありません。ここだけで見られる「仮面ライダージオウ 補完計画」は、主要キャストによる裏話でして、これが台本読みながらの小芝居で、内輪ネタありーのアドリブありーので、めちゃくちゃ微笑ましい。9.5話なんか何度見直したことか。

◆Shuta SueyoshiとISSAの主題歌もいい!

 また、ジオウの主題歌を歌うのは、AAAのヴォーカルShuta Sueyoshiと、DA PUMPのISSAのユニット。これがめちゃくちゃいいんです! PVもめっちゃかっこいい。

 仮面ライダーの主題歌は、意外な有名シンガーが担当することが多く、AAAやGackt、土屋アンナなど、誰もが知る人たちが元気いっぱい歌っています。ライダーソングだけを集めたアルバムは、聴くだけで元気が出てきます。なにしろ戦うヒーローのテーマソングなので、ションボリしている暇がないんです。
 個人的にはISSAの歌う「Justiφ’s」(ジャスティファイズ、仮面ライダー555)と「CHOSEN SOLDIER」(チョーズン ソルジャー、映画『仮面ライダー THE NEXT』)が大好きです。

 ジオウにハマると、過去作が気になってくるので、そのまま全シリーズ完走する人もいるようです。私は今『仮面ライダーW』を継走中です。菅田将暉くんが可愛いです。

 平成ライダーは新人俳優の登竜門にもなっていて、冒頭に挙げたような大人気俳優たちがゾロゾロ出ていることも魅力です。リアルで追っかけてると、ブームを先取りできるんです。綾野剛も陰キャラで大好きだったし、佐藤健も情けないとこがめちゃくちゃかわゆかったです。今やこれらの作品を見ていたことは半分自慢のように語れます。

 ママ世代を意識したのか、料理をする男子キャラが多いことも好感度が高いです。欲を言えば「ジオウ」の男子たちは料理するどころか、ソウゴのおじさんにご飯作らせてるシーンが多いのが教育的にかなり残念です。

◆ファンが集まる「仮面ライダーカフェ」

 先日、平成ライダーファン4人でオフ会しました。場所は池袋にある「仮面ライダーカフェ」。

 入り口にあるライドウォッチでいきなりテンションが上がりますが、店内ではずっと各種オープニングが流れているし、グッズはズラリ並んでいるし、数日前に放送されたばかりのアイテムはすでに売ってるし、もう興奮冷めやらぬまま同じビルのカラオケになだれ込み、ライダーソング縛りで騒いできました。めくるめく楽しさです。

 メンバーの中には、仮面ライダー好き同士で気が合い結婚したという女性がいました。婚活中の女子は試しに「仮面ライダー」はいかがでしょう?

<文/和久井香菜子>

【和久井香菜子】
ライター・編集、少女マンガ研究家。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。英語テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。視覚障害者によるテープ起こし事業「ブラインドライターズ」運営

関連記事(外部サイト)