『まんぷく』の濃いキャラ、塩軍団、壇蜜、岡崎体育…最終回前に再登場はあるか?

『まんぷく』の濃いキャラ、塩軍団、壇蜜、岡崎体育…最終回前に再登場はあるか?

連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド)

 最終週に突入し、いよいよ3月30日に最終回を迎える朝の連続テレビ小説『まんぷく』。視聴率も安定的に20%を超え、波乱万丈ながらも明るいストーリーも好評、今から視聴者たちのロスが懸念されるほどです。

 そんな『まんぷく』の大きな魅力は、なんといっても主人公の夫・萬平(長谷川博己)をはじめとする登場人物の個性の強さ。メイン登場人物以外にも、数週だけ登場して展開と共に去っていった思い出深いキャラクターもたくさんいました。

 朝ドラの最終週は、総括的に以前登場していたキャラが出てきたり、その後が報告されるということがよくあります。現に3月25日に放送された最終週第146回では加地谷圭介(片岡愛之助)が再登場し、ツイッターのトレンド入り。視聴者を歓喜させました。

 そこで、最終週を前に思い出深いキャラクターたちを振り返ってみましょう。

◆加地谷圭介(片岡愛之助)

 まずは再登場で話題になった加地谷圭介から。立花萬平のかつての共同経営者・加地谷圭介は、序盤のメインキャラでした。

 登場時から上から目線でどこか怪しい雰囲気をかもしだしていましたが案の定、萬平に軍事物資を横流ししていた罪をなすりつけ、逃亡してしまいました。その後はスナフキンのようにハモニカを吹いている浮浪者としてあらわれ、萬平に罪を許されたと思いきや、再び姿を消し……。

 しかし、萬平が再度収監された際は、その噂を聞きつけたのか彼を助けようと、チンドン屋となった現在のピエロのような格好で「萬平君はわるくなぁああい」と訴えながら、一瞬だけ登場しました。その後は音沙汰がありませんでしたが、3月25日の再登場時にはキグルミ姿の社長として登場! 彼の人生は萬平に負けず劣らず波乱万丈だったようです。

◆稲村大悟(六平直政)

 稲村大悟は、萬平が加地谷に着せられた無実の罪で収監された時に、のちの萬平の考え方に繋がる重要な至言を与えた牢名主的存在の男です。
「僕はやっていない!」とご飯を食べずに拷問に耐えていた萬平に「生きてここを出なな。死んでもうたら二度と会えんぞ! 食え!」と言った稲村。その言葉は萬平に生きる意味を見出させ、はいつくばって泥だらけの握り飯を食べるという序盤の重要なシーンに繋がりました。

 あさイチの朝ドラ受けでも「懲役400年してそう」と博多華丸さんに言われていた稲村。その強烈さから、のちのち何かしらの場面で、助けて出てくるはずだとふんでいた視聴者もいるようです。

◆チャーリー田中(岡崎体育)

 クーデターの疑いで進駐軍に収監された萬平たちを見張る兵士として登場したのが、日系人の兵士・チャーリー・タナカでした。ミュージシャンとしても活躍する岡崎体育演じるその男は、小太りの関西弁で、見た目や言動が鼻につくいけすかないキャラとして、同じく収監された世良(桐谷健太)らと丁々発止のやりとりを繰り広げていました。

 しかし、萬平たちが『赤とんぼ』を唄っていると、タナカも思わず口ずさんだり、疑惑が晴れて、皆が牢屋を出てゆくとき、「ダネイホン。俺も食うたけど、言う程まずうなかったぞ」などと優しい言葉をかけるなど、出番は少ないながらも多くの人の印象に残った登場人物でした。

◆木ノ内秀子(壇蜜)

 秀子は、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の義理の兄で画家・香田忠彦(要潤)の絵画モデルだった女性です。真っ赤なドレス姿で忠彦に、「既成概念をぶっ壊すのよ!」といって音楽に合わせてマンボを踊り出すという展開に、視聴者たちは度肝を抜かれ、ネットも騒然となりました。

 しかし、そのことにより忠彦の画風が変わり、まんぷくラーメンのパッケージのデザイン制作につながるという、意外と重要な役割を担ったキャラクターでした。

 先週放送された第143回でも、忠彦が自分に影響を与えた人として秀子の名前をあげて妻・克子(松下奈緒)がヤキモキするシーンがあり、視聴者だけでなく登場人物たちにとってもインパクトのある人物だったのかもしれません。

◆塩軍団

 萬平が戦後、泉大津で始めた製塩事業。そこで働いていた若者たちが塩軍団です。ラーメン開発が始まってから、岡(中尾明慶)、森本(毎熊克哉)がまんぷく食品の社員として再登場しましたが、彼ら以外の『塩メン』たちにも再登場を望む声が多数あります。

 なかでも、ほっかむりで鈴さんにこき使われていた赤津(永沼伊久也)は、あるサイトの塩軍団人気投票で一位になるなどファンも多く、その後の動向が知りたいという声も多数見受けられます。他にもメガネが印象的な小松原(前原滉)や、ハンチングとジャケットが可愛い増田(辻岡甚助)など、それぞれにアイドル的な人気があったのが今となっては懐かしいですね。

※ ※ ※
 他、クーデターの疑いで萬平たちを逮捕した『MONKEY MAJIK』のメイナード・プラントとブレイズ・プラント演じる進駐軍の兵士や、萬平が脱税の罪で刑務所に入っていた時に獄中で出会った人相見・剛田一隆(イッセー尾形)、弁護士の東(菅田将暉)、忠彦の絵のモデル・花村保奈美(さとうほなみ)など、数多くの印象的な登場人物が物語を彩りました。

 ちなみに、さとうほなみさんは、何かと話題のバンド『ゲスの極み乙女。』のドラマー・ほないこかの女優名です。

『ひよっこ』では終盤、登場人物ほとんどのその後が幸せに描かれ誰もが満足する爽やかなラストを彩り、前作『半分、青い。』では、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の初恋?の相手・こばやん(森優作)が最終回にまさかの再登場を果たし、終盤の一番のサプライズと言って過言ではないほど、ファンに衝撃を与えたのは記憶に新しいところです。

『まんぷく』を楽しませてくれた気になるキャラが今後『再登場する』のか『しない』のか、『するとしたら誰が出るのか』――予想するのも最終週の一つの楽しみかもしれませんね。

<文/小政りょう>

【小政りょう】
映画・テレビの制作会社等に出入りもするライター。趣味は陸上競技観戦

関連記事(外部サイト)