発達障害の少女がノーベル平和賞候補に。“普通じゃない”という才能

発達障害の少女がノーベル平和賞候補に。“普通じゃない”という才能

国連でのスピーチ動画

 先日、ノルウェーの左派政党からノーベル平和賞に推薦され、一躍時の人となったグレタ・トゥーンベリさん(16)。スウェーデン人の高校生で、地球温暖化に警鐘を鳴らす活動家として知られています。

 昨年の夏休み明けに学校を休み、たったひとりで国会前での座り込みを始めたところ、世界の学生たちの間でデモが広がりを見せたのです。これをきっかけに、去年12月には国連に招かれ、先進国の政治家を痛烈に批判するスピーチを披露し、聴衆の大人を驚かせました。

◆発達障害の16歳少女がノーベル平和賞候補に

 そんなトゥーンベリさんには、もうひとつ関心が寄せられる理由があります。それは、彼女が12歳のときにアスペルガー症候群(※)だと診断されたこと。
 でも、彼女の家族は、今ではそんな“病気”を恩恵だと受け止めているといいます。なぜなら、人付き合いに気を取られない集中力のおかげで、ひとつの問題に対してブレずに取り組めるから。

 トゥーンベリさんは、こう言います。

「私のしていることに望みがあるかどうかはどうでもいいの。とにかくやらなければいけないことだからやるだけなの。たとえあらゆる希望がことごとく絶たれていたとしても、できることをしなければいけないの」
(イギリス『The Guardian』 The G2 Interview 2019年3月11日より 筆者訳)

 力強い確信に満ちた言葉ですよね。

※アスペルガー症候群や古典的な自閉症は、現在ではまとめて自閉スペクトラム症(ASD)と呼ばれる。発達障害のひとつ。

 そしていま、トゥーンベリさんのようにアスペルガーなど発達障害を持つ人たちを、別の知性として捉える動きが出始めています。社交ができなかったり、“ふつうとは違う”からといって、治療やケアで対処するのではなく、独特な認知方法の持ち主だと認めようというのです。

◆自閉症の人たちの、豊かな感覚世界

『自閉症という知性』(著:池上英子、NHK出版新書)は、そんな当事者たちとの対話を通じて、彼らに世界がどう映っているかに迫った一冊。著者はニューヨーク在住の著名な社会学者です。

 登場するのは――実際の人間とは会話に困るのに、ネット上の仮想空間ではおどろくほど饒舌なラレさんという男性。論理的でボキャブラリーも豊富でありながら、ふとしたきっかけで自らをコントロールできなくなってしまうコラさんという女性。アスペルガーの「自分」を認識するために、自閉症的世界をマンガで表す葉山さんという女性。そして、感覚過敏を「うわわオバケ」と称する女性ギタリストの高橋紗都さん。

 彼らに共通するのは、物事への感じ入り方が自分の内面と密接につながっているために、コミュニケーションに不具合が生じてしまうという点。ギタリストの高橋さんのエピソードが象徴的です。たとえば、ギターの音色を表現するのは、こんな具合に。

<好きな音は、「音の芯」がやわらかくて、「音の家族」もたくさんいて、その音の家族は風でふわーと飛んだときの、たんぽぽの綿毛のように広がる音です。>(p.227)

◆人の目を見て話せないわけ

 しかし、このように感じたものを自分の中にふんだんに取り込む豊かな知覚は、他者に対する恐怖心と表裏一体の関係にあるのだといいます。高橋さんが小学校一年生のころ、先生から“人の目を見て話しなさい”と注意されたとき、母親にこう言ったのだそう。

 <「『目を見て』と言うけど、目を見たら瞳の中に景色が映ってるやん。目を動かすたびに景色も変わるやん。いちいち景色が変わるから、忙しくて話すどころではない」>(p.209)

 感性が研ぎ澄まされているので、情報がオーバーロードしてしまう。だからメールやチャットでは上手に会話できても、実物の動く人間の表情を目にしてしまうと、処理すべき事柄が増えてしまうためにパニックに陥る。
 仮想空間で饒舌なラレさんも、<「人間が一番難しいよ。お客や同僚、両方だね。いろんなことを一度に言われて、いっぱいいっぱいになってしまう」>(p.85)と語っていました。

◆言葉が苦手だと「障害」とされる現代

 そのため、これまではこうした“症状”に対処するために、医療や福祉的な視点から自閉症が扱われてきたわけですが、著者はそんな従来の方法に問題提起をしています。視覚イメージや音、匂いといった具体的な質感で世界を強烈に体験する人たちに対して、社会や教育システムの都合で、彼らを“障害”にカテゴライズしてしまっているのではないか、と考えるのですね。

<現代の世間の仕組みは、その大半が「言葉」を媒介とした認知方法によって運営されている。学校教育では、美術や音楽、体育といった科目もあるけれど、やはり主要科目は「読む・書く・聞く」ことを媒介として教えるし、それが上手な場合には「できる子」とみなされる。>(p.257)

 でも、だからといって、世間一般の既成概念が形作る世界だけが正しいのではないはずです。多くの人にとって受け入れやすい“とりあえずの正解”が、永遠に取り替えのきかない絶対の真実でなければならない理由もありません。現に、大きな転換点を迎えるこれからの時代、当たり前に思っていた常識は通用しなくなりつつあるのですから。

◆感じたことを信じるという才能

 そんな折、アスペルガーのトゥーンベリさんが声を上げたことに、意味がありそうな気がしてきます。本書には、市民的不服従を貫いたアメリカの詩人、ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817-1862)のエピソードも登場します。ある研究によると、ソローもまた、頑固で簡単には他人に従わない自閉症的な傾向があったのだそう。

<ソローのように、歴史上でも有名な非定型インテリジェンスの持ち主たちは、「世間の当たり前」ではなく、自分自身が心の底から感じられることを信じ、粘り強く実行したからこそ、歴史に名を残す天才と言われるようになった。>(p.274)

 お仕着せの、借り物の言葉が取り決めた最大公約数的な常識に従うのではなく、自らの感性を吟味して導き出した真実を指針として生きる人たち。まさに、ソローとトゥーンベリさんに共通する点です。そして著者は、そんな存在が新たな時代を切り開いていくのではないかと考えているのですね。

 そのためにも、自閉症を“障害”とみなす前提そのものを変えていかなければならない。『自閉症という知性』というタイトルに込められたメッセージと思います。

<文/石黒隆之>

【石黒隆之】
音楽批評。ipodに入ってる曲は長調ばかりの偏食家

関連記事(外部サイト)