服選びの“苦手”は「スタイリストの買い物同行」で解決。どんな人に頼むべき?

服選びの“苦手”は「スタイリストの買い物同行」で解決。どんな人に頼むべき?

記事画像

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。前回、女子SPA!編集部のN氏とショッピング同行したときの様子をご紹介いたしました。

 N氏とは普段からお仕事でやり取りをしていることもあり、なんとなくN氏の好みやそうでないものというのを私自身が把握できていたため、当日のコーディネイトもご本人の意思と相違のない提案をすることはなかったように思えます。しかし初対面の方にショッピング同行のご依頼をいただく場合は、最初からこのようにスムーズにいくことも少ないです……。

 まずはスタイリストを信頼していただけるようコミュニケーションを重ねることから始まり、お客様のお洋服に対する好き・嫌いの本音をしっかり引き出せるようにならなくてはなりません。これはスタイリスト側の配慮ではありますが、依頼をするお客様側としても意識しておくと良いことというのがいくつかあります。

 そこで後編では、皆さんが実際にショッピング同行サービスに興味を持って依頼をする際に気をつけたほうが良いこと、意識しておかれると良いことポイントで解説して参ります。

◆良質なスタイリストの見極め方

 まず大切なのは良質なスタイリストの見極め方です。ショッピング同行というのはサービス会社によってもシステムが違う上に、担当のスタイリストの提案力による部分も大きく当たりハズレの多い点も否めません。でも、せっかくお金を払うのに失敗はしたくないですよね。

 ややこしいお話ですが、スタイリストとして私がオススメできるスタイリストの特徴とサービスを依頼する前に気をつけておくべきことを以下にまとめました。

【良質なスタイリストを見つけるポイント】
@ブログではない「公式サイト」がある
A「ビフォーアフター事例」が豊富
B「ファッション解説」がわかりやすく説明されている

 まず、良質なスタイリストおよびスタイリングサービスを展開している会社は決まって、独自ドメインのWebサイトがあり、非常にわかりやすく見やすいサイトであることが特徴的です。例えば、デート・婚活向けコーディネイト提案、経営者向けのコーディネイト提案など利用者のライフスタイルに合わせた提案をWebサイトでもわかりやすく展開していれば、その会社はお客様の目線に立って良質なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

 いっぽう、ブログで集客をしているなど個人活動が中心のパーソナルスタイリストさんは、相性の良し悪しが分かれるところ。いきなりサービスを頼む前に事前にコメントのやりとりを重ねるなど、オンライン上でコミュニケーションをとった上でサービスを受ける・受けないを判断すると良さそうですよ。

 また、ビフォーアフター事例があるか、ないかもすごく大事なチェック項目。提案してくれるコーディネイトが好みかそうでないかをお客様が事前に判断できる唯一の材料といっても良いので、できるだけコーディネイト実例を豊富に展開しているサービス会社さんに頼みましょう。

 そして、センスの良いアーティスティックなスタイリストさんに多いのですが、コーディネイトのポイントを言語化するのが苦手という方もいらっしゃいます。スタイリングは素敵なのだけど、これを自分が真似する際に何を参考にどう着こなせば良いのかやり方がわからない……という場合もあります。ショッピング同行サービスにおいては、わかりやすい説明ができるスタイリストさんが求められるため、コーディネイトの実例写真に加えて、着こなしの解説文にわかりやすさがあるかも確認しておくと良いでしょう。

◆依頼前に気をつけるべき「3つの心構え」

 実際にサービスを依頼する上で、意識しておくと良い「心構え」があります。とくに以下3つの点に注意をして、当日までに心の準備をしておきましょう。

【依頼前に気をつけておくべきこと】
@サービスを受ける目的を明確にする
A買い物の予算はなるべく余裕を持つ
Bこれ一番大事。断る勇気を持つ

 予算はできるだけあるに越したことはありません。コーディネイト依頼料とは別に、お買い物予算として3万円はかかると想定しておくと良さそうです。

 というのも1万円以下の予算だとどうしてもプチプラアイテムしかご提案できなくなります。(もしくは1点だけのアイテム購入になります)それでも満足度は得られるかもしれませんが、個人的にはいつもと代わり映えのないブランドで着こなしだけを提案してもらうなら、あえてプロスタイリストに頼む必要もなさそうです。……というか、もったいないですね。

 ファッション同行の魅力は着こなしの提案だけでなく、自分が普段知り得なかった新しいファッションブランドとの出会いであり、こだわりの服を身につけることで変身した気持ちをより味わうことにあります。せっかく頼むならいっそ思い切って投資してみるのも良いのかもしれません。

 また、最後の項目が一番大切です。断る勇気を持つ。どうしてもオススメされるとそれを買わなくてはいけないのかな? という強迫観念にかられてしまいます。スタイリストさんによってはかなり語気が強い方や、場合によっては「私のいうことは絶対! 私のセンスを信じなさい」というギラギラ感を押しつける人もいます。

 そうした方にも負けないためにも最終的にお金を出すと決めるのはクライアントであるお客様ということを忘れずに。「そうは言っても、気に入らないものは気に入らないから買わない」と言える勇気を身につけることもお忘れなく。

 ショッピング同行には失敗もつきものですが、逆に上手にお付き合いをすることができればファッションにおいてこれほど強い味方はいません。婚活など絶対に勝負に負けたくない! というときにこそ、ぜひ活用してみてくださいね。

<文&イラスト/角 侑子>

【角 侑子】
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)