自分に似合う春コーデって?4つのパーソナルカラー別デートスタイル

自分に似合う春コーデって?4つのパーソナルカラー別デートスタイル

自分に似合う春コーデって?4つのパーソナルカラー別デートスタイルの画像

 ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。すっかり暖かくなりました。重苦しい冬服を脱ぎ捨てて、春服に切り替える瞬間、思わず気分が高揚しますよね。

 とくに春のデート服は女性の可愛らしさが増し増しで、彼も思わずドキッとしてしまうのでは? 今回は、そんな春にふさわしいデートコーデを「パーソナルカラー」別にご紹介いたします。

◆春夏秋冬、パーソナルカラーって?

 すでに一般的にも、広く認知されている「パーソナルカラー」。まだご存知ない方や、実はよく知らないといった方のためにも改めてパーソナルカラーの定義をご紹介いたします(知っている人は読み飛ばして「スプリング/サマーの春コーデ」へどうぞ!)。

 パーソナルカラーのルーツは、アメリカのロバート・ドアが発見した配色調和理論とスイスの芸術家ヨハネス・イッテンの色彩理論が基です。

 その後、様々な人物が彼らの理論を活かして、人物にとっての似合う色・似合わない色の分類法を編み出していったのがパーソナルカラーの発祥となっています。日本に初めてパーソナルカラー理論が渡ったのは1970年代のイメージコンサルタントであるキャロルジャクソンの著書を日本人向けに展開した佐藤泰子さんの『カラー・ミー・ビューティフル』という書籍が出版されたことが発信源となっています。

 簡単にお伝えすると、人の肌の色、髪の毛、瞳の色、唇といったその人物が持っている自然な色合いから調和のとれた色を導き出します。診断では、スプリング・サマー・オータム・ウィンターの4つの季節に分けられ、その季節を象徴するような色合いを意識的に取り入れると、顔立ちが華やかになり、外見的な印象もガラリと変化すると言われています。

 とくに顔色に影響を与えるトップスやメイクで、ご自身にとって似合う色を取り入れると効果抜群。自然な若々しさを印象づけられるので、女性にとっては知っておいて損はない知識ですね。

 まだ自分のパーソナルカラーをご存知でない方は、まずはオンライン上で試せる簡易診断を行なってみてください。詳しく知りたい方は、専門家に個別依頼をするとより具体的なカラータイプを分析してもらえるので試してみてくださいね。

出典:実用色彩調和システム

参考文献:キャロル・ジャクソン、佐藤泰子著『カラー・ミー・ビューティフル』(1986年 講談社)

参考サイト:パーソナルカラー自己診断 セシール(cecile)

 さて前置きが長くなりましたが、スプリング・サマー・オータム・ウィンターのタイプごとにオススメのコーデを見ていきましょう!

◆スプリングタイプは華やかカラーワンピで

 肌の色みがイエローベースの「スプリングタイプ」は、鮮やかなブライトカラーの色合いがよく似合うタイプ。春らしい華やかなカラーワンピースで、女性らしさと鮮やかな印象を取り入れるのが良いでしょう。とくに赤やピンクといった色がオススメです。いずれもビビッドな色合いより少し柔らかさの残る色合いが望ましいです。例えばショッキングピンクよりコーラルピンク、ビビッドレッドよりカーマインレッドなど。

 差し色となるベーシックな色合いは、キャメルやオフホワイトを選んでみてくださいね。

◆サマータイプは柔らかく繊細な配色に、一点締め色を

 スプリングとは反対に肌の色みがブルーベースの「サマータイプ」の方は、主張の強い色よりも柔らかく、繊細さの残る配色がマッチします。例えばレモンイエローのスカートに淡いグレージュのライダースジャケットを合わせ、インナーはピュアホワイトのカットソーで馴染ませるなど。

 全体的にトーンは薄めにまとめつつ、どこか一点に引き締め色をプラスして。アクセサリーは発色と光沢が魅力のメタリックシルバーで春でも清涼感たっぷりに。

◆オータムタイプは鮮やかな配色を意識して

 スプリング同様にイエローベースの「オータムタイプ」は、ディープトーンと言われる深みのある強めの色が似合うタイプ。文字通り秋色のような鮮やかなグリーンやブラウン、ピーコックカラーなどと相性が良いので、春コーデは配色に力を入れたカラーコーディネイトを楽しんで。

 例えば、グリーンの春ニットにテラコッタカラーのワイドパンツなど、他の人が真似しにくい配色コーデをモノにできれば一気にオシャレさんの階段を駆け上ることができます。攻めすぎたデートコーデにしたくない場合は、ワイドパンツではなくタイトスカートで控えめに。でも、配色は鮮やかにすることをテーマに掲げてみては?

◆ウィンタータイプは主張の強い色に挑戦

 サマーと同じ属性のブルーベースである「ウィンタータイプ」は、メリハリの効いた強めの色合いが馴染みやすい人でもあります。なので、ビビッドなピンクやパープル、ブルーといった色の主張が強いアイテムを1点だけ取り入れて。トップスでも良いですが個人的にオススメするのはデザイン性の高いスカートに主張の強い色を持ってくることです。

 トップスは馴染みの良いベーシックカラーで品良くまとめるとデートスタイルに最適なコーデになります。ネイビーやグレー、ブラックといった相性の良いトップスを選んで。ボトムは反対に主張が強いもので、適度に個性を出すと品良くモードな印象を与えることができます。

 ◇ ◇ ◇

 パーソナルカラーにマッチする色を取り入れれば、確実にまわりからの反応も良いものとなります。ですが、あくまでもパーソナルカラーは参考程度に受け入れておきましょう。あまりとらわれすぎてしまうと、自分にマッチする色の服が見つからなくなって、お洋服選びに悩んでしまう可能性があります。

 似合う色だけに限らず、好きな色の服も着こなしつつバランスよく取り入れて行くことをぜひ心がけてみてくださいね。

<文&イラスト/角 侑子>

【角 侑子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

関連記事(外部サイト)